【まとめ記事】すぐに始められる、足踏み運動や歩いてダイエット

すぐにできる運動なら、続けられる。
だから、今度こそ痩せるかも!

足踏み運動や歩くことは、ダイエットに役立つ運動です。

毎日足踏みしたり、歩いたりしたら、少しずつ痩せてゆく可能性があります。

痩せるまで、時間がかかると思います。だけど、足踏みなどは簡単な運動なので続けましょう。

「足踏み」でダイエット

ダイエット目的の運動で、下半身を鍛えるのは良い事です。

ダイエット目的で歩きたい場合でも、脚の筋肉を鍛えておくことは大切です。
体全体の持久力を向上させる場合も、下半身の筋力は最低限必要です。

歩く運動と同じように、足踏み運動も下半身を鍛えられます
ダイエット効果についても、それなりに期待できます。

部屋の中でもすぐに始められる運動なので、ぜひやってみましょう。

「足踏み」の「やり方」

「足踏み」の「やり方」は簡単です。

その場で50回、足踏みしてください。これだけです。

ただし、膝は腰の位置まで上げてください。

そして、「1回の足上げ」に5秒かけるのが理想的です。
それが難しい場合は、まず3秒かけて膝を上げてください。
3秒間かけて足を上げて、3秒間かけて戻します。

この足踏み運動では、ゆっくりやることが大事です。
意識して、ゆっくり行なってください。

手軽な運動で痩せたいなら「足踏み」でダイエット

その場で足踏みするだけという簡単な運動を、ご紹介しています。 足を上げる際、膝の高さは「ちょっと高いかな」と思うくらいまで上げます。 足踏みの回数は、1分間に40回…

下半身が「ほっそり」踏み台昇降の運動

踏み台昇降の運動は、基本的に以下の筋肉を同時に鍛える運動です。

  • 大腰筋
  • 大腿四頭筋
  • 腹筋
  • 背筋
  • 大殿筋

有酸素運動でもあり、自分で簡単に運動強度を調整できる運動です。

下半身の筋肉も鍛えられるので、下半身痩せにはとても良い運動です。

なお、運動の効果を得るには時間がかかるようです。
時間はかかるけれど長く続ければ、必ず成果が出てきます。

昇り降りするだけで下半身が「ほっそり」踏み台昇降の運動

踏み台昇降運動は、踏み台に上る、踏み台から下りるという簡単な運動です。 踏み台昇降を続けることで、下半身の筋肉を鍛えられます。 よって、「下半身痩せ」を期待でき…

歩いてダイエット

毎日のウォーキングは、ダイエットに最適な運動です。
ウォーキングや散歩は、多くの人が行なっている有名なダイエット運動です。

しかし、ウォーキングで痩せたいのであれば、ただ漫然と歩くのではなくて、いくつかの注意点を守る必要があります。

ダイエットのための運動効果を得るには、漫然と歩いてはダメです。

  • リズム
  • 姿勢
  • 歩幅
  • スピード

歩く際、これらが重要です。

ウォーキングの際は、

  • 少し汗ばむ程度の「早歩き」で歩く、
  • 肘や背筋を伸ばして良い姿勢を保つ、

そのように歩くのが良いとされています。

ウォーキングで脂肪を燃焼

増えすぎた脂肪を燃やすことで、以前と比べて痩せた体になれます。

それでは、より多くの脂肪を燃焼させることができる方法には、どのようなものがあるのでしょうか。

食事制限をすれば、脂肪は減ります。だけど同時に筋肉も落ちてしまいます。

筋肉を落とさずに脂肪だけを燃焼させるには、運動によって脂肪燃焼を促進させることが必要です。

健康的なダイエットをするためには、余分な脂肪を減らすことが重要です。
そのためには、食事制限と運動を同時に行なう必要があります。

有酸素運動は、脂肪を効率よく燃焼させるのに適した運動です。

特に激しい運動をする必要はありません。ウォーキングなどの有酸素運動で良いです。

歩くという運動は長時間行なうことができて、効果的に脂肪を燃焼させることができます。よって、ダイエットに適した運動と言えます。

基礎代謝量の増加

ウォーキングを始めとする運動によるダイエットは、脂肪を燃焼させるだけでなく、さまざまな効果をもたらします。

運動するとエネルギーが使われるため、基礎代謝量が増加します。

基礎代謝量とは、生命を維持するために必要な最低限のエネルギー量のことです。

  • 日本人の成人男性で1日1,400キロカロリーほど、
  • 成人女性で1日1,200キロカロリーほど、

と言われています。

効果的な運動で基礎代謝量を増やせば太りにくい体質を作ることができます。

また、運動には、血糖値の調整を担うインスリンというホルモンを増やしたり、ストレスを軽減したりと、体に良い効果がたくさんあります。

手軽に行なえるウォーキングで、脂肪を燃焼しましょう

運動の中でも、ウォーキングは始めやすい運動です。 ウォーキングは、優れた有酸素運動と言えます。30分間くらい歩くと、脂肪を燃焼できるでしょう。

ダイエット目的なら、歩幅を広げてウォーキング

少しでもダイエット効果を期待したいなら、

  • 大股で歩く
  • 大きな動きで歩く

などしてください。

身長の半分程度の歩幅になるように歩きます。

猫背を正して、わざと足を広げて速く歩くようにします。
普段より3割程度、歩幅を広げて歩いてみてください。

ダイエットに良いウォーキングの「やり方」は、腕を大きく動かして、歩幅を大きくした早歩きです。

そんな風に歩くことで、運動効果を高められます。
全身の脂肪を燃焼させる有酸素運動を効率的に行なえます。

ダイエット目的なら、歩幅を広げてウォーキング

ウォーキングには、ダイエット目的の歩き方があります。 気をつける点として、以下のことがあります。 普段よりも歩幅を広げて歩くこと。 背筋を伸ばして歩くこと。 いつ…

痩せる効果を高める、心拍数を意識してウォーキング

有酸素運動する時、自分にとって「どれくらいの負荷」が適切かを考える必要があります。

あんまり考えずに軽い運動だけをすると、ダイエット効果が出にくいです。
せっかく有酸素運動を日課に取り入れても、期待外れになります。

もちろん、脂肪燃焼を促進する有酸素運動には個人差があります。
体力のレベルは、人それぞれです。

だから、すごく体力のある人と全然体力のない人が、ダイエット目的で同じ有酸素運動をするのはおかしい、と言えます。

  • スポーツが好きで定期的に運動している人
  • スポーツが嫌いでウォーキングすら初心者の人

この二人が同じ負荷の運動をしても、脂肪の燃焼量は違います。

有酸素運動の場合、自分の心拍数を目安に運動負荷を決めると良いです。

ダイエット目的のウォーキング運動の場合、心拍数・130泊ほどが一つの目安です。

心拍数は、その人の年齢、運動経験、体力によって変わります。
人によっては、心拍数が1分間に60回程度の人もいれば、80回ほどの人もいます。

その人の心拍数をもとに運動量を決めることは、その人に最適な運動量を決めることになります。

痩せる効果を高めるために、心拍数を意識してウォーキング

ウォーキングで痩せる効果を高めたい場合、心拍数に注目すると良いです。 一つの目標値として、1分当たりの心拍数が130泊くらいを保ちつつ歩くと良いです。

ウォーキングの効果を示す体重・体脂肪の値

ここ最近で体重が何キロあるのかを記録して、ウォーキングによって「どれだけ減量できたか」を知ることは大切です。

体重を常に気にすることは、実際のところ、ストレスになります。
しかし、目標の体重と現在の体重との差を知ることは重要です。

また、目標の体重と現在の体重との差を知ることで、太りやすい食べ物や、体重が増えそうな行動を避けるようになると思います。
健康への意識を高める「きっかけ」になります。

太る「きっかけ」を知っておき、定期的に歩くという運動習慣を身につけて、ダイエットを目指しましょう。

さらに体重を管理すれば、痩せることができるでしょう。

ウォーキング効果を示す指標、体重・体脂肪の値

ウォーキング運動を続けている時、健康状態が改善されているか? 知りたい場合があります。 そんな時、体重・体脂肪の値が「健康の指標」になります。

すぐに始められる運動・歩くこと

ウォーキングダイエットする女性

ダイエットには、様々な方法があります。

そんな中で運動を伴うダイエットは、ポピュラーな方法の一つです。

特別な道具を必要としない運動系ダイエットとして、

  • 縄跳び
  • ウォーキング
  • ランニング

などが人気です。

それから、足を鍛える運動として、

  • 上り下り運動
  • スクワット

などがあります。これもダイエット目的の運動として人気があります。

痩せたい人は、手軽なダイエットから始めることを好みます。
すぐに始められて特別な技術が必要ないものは、人気があります。

技術不要ですぐに始められる運動として、「歩くこと」があります。

ダイエット目的ですぐに運動したい、簡単にできる運動をしたい。

そういう方は「足踏み運動」や「ウォーキング」などをやってみましょう。