カカオが70%以上のチョコレートで、ダイエットしましょう

無理かもしれないけれど、チョコレートを食べながら痩せたいです。

カカオが70%以上のチョコレートは、ダイエット目的で食べて良いです。

以下のようなダイエット効果を期待できます。

  • 食欲抑制
  • 基礎代謝の向上
  • 便秘解消

カカオが70%以上のチョコレートを食べたら、チョコを楽しみつつ、痩せる可能性があります。

食前に食べておくと、食欲抑制を期待できるチョコレート

チョコレート
グッズ太郎

程よく甘いチョコレートを食べて、痩せませんか?

一般的にチョコレートと聞くと、高脂肪であり高カロリーというイメージがあります。

そしてチョコレートは、太る原因になる「お菓子」と思われています。

なのでダイエッターからは、遠慮されている食品です。

しかしチョコレートは、ダイエット効果を期待できる食品です。

チョコレートの成分の中に、レプチンやアディポネクチンがあります。
それら成分は食欲抑制の効果を持っており、食欲を抑えます。

例えば食前に食べておくと、「食欲を抑える働き」があります。
食べ方のコツは、ゆっくり時間を掛けて食べることです。

ダイエット効果を期待、カカオが70%以上のチョコレート

カカオチョコレート

チョコレートの成分は、ダイエットと健康に対して「ある程度の効果」を期待できます。

ただしダイエット目的でチョコレートを食べる場合、カカオの含有率が「70%以上のチョコ」を食べるようにしてください。

カカオ含有率が70%以上のチョコレートなら、ダイエット効果を期待できます。

なぜなら、以下のような「ダイエットに効果的な働き」があるからです。

満腹中枢を刺激して、食欲を抑える作用

素早く血糖値を上昇させる、という作用があります。

食前にチョコレートを食べることで血糖値が上がり、満腹中枢が刺激されて食欲を抑えられます。

血流を上昇させて、基礎代謝の向上

カカオポリフェノールには、「甲状腺ホルモンを分泌させる働き」があります。

よって、全身の血流を上昇させて、基礎代謝を高めることに繋がります。

豊富な食物繊維で、便秘解消

チョコレートの主原料のカカオには、タンニンが含まれていて、便秘を予防する効果があります。

そして食物繊維が豊富に含まれているので、「便秘を解消させる働き」もあります。

カカオ70%以上のチョコレートの食べ方

ダイエット目的で、カカオ含有量70%以上のチョコレートを食べる場合、その食べ方は以下のようになります。

  • 1日の摂取量は50g(板チョコで半分ほど)に、抑えるようにしてください。
    ※チョコレートは高カロリーなので、「食べ過ぎ」に注意してください。
  • 食事の前など、空腹時に食べるようにします。
  • 1日に数回に分けて、食べるようにしてください。

このようにチョコレートを食べることで、肥満防止を目指せます

また、食欲が旺盛な方は食事をする20分くらい前に、適量のチョコレートを味わう程度食べてください。

食前にチョコレートを食べることにより、満腹中枢が刺激されて、いつもより食事の量を少なくできるからです。

ダイエットに役立つ、カカオ豆の栄養

カカオ豆

チョコレートは栄養価が高くて、紀元前の古代マヤ文明の頃より不老長寿に効くと言われてきました。

デオブロマ(神の食べ物)カカオと呼ばれていて、食べることを始め、薬として傷に塗るなどもされていました。

よってカカオ豆は、貴重な物とされていました。

チョコレートは、そのカカオ豆の栄養が詰まった食品と言えます。

カカオに含まれているポリフェノールは、血液をサラサラにして代謝をアップしてくれます。

つまりカカオには、基礎代謝を高める効果があると言えます。
よって、カカオの栄養はダイエットに効果がある、と言われています。

そういう事よりダイエット中でも、「おやつ」などで適量のチョコを食べても良い、と言えます。

カカオの栄養素

チョコレートの主成分でもあるカカオには、以下のような栄養素が含まれています。参考にしてください。

  • 亜鉛
  • アミノ酸
  • カルシウム
  • 脂質
  • 食物繊維
  • 炭水化物
  • タンパク質
  • テオブロミン
  • 糖分
  • ビタミンE
  • マグネシウム
  • ミネラル
【まとめ記事】意外と健康やダイエットに良い、チョコレート

チョコレートは、実は健康に良い食品です。 チョコレートに含まれているカカオポリフェノールは、老化の原因である活性酸素を除去します。