コーヒー

カフェイン成分の入ったコーヒーが、ダイエット市場において注目を集めていると聞きます。その理由は、カフェインの脂肪燃焼効果です。
カフェインは、「脂肪分解酵素リパーゼという酵素を活性化させる働き」がある、と言われています。この働きは、体の中に溜まっている脂肪の分解に繋がるそうです。よってカフェイン入りのコーヒーはダイエットに役立つと期待されています。

その他のダイエットに役立つ効果というと、食事の前にコーヒーを飲むと食欲を抑えられるという効果があります。腹八分目、つまり「食べ過ぎ」の防止に繋がるので、ダイエッターには嬉しい飲み物です。

一般的に、大豆などの豆類は体に良い食材と言われています。コーヒーはカカオ豆から作られた飲み物なので、健康飲料と言って良いと思います。そんな健康に良い飲み物であるコーヒーが、脂肪の燃焼にも良いと言われたら、ますます飲んでみたいと思うでしょう。

メタボ対策コーヒーも登場

健康診断でメタボリックシンドロームと判断された人は、医師から食生活の改善を指導されると思います。私も以前、かかりつけの医師から痩せるようにと言われました。

実際に食生活を改善したり運動するように心掛けると、メタボを改善できるようです。しかし何の対策も取らずにメタボを放置しておくと(「メタボの度合い」を進行させると)、将来、動脈硬化となって心筋梗塞や脳梗塞になってしまう危険性が高まる、という事です。そんな事を聞くと、やはり「何とかしなければ」と思いました。

もしもコーヒー好きの人なら、メタボコーヒーというメタボ対策を意識したコーヒーがあります。通販などでも販売されている物で、結構な人気だと聞きました(通販サイトの売上ランキング・上位に、ランクインしたりしています)。

ただし気をつける点は、このメタボコーヒーを飲んだからと言って、メタボ対策が終わりという訳ではない点です。総合的なメタボ対策の一部に過ぎないからです。他のメタボ対策と共に、メタボコーヒーも活用してゆくと良いでしょう。