脂肪分が少なく栄養バランスが良い、ダイエットに適している和食

ダイエット中の食事で、おすすめを教えてください。

和食は、ダイエット中におすすめの食事です。
脂肪分が少なくて、栄養バランスが良い食事だからです。

毎日の食事で和食を食べるようにしたら、痩せる可能性があります。

脂肪分が少なく栄養バランスが良い、ダイエットに適している和食

和食

ダイエット中に食べていただきたい食事の一つは、和食です。

メタボ健診で良い結果を目指すための食事として、和食を勧められることもあります。

和食は塩分については高めですが、それ以外においては栄養バランスが良い食事です。

近年、日本人の食の欧米化が進んでいますが、実は和食こそ、体にとって最も優れた食事と言えます。

常に栄養素やカロリーを気にしながら食事することは難しいという人は、和食を食べるようにしましょう。

脂肪分が少ないから、ダイエットに適している和食

ダイエットを続けることは、とても難しいと思います。
特に運動することが嫌いなら、ダイエット運動を続けることは難しいです。

そんな場合、まずは食事と生活リズムの改善から始めてみましょう。

食事と言えば、洋食よりも和食中心のほうが良いです。
脂っこくないし、低カロリーで健康的です。

なぜ和食がダイエットに適しているかと言えば、脂肪分が少ないからです。

例えば、ご飯とパン食(バターやマーガリンを含む)を比べた場合、パン食のほうが脂肪分が多いと言えます。

さらに和食には、食物繊維が多く含まれている食材があります。それをうまく調理すれば、痩せる効果を期待できます。

痩せるためには、便秘になってはいけません。便秘になると、毒素が体外に排出されないため、代謝が悪くなるからです。

和食の食物繊維は、便秘解消に役立ちます。

ダイエット効果を上げる、和食の主食に玄米を食べること

玄米

和食の主食と言えば「ご飯」ですが、玄米を使うと、より一層ダイエット効果が上がります。

玄米には、精白米よりも多くの栄養素が含まれています。
そのため、ダイエット中に起こる様々な体の不調を予防します。
そして、偏りがちな栄養をバランス良く整える効果も、期待できます。

ダイエット中には、炭水化物を「ほとんど食べない」ようにしている人がいるかもしれません。
しかし栄養が豊富である玄米を、ぜひ食べるようにしてください。
玄米は、ダイエットに最適な食材の一つです。

たまに、炭水化物(ご飯)を取らないダイエット方法が話題になりますが、きちんと「ご飯を食べる」ほうが血糖値は安定するでしょう。
「食べ過ぎ」は駄目ですが、適切に食べたほうが体には良いです。

ただし和食は健康的だからと言って、食べ過ぎてはいけません。
食事の量については、適量にしてください。

また、玄米に加えて色々な種類の雑穀を混ぜることも、ダイエットに良いです。
白米に混ぜ込むだけで簡単に食べられる発芽玄米を、利用することも効果的です。

そのような混ぜご飯に慣れたら、少しずつ玄米に近づけていきましょう。

健康的にダイエットできる、和食の一汁三菜

和食(一汁三菜)
和食(一汁三菜)

毎日の食事は、食欲を満たすため、元気で健康的な生活を送るために、とても大切なものです。

そこで健康的にダイエットするために、和食の基本と言える「一汁三菜」を取り入れてみましょう。

昔から日本では、「一汁三菜」という食事の基本がありました。
「一汁三菜」とは、「1点の汁物」と「3点のおかず」を組み合わせた献立のことです。

それに基づいて、以下の4種類の献立を考える家庭が多い、と思います。

  • 主食
  • 主菜
  • 副菜
  • 汁物

よく噛んで満腹感を得られる、主食の「ご飯」

雑穀ご飯
雑穀ご飯

主食は糖質の供給源となり、一日のエネルギーにもなります。
そこからタンパク質や食物繊維も、摂取できます。

また、よく噛んで主食を食べることによって、満腹感を得られます。

まずは、ご飯を食べるようにしましょう。
なぜなら「ご飯」は消化吸収が遅いので、「腹持ち」が良いからです。

ご飯の中でもおすすめな物は、雑穀ご飯です。なぜかと言うと、栄養が豊富だからです。
雑穀には、脂肪の吸収を防ぐ食物繊維を始め、体脂肪を燃やすビタミンB群も豊富です。

良質のタンパク質を含む、主菜の「肉」や「魚」

鮭の塩焼き
鮭の塩焼き

主菜とは、メインとなる「おかず」のことです。

この「おかず」は、以下のような良質のタンパク質を多く含む食品で作った物です。

  • 大豆製品

これらは、私たちの体を作るためのタンパク質やエネルギーとなる脂質を供給します。

主菜からは、良質なタンパク質を取りましょう。
タンパク質は筋肉を構成する成分で、筋肉は脂肪を燃焼してくれる物だからです。

多くの場合、肉類からタンパク質を取る事になりますが、脂肪分の少ない肉を選びましょう。

ダイエット中なら、もも肉やヒレ肉という赤身を食べるようにしてください。

脂肪が多い霜降り肉やバラ肉、ロース肉などを、避けるようにしましょう。

豆腐や魚などの食材を使う場合は、油を使わない調理法にしてください。

ダイエット中では、焼き物や蒸し物、煮物でいただくほうが良いです。

なお、主菜からは、乳製品や豆製品などによって、カルシウムを取ることも心掛けましょう。

食物繊維が豊富、副菜の「野菜」や「きのこ類」

きんぴらごぼう
きんぴらごぼう

副菜は、主に野菜を使った「おかず」です。
食物繊維の供給源となり、ビタミンやミネラルで体の調子を整えます。

副菜では、主菜と味付けを変えたり、調理法を工夫したりすることで、一度の食事で味の多様性をつけると良いです。

ダイエットの味方になってくれる副菜は、

  • 野菜
  • きのこ類
  • 海藻類
  • こんにゃく

です。

ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富な食材だからです。

たくさん食べましょう。

体を温めて代謝を促進する、汁物の「お味噌汁」

味噌汁
味噌汁
  • お味噌汁
  • お吸い物
  • 茶碗蒸し

これらの汁物は、のど越し良く食べられて、効率良く消化吸収するのに役立ちます。

旬の食材を具として取り入れることで、季節感を食卓に持ち込み、食欲を促す役割も果たします。

汁物は、体を内側から温める食品なので代謝を促進します。

そして具が「たっぷりな物」は、満腹感を得られます。
余計な物を食べ過ぎるのを防いでくれます。

素晴らしいダイエット食と言える、和食中心の食事

和食

私たちの周りには、「短期間で痩せられる」というダイエット食品やダイエットサプリメントが、たくさんあります。

なので、ダイエット食品を利用しないと痩せることができない。
そう思い込んでいる人は、多いかもしれません。

確かにダイエット食品の中には、痩せる効果を得られる物があります。

しかし日本には、昔から「和食」という素晴らしいダイエット食がありました。

その事に、今一度注目してください。

日本型の食生活では、しっかりと「ご飯」などの主食を食べて、「おかず」には肉や魚、野菜や豆類、海藻類などの食材を取り入れます。

よって糖質や脂質、タンパク質のエネルギー比率が理想的であり、栄養バランスがとても良いです。

いくつかの食材をバランス良くしっかり食べることは、ダイエット中でも大事と言えます。
痩せやすい体質になるためにも、食事の内容に気を配りましょう。

昔からの日本型の食生活は、私たちの体を元気にしてくれるように「ちゃんと工夫されている」と言えます。

欧米型の食事に偏りがちな人は、和食中心の食事にすることで、体の調子が良くなるでしょう。
そしてダイエット生活も調子良く行なえる、と思います。

バランスが良い食事を取り続ければ、減量においてきっと良い影響があると思います。

和食の基本と言える「一汁三菜の食事」を食べて、健康的に痩せましょう。

【まとめ記事】空腹は嫌だから、食べてダイエットする方法

食べてダイエットする場合、 1日3回、適切に食事を食べる。 間食をしないようにする。 基本的に、このような食べ方で良いです。

【まとめ記事】腸内環境を整えて「腸の働き」を良くする腸活

腸活は、腸内環境を整えることで「腸の働き」の向上を目指します。 腸内環境が良好になれば、便秘解消や病気の予防を期待できます。