必須の栄養素・タンパク質

私たち人間にとって、タンパク質は大切な栄養素です。筋肉・骨・内臓・血液と同じくらいに、大切な物です。
例えダイエット中だといっても、必要不可欠な栄養素です。生命を維持するためには、1日に体重1キロ当たり、1グラムから1.3グラムのタンパク質が必要です。

実は人間の体は、水分の次にタンパク質が多いです。タンパク質は、人体の中の様々な部分に存在しています。例えば筋肉や血液の中などに存在して、体の成り立ちと密接に関わっている成分と言えます。

そしてタンパク質は、人の活動にも深い関係があります。人は運動する際、タンパク質を燃やすことよりエネルギーを得ているそうです。

タンパク質を含む食べ物

タンパク質を多く含んでいる食べ物には、卵やチーズ、大豆(大豆食品)、肉や魚があります。ダイエット中の健康面も考慮したい場合は、これらの食材からタンパク質を摂取しておきたいです。

もしもダイエット中ということより肉や魚を食べたくないと思っている方は、脂肪の少ない部分を選んで食べてみましょう。例えば「鶏肉のささみ」なら、ダイエット中の方でも問題なく食べて良いです。

調理方法も工夫しましょう。油で揚げるのではなくて、蒸したり網焼きすると良いです。このような調理方法にするだけで、カロリーを抑えることができます。

肉については、噛まずに食べられる「ひき肉」を使った料理ではなくて、よく噛む必要のある肉料理が良いです。

満腹感の持続

タンパク質は体内で脂肪となることが少なく、胃の中に長く留まっています。なので、満腹感を持続させる効果があります。
さらに食事から摂取したエネルギーを、熱エネルギーとして「外に出す働き」をします。
エネルギーを体内に蓄積しないということは、ダイエット中に「とても必要な作用」と言えます。

タンパク質と筋肉

タンパク質と筋肉について言うと、運動した後に、体が筋力アップするためにタンパク質を必要としています。運動後、可能なら1時間以内にタンパク質を摂取すると良いです。
例えばウォーキングで筋肉を鍛える場合、ウォーキング後に牛乳を飲むと良いでしょう。「すぐに飲める手軽さ」や「吸収率の良さ」を考えると、牛乳が適していると思います。

タンパク質が豊富な「かまぼこ」

蒲鉾

もしもダイエット中に食事制限をすると、どうしても必要な栄養素が不足してしまいます。

特にタンパク質は、私たちの体にとって大切な栄養素の一つです。そのタンパク質の摂取量が少なくなってしまうと、うまく脂肪を燃やせず、ダイエットの失敗に繋がってしまうことが多いです。

カロリーを減らしたいダイエット中でも、タンパク質をしっかり取る必要があります。

そこで「おすすめしたい食品」が、「かまぼこ」です
「かまぼこ」には、ダイエット中に不足しやすいタンパク質が豊富に含まれています。
「蒸しかまぼこ」や「つみれ」の場合について言うと、100グラム当たりに約12グラムもタンパク質が含まれています。
卵は高タンパク食品の代表ですが、「かまぼこ」もそれと同じくらいの量を含んでいます。

低カロリー

また、「かまぼこ」は魚から作られているので、とても低カロリーです。
「かまぼこ」のカロリーを卵と比較してみると、「蒸しかまぼこ」も「つみれ」も卵よりカロリーが低いそうです。

満腹感

「かまぼこ」には弾力があるので、よく噛むことで満腹感を得られます。よって少ない食事の量でも、満足できそうです。ダイエット向きの食品と言えます。

野菜と相性が良い

そんなダイエットにピッタリの「かまぼこ」は、野菜との相性が抜群です。
「かまぼこ」を、お味噌汁や野菜スープにたくさん入れたり、和え物やサラダに添えたり、酢の物に入れたりしても、美味しくいただけます。

普段の食事で「かまぼこ」と「野菜」を一緒に食べることで、ダイエットに必要となるビタミンを豊富に補給できます。

Follow me!