【まとめ記事】空腹は嫌だから、食べてダイエット

適切に食べて痩せる

ダイエットに適した食事を取る際に、重要なポイントは何でしょうか?
多くのダイエット食品が販売されているので、それらを利用するのも一つの方法です。

だけど基本的には、あまり食事を制限せずに1日3食、しっかりと食べるのが良いです。

しっかり食べる

ダイエットを成功させるには、全体の食事内容で考えることが大切です。

多くの場合で、1食だけカロリーを減らしても効果はありません。時々、朝食を食べないことで体重を減らそうとする人がいますが、逆に痩せにくい体質になってしまうので良くありません。

食事を抜くと、その反動で食べる量が増えることが多いです。空腹はストレスになり、過食や暴飲暴食をする「きっかけ」となります。これではダイエットどころか、健康にも悪いです。

食べてダイエットする場合、1日3回の食事を取る、間食をしないようにする。基本的に、この食べ方で良いです。

和食

現代では、美味しい食事がたくさんあります。そんな中で、どうやってダイエットをすればいいのでしょうか?

ダイエット中にしっかり食べて痩せたい場合は、高カロリーの洋食を避けて、和食を選ぶと良いです。

外食で見かける味付けの濃い料理は、確かに美味しいです。だけど食べて痩せるには、不向きな料理と言えます。

ダイエットのため、健康のためには、できるだけ和食を食べるようにしましょう。刺身や煮物、お浸しなど、なるべく油脂を使わないメニューを選びましょう。
「天ぷら」や「ハンバーグ」などの脂っこい料理は選ばず、焼いたり蒸したりした料理をメインにしましょう。

食事を食べる際は、汁物や野菜の鉢など、カロリーの低い物から食べてみましょう。なるべくカロリーの低い料理を、最初に食べます。
高カロリーの揚げ物や肉類から食べ始めると、エネルギーを必要としている体が、脂肪を溜め込もうとするからです。

ダイエットに良い、和食の一汁三菜

昔から日本では、「一汁三菜」という食事の基本がありました。 それは、主食・主菜・副菜・汁物という4種類の献立です。 健康的にダイエットしたい場合、「一汁三菜」を取…

朝ご飯

減量のために、「朝食なし」で摂取カロリーを減らすのは合理的ではありません。
そうは言っても摂取カロリーを減らすために、朝食を抜くのは有効な方法だと思われるかもしれません。

しかし朝食を抜くと、日中の代謝が落ちて痩せにくくなるため、ダイエットにおいて逆効果です。
また、朝食を抜く人は、夜食を多く食べる傾向があります。夜に食べ過ぎていたら、ダイエットとは程遠い状態です。

朝・昼・夜に食べる事

痩せるために朝食を抜くなど、食事の回数を減らしてカロリーを減らすのは逆効果です。
痩せるためには、朝・昼・晩の3食をバランスよく食べることがやっぱり良いです。

よく噛んで食べることで満腹中枢が刺激されて、少量の食事でも空腹のストレスを感じにくくなります。八分目でも満腹感を得ることができます。

なお食事では、カロリーの高い食品を避けることも重要です。野菜などの「歯ごたえ」のある低カロリーな食材を使い、食べ過ぎないようによく噛んで食べます。そうすることで、食べながら痩せることができます。

元気良く痩せたいなら、朝ご飯を食べましょう

朝食を取ることで「太りにくい体質になる」と言われています。 朝食を食べると、胃腸が活発に動き出します。体が目覚めてゆき、寝ている間に低くなった体温を上げます。 …

玄米

白米ではなくて、玄米を毎日の食事に取り入れると、体重の減少につながります。

玄米には白米よりも多くの食物繊維が含まれており、ミネラルやビタミンB群、ギャバなども含まれています。玄米は白米よりもゆっくりと消化されるため、満腹感が得られ、空腹感を感じにくくなります。

よって玄米食は、白米の代わりに手軽に栄養を取れて、便秘を解消して、ダイエットにも効果的です。

玄米食は、健康的なダイエットと体質改善を同時に行ないます。ただし玄米食によるダイエットは、ゆっくりと長期的に行なうものです。なので、すぐに効果を期待できません。

効果の実感については、玄米を食べ始めて1~2週間もすれば、大抵はその効果を実感できます。気づかないうちに体調が良くなり、体重も減っていきます。

なお玄米には、「独特の香り」があります。「匂い」が苦手な方は、玄米を食べる量を少しずつ増やして、その「香り」に慣れていくと良いでしょう。

満腹感を得やすい、ダイエット中の主食に玄米を食べましょう

玄米は白米に比べて「お米が硬い」ため、たくさん噛む必要があります。 たくさん噛むことによって脳が「たくさん食べた」と思い込み、満腹感を得られるそうです。

発芽玄米

発芽玄米をダイエットに利用するメリットは、いくつかあります。
まず、発芽玄米は白米と同じように食べやすく、玄米のような固い食感はありません。

発芽させた玄米は、発芽させていない玄米に比べて栄養分が豊富です。発芽玄米は、玄米よりもビタミンやミネラルを多く含んでいます。

カロリーについては、発芽玄米は、白米よりもカロリーが低いです。

ご飯が好きな人におすすめ、発芽玄米を食べてダイエット

発芽玄米の栄養素には、食欲を抑える働き、脂肪を体の外に出す働きなどを期待できます 。ダイエット中の人にとって、良い要素と言えます。 ご飯が好きな人なら、発芽玄米…

雑炊

近頃、雑炊を食べて痩せるという方法を聞くようになりました。飽食の時代に、雑炊は注目されないと思う人もいるかもしれません。ですがダイエット目的で食べるには、とても効果的な食品だと考えられています。

ダイエットでは、摂取カロリーをコントロールすることが何よりも大切です。摂取カロリーに着目したダイエット法はかなり多いです。
一昔前には、卵ダイエットやリンゴダイエットなど、特定の食品だけ、単品だけを食べるダイエット法がよく聞かれました。これらもカロリーコントロールするための食事法です。

しかし「栄養の偏り」や「体への負担」、「リバウンドのリスク」を考えると、単品の置き換えダイエットが体に良いとは言い切れません。
単品置き換えダイエットが以前ほど実施されなくなったのは、こうしたデメリットが目立つようになってきたからです。

雑炊では、ご飯の量を減らして水の量を増やすことで、食べる量を減らせます。そんな風に食べる量を減らしても、ある程度、満腹感を得ることができます
また、雑炊の具を選ぶことで栄養価をコントロールできます
雑炊を食生活に取り入れると、低カロリーで体に良い食事を食べてダイエットできます。

満腹感あって栄養もある雑炊

近年、雑炊がダイエット食品として注目を集めています。 雑炊は、少しの量で満腹感を得られる料理です。そして具を入れることで、栄養のバランスを取ることができます。 …

スープダイエット

スープ料理の一つである野菜スープを用いたダイエットは、誰でも簡単に実行できます。
まず、この野菜スープを夕食に必ず1皿以上、食べます。それを1週間くらい毎日食べることです。
野菜スープについては、お腹いっぱい食べても良いです

スープダイエットをより効果的に行なうためには、焼き魚や肉、揚げ物、クッキー、パン、お菓子などを控える必要があります。

この野菜スープを毎日食べたら飽きてしまうかも、と思う人もいると思います。スープの味付けについては、好きなようにして良いです。しょうゆ味やカレー味など、味付けに変化をつけてください。

野菜スープを食べるタイミングは、夕食を始め、朝食や昼食の時でも良いです。
野菜スープダイエットでは、無理せずにいつでも野菜スープを食べることができます。

ダイエットは、食欲との戦いだと思われている方も多いと思います。
この野菜スープダイエットでは、野菜スープを「お腹いっぱい」になるまで食べることができます。お肉についても、蒸した肉であれば食べて良いです。

野菜スープダイエットは、ダイエットにおいて有効であり、健康維持にも良いと言えます。

食べるダイエットだから気分的に楽、スープダイエット

食べて痩せるダイエットとして、スープダイエットがあります。 美味しく食べるダイエットなので、栄養もストレスも上手にコントロールしやすいです。無理に食事を制限する…

1日5食ダイエット

1日に5回食べるダイエットでは、5つの食事を「それぞれいつ食べるか」を決める必要があります。
ほとんどの場合、約3時間ごとに食事を取ることになります。
そうすれば、お腹が空くことはありません。これにより、インスリンの過剰分泌を防ぐことができます。体脂肪がつきにくくい体になる、と言われています。

あと、運動も必要とされています。週5回、20~30分の軽い運動やストレッチを行なうことも大切です。

空腹で悩まなくて良い「1日5食ダイエット」

「1日5食ダイエット」の良い点は、空腹を感じないこと、同じ食べ物を食べ続けるというストレスがないことなどが、挙げられます。 多くの場合、だいたい3時間おきに食事す…