ヘルシーな野菜・トマトを使ったダイエット

トマトダイエット

トマト

以前に「トマトにダイエット効果があった」として、トマトダイエットが話題になりました。食品で痩せたいと思っている方は多いようで、トマトが一躍人気となりました。

トマトを食べると痩せる訳は、トマトにリコピンという栄養成分が含まれているからです。
リコピンは血液中にある毒素を減少させて、血液をサラサラにしてくれるそうです。サラサラという事は「血液の流れ」が良くなり、体の新陳代謝が活発になります。体の新陳代謝がアップすると、カロリーの消費が増えて、ダイエットに繋がります。

特に夜にトマトを食べると、ダイエット効果があるとされています。トマトに含まれているビタミンやミネラル分が、就寝時の成長ホルモンを分泌させるのに役立つからです。
成長ホルモンは痩せるために欠かせないものと言われており、寝ている間に分泌される事はダイエットに繋がります。
余談ですが、「寝起き」が良くなりたい人にとってもトマトは良いようです。ぜひトマトを食べましょう。

またトマトは、二の腕ダイエットに役立つ食材とも言われています。
二の腕については脂肪が燃えにくいため、低カロリーな食事だけでは細くならないそうです。体重が減っても、二の腕は「たるんだ状態のまま」だったりします。そうならないためには、「二の腕の血液の流れ」を良くして、新陳代謝を高める必要があります。

二の腕ダイエットを目的とした食べ物では、「トマト+アスパラ+卵の組み合わせ」が有効とされています。特に夕食で食べる事で効果が出ます。
そして出来れば、ダンベルトレーニングやストレッチもしましょう。二の腕の筋肉量が増えたら、消費カロリーが高まるからです。

焼きトマトダイエット

トマトを用いたダイエットでは、生のトマトを使うよりも焼いたトマトを使ったほうがダイエットの効果がある、という指摘があります。なぜかと言うと、トマトの成分であるリコピンは生のままよりも焼いたほうが体内へ吸収されやすいからだそうです。
以上の事より、生のトマトを使うダイエットと区別して「焼きトマトダイエット」と言われたりします。

その「やり方」は、夕食の前に焼いたトマトを食べます。トマトの個数については、中サイズの物なら2個、プチトマトなら15個くらい食べます。

焼きトマトは、脂肪の代謝を良くする、つまり体内に余分な脂肪を溜めこまないようにする効果を期待できます。太りにくい体質になりたい方に、焼きトマトは「おすすめの食材」と言えます。
なお、その他の効果では、総コレステロールと中性脂肪の値を生トマトよりも改善できる、とされています。

トマトの料理を食べましょう

トマトは、トマトダイエットで話題になったくらいに健康的な食材と言えます。健康に関することを一つ言うと、トマトはクエン酸を含んでいます。そのクエン酸には、血糖値の上昇を抑える効果がある、と言われています。

そんな健康食材トマトの食べ方は、サラダとして「そのまま食べる」という場合が多いです。トマトソースで食べるなど、トマト料理のレパートリーを増やしてみましょう。

思い切って鍋料理でトマトを使っても良いです。鍋料理の「トマト入り鍋」は、「味付け」や「入れる具材」によって、美味しいスープが出来上がります。具材としては、パプリカやセロリを入れて洋風に仕上げます。トマトについては、取り扱いやすい缶詰の物を使うと良いです。

トマトは、とてもヘルシーな野菜です。積極的にダイエット料理で活用してください。