ダイエット中に「お酒」を飲む際、気をつける事

ダイエット中なのに何もかも忘れて、お酒に溺れてしまった…。

お酒をたくさん飲むほど、中性脂肪の値は上昇してゆきます。この点に気をつけたいです。

お酒と中性脂肪の関係を知っていれば、お酒が「きっかけ」で、どんどん太るのを防げます。

アルコールが中性脂肪になる事

アルコール

中性脂肪は、体にとって必要な物です。

しかし増えすぎると、健康面において不安を感じる方が出て来ると思います。

中性脂肪を減らすためには、どのような点に気をつけると良いでしょうか。

中性脂肪を減らす際、ポイントになることは「正しい食事制限」と「適度な運動」です。一例を挙げると、お酒を飲み過ぎない事があります。

アルコールは、肝臓で中性脂肪になります。

よって飲酒の量が増えるほど、中性脂肪の値も上がってゆくことがわかっています。

アルコールは、代謝に強く影響します。アルコールを大量に摂取すると、肝臓で行なわれる代謝に伴って、同化作用(※)が必然的に発生します。

※同化作用(アナボリズム)とは、人間の体内で「細胞や組織を作る働き」のことです。

同化作用で新しくできた細胞は、ほとんどが脂肪細胞として作られます。結果、必要以上に中性脂肪が作られてしまうのです。

そのため、中性脂肪を減らすためには、飲酒を適度にする、適量にすることが大切です。甘い「お酒」を飲まないようにする、飲酒の回数を減らす事が大切です。

それと「お酒」を飲んだ後は、水分をたっぷり取るようにしてください。

飲み会で、お酒を飲みすぎない事

飲み会

メタボリックシンドロームを予防するためにも、「お酒の飲み過ぎ」を避けたいところです。

飲み会などで「お酒」を勧められた時、上手に「かわす方法」を覚えておきましょう。

お酒を薄める事

有効な方法の一つに、こっそり烏龍茶(ウーロン茶)で「お酒を薄める事」です。

お酒を勧めてくる相手は、薄める事を嫌うかもしれません。ですが、アルコールが口の中で「しみて痛い」など言い訳して、丁寧にごまかしておきましょう。

薄めるだけで「お酒の量」は、かなり変わってきます。

また、アルコールが体内で分解しやすくなるので、メタボリックシンドロームの予防としても有効です。

酔ったフリ

その他の方法には、早めに酔いつぶれたフリをする方法があります。

酔いすぎの人に「お酒」を勧める人は、あまりいません。強引に勧めることは、許されない行為と判断されるからです。

なんとか酔ったフリをして、ごまかしましょう。

締めのラーメンを食べない事

飲み会後のラーメンを食べないようにしましょう。

飲んだ後に、締めとして食べるラーメンは、とても美味しいです。
ですがダイエット中では、締めのラーメンは禁物です。

「おつまみ」を食べ過ぎない事

うまく「お酒」と付き合うことで、お酒を楽しみつつダイエットする事も可能です。

「ダイエットを決心したけれど、大好きな『お酒』をやめられない」

そんな人も多いと思います。

実は、適量の「お酒」を飲む事は、大きな問題にはなりません。

むしろ「おつまみ」を食べ過ぎる事のほうが、問題と言えます。

「おつまみ」は、お酒の時間を「より一層楽しくしてくれる食品」だと思います。
ただし食べ過ぎると、肥満の原因になってしまいます。程々に食べるようにしましょう。

実際のところ、お酒を飲みつつ「おつまみ」をたくさん食べていたら、カロリーオーバーになってしまいます。脂っこい「おつまみ」は、出来るだけ食べないほうが良いです。

サラダや野菜スティックなど、野菜中心の「おつまみ」を食べるようにしてみましょう。そうするほうが、低カロリーで満腹感を得られます。