産後の「骨盤の歪み」

骨盤が歪む原因として、どのようなことがあるのでしょうか。よく聞く原因として、出産が原因となって歪んでしまうことが挙げられます。ちなみに男性であっても、「体に歪み」が生じます。例えば姿勢が悪いと、骨盤が歪んでしまいます。

骨盤とは、背骨を支えている骨で蝶々の羽のような形をしている骨です。その真ん中には穴が開いていると言えます。なぜなら出産の際、赤ちゃんが骨盤の中を通り抜けるからです。出産の時が迫ってくると、ホルモンの影響によって骨盤の骨の継ぎ目もわずかですが緩んでゆきます。

出産する際は緩んでいても良いです。しかし産後では、緩みきったままの状態では、体の健康面において困ることがあります。なので、産後の骨盤矯正の重要性が指摘されています。例えば産後のダイエットをする際、骨盤矯正が効果的と言われています。

産後の骨盤矯正でダイエット

赤ちゃんと母親

骨盤矯正が産後のダイエットに効果がある、と言われているのはなぜでしょうか?
それは想像したらわかるかと思いますが、出産は骨盤に「とても大きな影響を与える事」だからです。

赤ちゃんは産道を通って外に出るので、赤ちゃんの体が通りやすい環境にするために、骨盤は出産が近づくと開きやすくなるように柔らかくなります。
この骨盤の柔らかい状態は、赤ちゃんの体が通りやすくなると同時に変形もしやすい状態にあるということです。

出産の時から産後にかけて開いた骨盤が、そのままの状態で戻らなかったり、変形してしまった状態で固まったりしてしまうと、全身が歪んだままとなります。

産後では体が普通の状態ではないので、無理は禁物です。しかし、

少しずつ軽いストレッチをしたりすることで骨盤を矯正して、「体の歪み」を改善するようにしましょう。それは、余分な脂肪が落ちることに繋がります。

ところで産後太りって言われたら、ちょっと嫌な気分になるかもしれません。
生まれてきた子供が可愛くない母親なんて、まずいないでしょうが、出産によって体に付いてしまった余分な「肉」や「たるみ」は、とても恨めしく思えてしまいます。

産後太りになると、下半身を中心にして「肉」が付きます。その下半身太りの改善に効果を発揮するのが骨盤矯正です。

骨盤矯正のストレッチ運動

骨盤矯正体操

  1. 座ってストレッチまず座ります。
    両足を前に出して座ります。足を少し開きます。
  2. 次に、床に手をつけます。
    片方の手を後ろ側の床につけて、その手のほうに向かって体をひねってゆきます。
  3. そして、もう一方の手が先ほどの手に重なるくらいまで体をひねります。
    その際の呼吸は、ゆっくり息を吐きながら体をひねってゆきます。

体をひねる方向ですが、「骨盤の歪み」とは反対の方向となります。
「骨盤の歪み」が右側の場合は、左向きにひねります。
「骨盤の歪み」が左側の場合は、右向きで行ないます。
なお、「骨盤の歪み」が左右どちらかよくわからない場合は、体をひねりにくい方向を選択してひねりましょう。

以上、骨盤矯正体操の紹介でした。ちなみに、このような腰を回転させる運動は、骨盤ベルトや骨盤ゴムチューブなどの健康グッズを用いても行なえます。グッズを使うほうが運動しやすいなら、そうしましょう。

腸腰筋を鍛える事

骨盤を矯正するためにストレッチをする場合、腸腰筋という筋肉を鍛えることが、一番効果的だと言われています。そして実は

腸腰筋を鍛えるストレッチを行なうことは、産後ダイエットにも繋がります。

下半身のストレッチをする際は、ぜひ腸腰筋を鍛えるストレッチを取り入れましょう。

腸腰筋という言葉を、あまり聞いたことがないと思います。これは、「体幹の動き」を統率している、大切な役目を持っている筋肉だそうです。そして健康維持においても、大切な筋肉と言えます。

この筋肉は、骨盤の上部と胸椎の一部分、それに腰椎から伸びて大腿骨に繋がっている筋肉です。
骨盤も支えている腸腰筋を鍛える事は、曖昧に下半身を鍛えることよりも、骨盤を矯正する効果を期待できます。

「体の歪み」を治して痩せましょう

骨盤の矯正を効果的に行ないたいと思っていても、具体的に「どの部分に対して」どうすれば「骨盤の歪み」を解消できるのか、イメージできる人は少ないと思います。

とりあえず下半身を対象としたストレッチを行なえば良いだろう、そう思う人が多いかもしれません。骨盤矯正のためにストレッチする際は、先ほど言ったように腸腰筋という筋肉を鍛える事が、最も効果的と言われています。

なお、ストレッチする際に重要な事は、バランス良く運動する事です。「体の歪み」を治して、正しい位置に骨盤を矯正する場合、やりやすい方向にストレッチしていては「歪み」を治せません。ゆっくりでいいので、「各方向(前後左右)同じ動き」でストレッチしましょう。

体が曲がりにくいと感じる方向は、「歪み」があるためでしょう。動かしにくい方向だからこそ、念入りにストレッチを行ない、全身のバランスを整えるようにしましょう。

痩せたい場合、骨盤の改善から取り組む事は良い方法です。

骨盤を矯正すると、体重に多少の変化が見られるでしょう。新陳代謝の向上やヒップアップにも効果があります。

ストレッチは、激しい運動ではありません。なので、産後の人にもおすすめできます。そして自宅で行なえるので、産後の方に最適な運動と言えます。