見分けがつかない、湿疹と蕁麻疹の違い

肌が赤く腫れて「かゆみ」や「痛み」を感じる湿疹に、悩まされた事のある人は多いと思います。髪の毛の生え際に湿疹ができたり、小鼻の脇に突然できたりなど、見た目にも嫌な出来物と言えます。

湿疹の症状が軽いなら、湿疹用の市販クリームを塗ることで治療できるでしょう。
ですが重症の場合、市販薬では治療は難しいと思います。皮膚の専門医に診察してもらうほうが、良いです。

違いが分からない?あと、湿疹と蕁麻疹(じんましん)は「そっくり」なので、見分けがつかないと、よく言われています。

湿疹の場合は、時間が経つにつれて黄色いカサブタができたりします。そして湿疹が慢性化した場合、「かゆみ」が「ずっと残っている」と言えます。

そして一般的に蕁麻疹と言われている出来物は、皮膚の表面に近い部分に赤いブツブツが現れます。その部分が強い「かゆみ」を持っている症状のことを言います。

以上のように湿疹と蕁麻疹には、ちょっとずつ違う症状があります。ですが、やはり見分けはつきません。なので専門医に「湿疹なのか蕁麻疹なのか」、診断してもらうほうが確実でしょう。そうするほうが適切に、治療を行なえます。そして湿疹または蕁麻疹が治るのも早い、と思います。