大きく違う、美容整形とエステティックの目的

美容整形は治療、エステティックは「くつろぎ」

リラックス

リラックスのイメージ画像

美容整形とエステティックは、大きく異なります。
その最も大きく違う点は、「治療行為とリラクゼーションの違い」です。

美容整形は、治療することが目的です。
医師が診断して、医療的な根拠に基づいた上で、治療行為を行なう事です。

一方のエステティックは、リラクゼーションが目的です。
痩身や脱毛を始め、全身マッサージなど、リラクゼーションを兼ねている事が多いです。

つまり治療を目的とした事が美容整形、リラクゼーションを目的とした事がエステティック

このように考えると良いと思います。

レーザー脱毛は医療行為

例えばですが、美容整形クリニックでもエステサロンでも脱毛が行なわれます。最近では、エステティック・サロンでも、レーザー脱毛が日常的に行なわれているようです。

しかし基本的には、医師免許のない人が脱毛行為をすることは医師法違反となります。よってレーザー脱毛は、どちらかと言うと医療行為になります。

参考:医師免許

2001年(平成13年)の「医師免許を有しない者による脱毛行為等の取り扱いについて」。
医師でなければできない行為にとして、以下の3項目を、厚生労働省・医政局医事課長名で記しています。

  1. 用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為。
  2. 針先に色素を付けながら、皮膚の表面に墨等の色素を入れる行為。
  3. 酸等の化学薬品を皮膚に塗布して、シワ、シミ等に対して皮膚剥離を行なう行為。

どちらにもトラブルがあります

残念ながら医療行為ではない、リラクゼーション目的のエステティックでも、美容整形と同様にトラブルが起きています。
例えばですが、何の訓練も受けていない素人同然のエステティシャンにより施されたサービスを受けて、体に不調が出たというトラブルがあるようです。

こんなトラブルにより、せっかくのリラクゼーションが「とんだストレスを生むこと」にもなりかねません。慎重に美容機関を選び、心地良い結果を得たいです。

美容整形
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム