太るかも?と心配せずに食べられる「おやつ」

手作りの「おやつ」

午後のひと時に、「おやつ」を食べて休憩するとリラックスできます。夕方まで「もうひと頑張りしよう」と、元気が出ることでしょう。

「おやつ」と言ったら、巷ではコンビニ・スイーツが話題になっています。だけどたまには、自分で作るのも楽しいでしょう。自分で作ると聞くと、難しそうなので無理だと思うかもしれません。ですが、単に材料を混ぜるだけで作れる「お菓子」もあると聞きます。

食品スーパーや100円ショップの「お菓子コーナー」には、お菓子の食材が多数販売されています。

それら食材を適切に混ぜて、電子レンジでチンするだけで、美味しい「お菓子」の出来上がりです。

これなら自分でも作れそうだ、と思えるでしょう。そして自分で食材を選べるので、カロリー低めの「おやつ」を作れると思います。

いつも食べるだけの「お菓子」ですが、ちょっと手間暇を掛けて作ってみると楽しいかもしれません。そして自分で作った「お菓子」は、より一層美味しいと思います。

「おやつ」を作れる「おもちゃ」

そう言えば最近では、「おやつ」を作れる「おもちゃ」があると聞きました。近年の「おもちゃ」は結構本格的であり、ちゃんと「おやつ」を作れる物になっています。

調理を助ける「おもちゃ」だそうで、電子レンジを使い、簡単に「おやつ」を作れるそうです。その「簡単さ」は、もしかしたらカップラーメンを作るくらいに手軽かもしれません。親御さんの間では、食育にも活用できる「おもちゃ」だと評判のようです。

調理の際に油を使わないので、健康に良い「おやつ」を作れます。お子様に限らず、普段お料理をしない大人の方でも、この「おもちゃ」なら楽しく「おやつ」を作れると思います。

間食用のクッキー

クッキーダイエットの基礎と言えば、食べないで痩せることではなくて、やはり食べて痩せることが基本です。そうしたほうが、健康的に痩せられるでしょう。
低カロリーの食品を上手に組み合わせて、一日に3食を必ず食べるようにしましょう。

ところで夕方に食べる「おやつ」は、とても美味しいです。なので「せんべい」とか、パクパク食べてしまいます。でも、太る原因にならないか?と心配です。

私と同じように間食の「おやつ」で太ってしまうかも?と心配な方は、間食用のクッキーを食べると良いかもしれません。これは食物繊維を含んでいて、カロリーが抑えられているクッキーです。どうしても「おやつ」を我慢できない時は、このクッキーを食べてみましょう。

おからクッキー

ダイエット中の間食として人気があるクッキーの一つに、おからクッキーがあります。「乾燥おから」という食材から作られたクッキーになります。

「乾燥おから」という食材は、「お菓子作り」や「パン作り」に適していると言われています。「乾燥おから」を使えば、カロリー控えめの「お菓子」や「おからパン」を簡単に作れます。

「おから」の保存では、「生おから」を長期にわたって保存する場合、冷凍庫に入れる必要があります。しかし「乾燥おから」の場合は、常温で長期保存ができます。ダイエットのために毎日「おから」を食べる人にとっては、「乾燥おから」は便利な食品と言えるでしょう。

お菓子を始め、「乾燥おから」を利用した食品としてサプリメントや健康食品が登場しています。「乾燥おから」は、今後もダイエット目的で利用される食材と言えるでしょう。