栄養価の高い魚料理・どじょう鍋

どじょう鍋と聞くと、自宅では作れない料理と思う人が多いかもしれません。でも実は、手軽に作れる魚料理です。
どじょう鍋の作り方を、簡単に紹介したいと思います。

  1. どじょう鍋に使う「どじょう」は、生きているものにします。たっぷりの水の中に入れて、泥を充分にはかせます。
  2. ザルに上げて、水気を切ります。
  3. 深めの器に入れて、酒を振りかけます。「ふた」をして、しばらくおきます。
    以上で、「どじょう」の下準備が出来ました。
  4. 鍋に、「だし汁・しょうゆ・砂糖・みりん」を入れて煮立てます。
  5. 「どじょう」の水気を切り、鍋に入れて煮込みます。
  6. 骨が軟らかくなるまで、煮込みます。これで、カルシウムがいっぱいの「どじょう鍋」が出来上がりです。

小口に切ったネギを加えて、お召し上がりください。溶き卵を散らせば、さらに栄養価が高まります。
また、「粉さんしょう」や「七味唐がらし」を振りかけると、ちょっと大人の味になります。お好みで試してみてください。

どじょう「どじょう」は栄養価が高くて、カルシウムや鉄分が豊富です。女性に不足しがちな栄養素が、いっぱい含まれている食材です。
その他にも、内臓にはビタミンB2が多いです。なのに、脂肪が少ないです。まさに、女性の味方と言える食材です。