おしゃれな服を着せ替えして楽しめるバービー人形

着せ替え人形バービー

バービー人形古い話題になりますが、1960年代に流行した着せ替えバービー人形について、お話したいと思います。
この人形は、実は「日本生まれ」でした。逆輸入ということになります。

箱の文字や服に付いているタグなどは、英語で書かれていました。なのでアメリカで製造されていると思いがちですが、実際は日本で作られていました。
アメリカ製(マテル社)だから値段が高いのか?と思っていた人もいたようです。ですが実際は、違っていました。

当時他には、バービーの妹「スキッパー」人形や、その後しばらくして「ツイストバービー」という人形が、流行ったそうです。
また、この頃「タミーちゃん」という人形もあったようです。「タミーちゃん」については、あんまり聞いたことがないです。日本的な人形だったかも?しれません。

バービーの着せ替え人形には、色々と古い歴史があったようです。

「手作り」のバービー服

着せ替え出来る服、手作りのバービー服を紹介しているウェブサイトです。

Chapter1–バービー人形のドレスブック

  • フルーツのようなフレッシュ・カラー
    グリーンはメロンのような色合いの生地で、ペールピンクは桃のような色合いの生地で、ドレスを作ったそうです。
    オーガンジー・シャンタン・サテンなどの素材は、発色が美しくて光沢があり、使いやすくて大好き、ということです。
  • メロン・ソーダとピーチ・サイダー
    コットンプリントとオーガンジーを重ねて作った、ロールカラーのドレスということです。
    胸元のコサージュとウエストのリボンが、素敵です。

Chapter2–バービー人形のドレスブック

素敵な手作りのバービー服が、写真で紹介されています。
バービー人形が好きな方は、ぜひご覧になってください。

  • ブラウス&スカート
    一番好きなファッションが、シンプルなブラウスとスカートだそうです。最初に作った物も、ブラウスとスカートだったそうです。
  • ベロアのブラウス
    ベロアのタートルネック、トップスを作ったということです。
    スカートは定番でチェックに、飾りボタンをつけてみたそうです。
    この素材は、細かな繊維がついてしまう事が難点だそうです。

バービードレス

簡単にですが、いくつかのバービードレスを、ご紹介したいと思います。

インディアン・サリーのドレス

服の生地や金色のテープは、本場のインドから取り寄せた物です。
とても発色が良くて、色がはっきりしており、華やかで本格的な作りのサリーです。

インディア・ウェディングのドレス

インディアウェディングを再現した、華やかで本格的な衣装です。
インドから取り寄せた材料で作っています。

蝶のドレス

バービーの「服の後ろ」についている羽は、全て手作りで作られた物です。
まるで妖精のようなドレスです。

フラメンコ風ビーズのドレス

何段にも重なって作られた、とても手の込んだスカートです。
胸元のスパンコールが、とてもキュートです。