乾燥肌対策のために、食品から必須脂肪酸を取りましょう

乾燥肌の対策に役立つ必須脂肪酸

食事で必須脂肪酸を摂取することが、乾燥肌対策になると聞きました。なぜでしょうか。それには理由があるようです。

体の細胞膜組織において、必須脂肪酸は主要な成分と言えます。主要なので

体内で必須脂肪酸が不足すると、肌は乾燥肌となってしまいます。

そして必須脂肪酸はホルモンの調整に大きく影響を与えており、さらに善玉コレステロールを増やすという作用もあります。
これらの作用は、何かしら体の健康に影響があります。よって、肌にも影響があると言えます。

必須脂肪酸を摂取できる食品

秋刀魚この必須脂肪酸を取りたいなら、「さんま・さば・いわし」という青い魚を食べましょう。
その他では、オリーブ油にも含まれています。
両者を併せて、つまり青魚をオリーブオイルで調理すると、肌に良い料理になるでしょう。

料理で使う油には、種類があります。まず脂肪について、大きく2つに分けられます。飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸です。

飽和脂肪酸は、肉類やバターに多く含まれています。不飽和脂肪酸は、植物油や魚の油に多く含まれています。
飽和脂肪酸は、動脈硬化の原因にもなります。なので取り過ぎることは、体にとってあまり良くないです。それに対して不飽和脂肪酸は、体に良い脂質を多く含んでいます。

不飽和脂肪酸

この不飽和脂肪酸については、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分けることができます。これらは、体で作れない物なので、食事などから摂取する必要があります。必須脂肪酸と言われています。

一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸は、オリーブ油や紅花油、なたね油に含まれています。これは血液中のコレステロールを減少させて、血液をサラサラにしてくれる効果があります。便秘にも効果があるので、便秘に悩んでいる人にも「おすすめの油」です。

多価不飽和脂肪酸には、αリノレン酸・EPA・DHA・リノール酸・γリノレン酸・アラキドン酸などがあります。
αリノレン酸は、えごま(シソ)油や亜麻仁油(あまにゆ)に含まれています。この油は、脳梗塞や心筋梗塞、高血圧や癌を予防するとされています。
EPAは、「すじこ・いわしさば」に多く含まれています。血栓を溶かしたり、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを減らしてくれたりします。