メタボリックシンドロームに関係ある各調査

健康食品の市場調査

健康食品の市場調査(2007年当時)の一例によると、高脂血症・高血圧・高血糖に関する健康食品に、注目が集まっていることがわかりました。その背景の一つとして、メタボリックシンドロームに対する「関心の高さ」が、影響しているようです。

そして今後も引き続き、メタボリックシンドロームに対する関心は「高い」と予想されています。なので、

中性脂肪の改善や高血圧の予防、コレステロールの改善に役立つ健康食品が人気を得る、と言えるでしょう。

ただしそれらの健康食品は、販売価格が「やや高い」という印象もあるようです。毎日継続して取る物なので、より安い価格になることを期待されていると言えます。
企業が「このような市場調査」を考慮して、より良い物を「より安く提供してくれる事」を期待したいと思います。

メタボリックシンドロームと野菜に関する論文

野菜近年、メタボリックシンドロームに関する論文が増えているようです。

スタンダードな論文としては、メタボリックシンドロームと肥満との関係を調べたものが、あります。

その他には、野菜とメタボリックシンドロームとの相互関係を分析している論文も、あるようです。
同じように、「果物とメタボリックシンドロームという組み合わせ」についても、その相互関係の分析が試みられているようです。

野菜を多く取る人はメタボになりにくいのか、野菜がメタボの予防に効果があるのか、もしも効果があるなら「どの程度の効果」を期待できるのか、このような調査や分析が実施されているそうです。
例えば一日当たり野菜をどれくらい摂取すれば、将来メタボになるパーセンテージが減るのか、という調査が行なわれているようです。

論文を「そのまま読むこと」は、難しいです。しかし、その論文が「やさしい言葉」で本やニュースになった時、私たちも理解しやすいでしょう。
このような研究のおかげで、メタボリックシンドロームについて正しい知識を得られる、と言えます。