アトピー性皮膚炎の各治療法

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎の原因は、大きく分けて「アトピー素因」と「アレルゲン」です。

アトピー素因

アトピー素因とは、アトピーになりやすい体質のことを言います。
生まれつきアレルギーを起こしやすい体質である、外部からの刺激に弱い皮膚を持っている、この2つのどちらかであると言われています。

アレルギーを起こしやすい体質については、遺伝によることが多いです。家族や血縁の中に、アトピーや喘息などアレルギー疾患を持っている人がいると、そのような体質になりやすいようです。

遺伝が要因という事は、子供が両親の体質を「そのまま受け継ぐ事」に要因があると言えます。もしも両親が幼少期にアトピー性皮膚炎で悩んでいた場合、子供に対しても「その症状」が現れる可能性があると言えます。そのような場合、子供の治療をスムーズに行なえるように準備しておくと良いでしょう。

ずっと昔の話になりますが、アトピーは遺伝病として扱われていました。現在では、遺伝的な要因だけではないとされています。遺伝は要因の一つと考えられています。
ある研究結果により、セラミドの形成に関連するタンパク質の欠陥が遺伝的な要因と繋がっている、とされています。

アレルゲン

ダニ

アトピー性皮膚炎は、遺伝する病気として知られていました。しかし要因はそれだけではないと、研究結果で指摘されています。別の要因の中で有力なものの一つに、環境要因があります。

アレルギーは、「アレルゲン(抗原)」が原因です。抗原が、体の中にある抗体に対して過剰に反応する事が原因です。生活環境の中には、アレルゲンが複数存在していると言われています。
一つの例では、食事の中に含まれている物質がアレルゲンとなっている場合があるようです。特に乳児期において、食べ物の物質が要因になっているのでは?と疑われています。

また他には、ハウスダストやダニがアレルゲンとなっている可能性も指摘されています。ハウスダストやダニについては、アトピーを始め、多くのアレルギーにおいて原因となっています。

アレルゲン(抗原)となる物には、ダニやカビ、ペット、花粉やハウスダスト、住宅建材の公害物質などがあります。その他にも卵や牛乳、蕎麦(そば)などの食物アレルゲンもあります。

皮膚が外部からの刺激に弱いということより、アレルゲンによって過剰な反応を起こしてしまうからです。これらのアレルゲンはアレルギーを引き起こす原因となるだけでなく、症状の悪化にも影響します。

入浴

アレルギーという性質より、やはり環境要因は当然あると思われます。なので治療に関しても、環境要因が重要視されています。

例えば入浴は、アトピー患者にとって気をつける必要があるものと言えます。なぜなら「お風呂」に入る事によって、一時的ですがアトピー性皮膚炎の症状が悪くなってしまう可能性があるからです。

一般的には、入浴に適した「お湯の温度は40度から43度」とされてています。しかしアトピー患者の場合には、炎症の悪化を防ぐために、この温度よりも2度から5度ほど下げる必要があります。ぬるま湯よりも冷たい、ほとんど水のような「お湯」で入浴する事になります。

また「お湯の温度」と同じように、入浴剤の使用についても気をつける必要があります。出来る限り、入浴剤を使わないほうが良いです。
入浴剤の代わりとして、例えばアロマオイルを使えます。アロマオイルを2滴から3滴ほど垂らして、入浴剤の代わりとします。「アロマの香り」によって、リラックス気分になれるでしょう。

石鹸

アトピー性皮膚炎の症状を持っている方が石鹸を使う場合、含まれている成分に注意する必要があります。
そのような場合では、薬用石鹸を選ばないほうが良いです。なぜなら、全ての成分を表示していない可能性があるからです。

薬用石鹸は医薬部外品です。よって、全ての成分を表示する義務はありません。そういう事情より、アトピーを悪化させる成分が入っていても表示されていない可能性があります。

薬用石鹸に限らず、曖昧に成分を表示している石鹸を使わないようにしましょう。
石鹸やボディソープ、化粧品は、皮膚に対して直接使う物です。なので皮膚に対して、大きな影響を与える物と言えます。慎重に選ぶようにしてください。

アトピー性皮膚炎の治療法

塗り薬アトピー性皮膚炎は各種の刺激物質により、全身に広がる可能性があります。その特徴は、皮膚のキメが荒くて、ゴワゴワした状態になります。症状として、肌の乾燥がよく見られます。

治療方法については、主に薬物療法となります。一般的に皮膚疾患の治療では、薬物療法が中心となります。
薬物療法と聞くと、ちょっと「怖い感じ」がするかもしれません。実際のところ、怖くはありません。一般的な皮膚疾患用の塗り薬を使う事になります。

「薬の強さ」については、アトピーの症状が軽い場合は弱い薬が処方されます。症状がひどい場合は、強めの薬が処方されます。
特にステロイドの塗り薬に対しては、副作用の心配がされています。このような心配を軽減するためにも、「薬の強さ」を症状に合わせる事が大切でしょう。

治療については、次のようなものがあります。

薬による治療

炎症を抑えるステロイド外用薬などを、使います。

スキンケアによる治療

皮膚の乾燥を防ぐために保湿剤などを、使います。

漢方薬による治療

皮膚科の専門医が処方する漢方薬などを、使います。

抗原物質の除去による治療

部屋のホコリを掃除したり部屋を換気したりして、アレルギーの原因となるダニやハウスダストを除去します。

食事の制限による治療

食物アレルギーが原因でアトピー性皮膚炎が起きている場合は、食事を制限します。
専門医・栄養管理士の指導で行ないます。

目的により異なる治療法

これらの治療は、目的によって違います。

症状を抑えたい場合は、主にステロイドなどの薬による治療をします。
アトピー性皮膚炎そのものを治したい場合は、主に体質の改善・スキンケアを行ないます。体質の改善については、食事制限や入浴方法などにより行ないます。

詳しくは専門医に、ご相談してください

食事療法

一般的に多くの病気に対して、食事療法は効果が出る方法と言われています。
そしてアトピーの場合、体質的な問題が大きいので、

食事療法によって体質を改善する事は、効果を期待できます。

病院では、アトピー治療のための食事療法を指導してくれるそうです。アトピーに対処できる食事について関心があるなら、指導を依頼してみましょう。

除去食療法

病院

アトピー治療のための食事療法の一つに、除去食療法があります。これは、アレルゲンとなっている可能性のある成分を、食事から取り除くという方法です。

アトピー専門の病院に行き、アレルゲンを特定してもらいます。そして特定された食材を、一切食べないようにします。このように疑わしい食材を食べない事によって、アトピーの悪化を防げると考えられています。

例えば子供のアトピーについて、医師から「大豆油を控えるようにしてください」と指示される場合があるようです。
なお、市販の油の中には、ほとんどにおいて大豆油が使われています。つまり実際には、油を摂取してはいけない、という事になるようです。

摂食療法

アトピー治療を行なう食事療法の一つに、摂食療法があります。これは、アトピー治療に効果があるとされている食品を中心に食べる、という方法です。
アトピー治療に効果があると言われている食品には、ヨーグルトなどの乳製品、イワシなどの青魚、キノコ類が挙げられます。

ただし、食材を選び過ぎて偏った食事にならないように気をつけましょう。偏食は、ストレスの原因にもなってしまうからです。ストレスにより、食事療法を続けられなくなってしまう可能性もあります。

紫外線 照射療法

日光アトピー性皮膚炎の方の中には、日光に当たって日焼けをすると、アトピー性皮膚炎の症状が改善されたいう方がいます。

昔から紫外線(UV)には、皮膚炎を抑える作用があるということが知られていました。「紫外線 照射療法」として、外用療法と併せて用いられる治療法の一つと言えます。
日焼けする事で炎症が抑えられて、皮膚の防御機能を高める効果があるとされています。

しかし「日焼け」は、全ての人に有効に作用するとは言えません。アトピー性皮膚炎を起こしている人は、肌が敏感な状態になっています。皮膚炎を起こしやすい状態なので、ちょっとした刺激でも炎症が悪化したりする場合があるからです。

日光に当たると症状が良くなるという人も、確かにいるようです。しかし紫外線が刺激となり、さらに皮膚炎を悪化させる可能性があります。日光に当たることに対しては、慎重になりましょう

「日焼け止め」を使いましょう

アトピー性皮膚炎の方は、肌が敏感になっています。とても皮膚炎を起こしやすい状態と言えます。日焼けを行なう際、急に大量の紫外線を浴びることは良くありません。「日焼け止め」を使用しつつ、徐々に焼いていくようにすると良いでしょう。

なお、アトピー性皮膚炎の方が「日焼け止め」を使う場合、どの「日焼け止め」を使うと良いか、症状によって違います。なので、皮膚科専門医の指導を受ける必要があります

あと、「日焼け止め」と同様に「化粧品」を選ぶ際も気をつける必要があります。化粧品がアトピー性皮膚炎を悪化させる可能性があるからです。
アトピーの治療を受けている方は、自分が選んだ化粧品にどのような成分が含まれているか、しっかり確認しておきましょう。

治療において大切な事

アトピー性皮膚炎の治療について、

大切な事は皮膚を掻かない(かかない)事、あせらない事、

だそうです。専門医とともに、じっくりと治療していくことが大事です。

時間をかけて治療するには、ストレスを解消させるのも大事と言えます。一つの例になりますが、「海水浴という遊び」で、アトピーを治療できる場合があります。

海水浴する事は、実はアトピーの治療に良いそうです。アトピーによって赤くなった皮膚を海水に浸ける事は、肌の炎症を悪化させると心配に思うでしょう。ですが海水のミネラルは、肌を改善させる効果があるそうです。さらに塩分には、消毒や殺菌の作用があります。
そして「海水浴という遊び」は、ストレスの発散にも役立ちます

以上の事より、海水浴する事はアトピー治療に有効と言えるそうです。
ただし、誰に対しても100%有効とは言えません。海水浴に行って、かえって症状が悪化してしまったという事例も見られます。念のため専門医に相談してから、海水浴に行くようにしてください。