アトピー性皮膚炎の各治療法

アトピー性皮膚炎の治療法

塗り薬アトピー性皮膚炎は各種の刺激物質により、全身に広がる可能性があります。その特徴は、皮膚のキメが荒くて、ゴワゴワした状態になります。症状として、肌の乾燥がよく見られます。

治療方法については、主に薬物療法となります。一般的に皮膚疾患の治療では、薬物療法が中心となります。
薬物療法と聞くと、ちょっと「怖い感じ」がするかもしれません。実際のところ、怖くはありません。一般的な皮膚疾患用の塗り薬を使う事になります。

「薬の強さ」については、アトピーの症状が軽い場合は弱い薬が処方されます。症状がひどい場合は、強めの薬が処方されます。
特にステロイドの塗り薬に対しては、副作用の心配がされています。このような心配を軽減するためにも、「薬の強さ」を症状に合わせる事が大切でしょう。

治療については、次のようなものがあります。

薬による治療

炎症を抑えるステロイド外用薬などを、使います。

スキンケアによる治療

皮膚の乾燥を防ぐために保湿剤などを、使います。

漢方薬による治療

皮膚科の専門医が処方する漢方薬などを、使います。

抗原物質の除去による治療

部屋のホコリを掃除したり部屋を換気したりして、アレルギーの原因となるダニやハウスダストを除去します。

食事の制限による治療

食物アレルギーが原因でアトピー性皮膚炎が起きている場合は、食事を制限します。
専門医・栄養管理士の指導で行ないます。

目的により異なる治療法

これらの治療は、目的によって違います。

症状を抑えたい場合は、主にステロイドなどの薬による治療をします。
アトピー性皮膚炎そのものを治したい場合は、主に体質の改善・スキンケアを行ないます。体質の改善については、食事制限や入浴方法などにより行ないます。

詳しくは専門医に、ご相談してください。

治療において大切な事

アトピー性皮膚炎の治療について、

大切な事は皮膚を掻かない(かかない)事、あせらない事、

だそうです。
専門医とともにじっくりと治療していくことが、大事だそうです。