様々ある、幼児英語の教材

幼児英語最近では幼児英語教材を探すと、たくさんの教材が見つかります。
それら幼児英語の教材は、幼児の英語力を始め、知性やコミュニケーション能力を育てることを目指しています。幼児英語の専門家や発達心理の専門家が、教材の開発に協力している場合もあるそうです。

教材の内容としては、映像や歌を始め、読み聞かせの絵本や、単語を学べる「おもちゃ」などもあります。ペンで教材にタッチすると英語の音が聞こえるなど、手軽に英語の発音を聞ける教材もあります。

また、教材の購入者に対して、インターネットを利用したサポートが付いている教材もあるそうです。サポート付きなら、万が一トラブルが発生しても解決しやすいでしょう。

以下に幼児英語の教材について、いくつかご紹介したいと思います(2008年当時)。

「アイらぶキスゴン」DVD1巻から3巻

愛ちゃんとキスゴンが英語で話せる薬を飲んでしまった事から、物語は始まります。
ドキドキする物語の合間にはアルファベットの発音やダンスなどもあり、子供を飽きさせません。

「BabyIQ」DVD

0歳から3歳児向けの教材で、英語を正しく発音していると言われています。
クラシックを使った英語で、赤ちゃんの頭にスムーズに入っていくようになっています。
英語教室の先生などにも人気のDVDです。

「MY First ECC」DVD

ECCと言えば、3歳以上の教室が多いそうです。なので「MY First ECC」では、0歳から2歳を対象とした教材を用意しています。
親に対するサポートとして、ウェブ上で質問に答えてくれるそうです。
楽天市場などでも、人気の商品となっています。

イベント付き教材

幼児英語の教材特典の中には、イベントを行なっている教材もあります。英語を学んでいる子供にとって、イベントは良い刺激になるようです。

例えばベネッセ(Benesse)の「World Wide Kids English」では、「Work Shop」と「GLOBAL LIVE SHOW」の2種類のイベントがありました(2008年当時)。
「Work Shop」では、今まで教材で学んだ英語力を定着させるために、ステージごとにイベントを設定していました。ステージごとに分けられている「お勉強の締めくくり」として、実施されました。

このイベントでは、同じような教材で学んできた子供たちと一緒に、英語を学べます。親同士にとっても、交流の場となったそうです。

一番有名な教材・ディズニー英語システム

おそらく幼児英語教育の中で、一番有名な教材はディズニーのワールドファミリーでしょう。幼児英語教育に興味がある方なら、一度くらいは聞いたことがあると思います。

子供の頃、ワールドファミリーで勉強していた親が、自分の子供に学ばせることも多いそうです。それだけ多くの人たちから信頼を得ている教材だと言えます。

人気の理由は、子供たちを始め、大人にも人気があるディズニーのキャラクターを使っているところです。「ミッキー」や「ミニー」を始め、「くまのプーさん」や「ニモ」まで、多くのディズニーのキャラクターが登場します。

キャラクターが魅力的なだけでなくて、発達心理学や言語力なども研究しており、子供の成長に合わせて段階的に学べる教材になっているそうです。
1枚に何通りもの英語が収録されているトークアロング・セットや絵本、CDなども充実しています。

英語の先生と電話を通じて会話できるテレフォン・イングリッシュや、ウェブサイトを利用してゲームで遊べたりします。これなら子供も楽しく、英語を学べそうです。
※教材内容については、最新の情報をご確認ください。

英語
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム