指でタッチして操作しやすいiPhone

iPhone

このiPhone(アイフォーン)という携帯電話は、アップル社が開発した物です。
アップル社は、パソコンのマッキントッシュや携帯音楽プレイヤーのiPodでも有名なメーカーです。

タッチパネル搭載

iPhoneの特徴の一つに、タッチパネル部品が使用されている点があります。
これまで携帯電話の入力は、長らくキーパッドが使用されていました。
しかしこのiPhoneでは、キーパッドではなくてタッチパネルを使用しています。

このタッチパネルは従来のテンキーパッドとは違い、画面上に表示されている物に触れる事で入力できます。なので、より直感的に使えるようになりました。
「使いやすい」そして「わかりやすい」ので、ATMなど様々な場面で採用されている技術です。
この技術がiPhoneに導入された事で、これまでにない操作性と機能を持った携帯電話として注目されました。
(なお日本では、ニンテンドーDSというゲーム機がタッチスクリーン機能を採用して、爆発的な大ヒットとなりました)。

iPhoneのタッチスクリーンは、2本の指を使った操作もできます。
例えば画像の縮小を行なう時、その画像を2本の指でつまむようにして、その指の幅を狭めると画像が縮まります。同じように2本の指を広げると、画像も拡大します。これは、かなり革新的な操作と言えるでしょう。

iPhoneのタッチスクリーンが、一昔前の携帯電話と別物であることは間違いないでしょう。タッチスクリーンによって、携帯電話が使いやすくなったと思う人も多いです。お年寄りにとっても、指でタッチする操作は使いやすいと言えます。

ただし、文字を打つ場合は「慣れ」が必要でしょう。
タッチパネル機能は非常に便利な反面、文字を打つ時は、従来のキーパッドよりも操作性で劣っているようです。

携帯端末
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム