スポーツ選手に多い、肘の関節痛

野球で肘を痛める関節痛の中でも、特にスポーツ選手に多いものがあります。それは肘の関節痛です。関節痛の名称にも、野球肘・テニス肘・ゴルフ肘など、スポーツ名がついています。

野球肘は、特にピッチャーがなりやすい関節痛です。その痛みで、腕を伸ばしたり曲げたりできなくなったりします。

大人の方を始め、少年野球をやっている子供にも、肘の関節痛が見られます。特に子供の場合、肘関連の骨や筋肉は成長途中のため、運動を「やり過ぎる」と関節痛が起きやすいようです。

なお、肘の関節痛は、スポーツ選手だけではありません。例えば、1日中パソコン作業をしているオフィスワーカーの人も、肘や手首の関節が痛くなったりします。運動に限らず、腕を使う作業をしている人なら、誰でも手首や肘の関節痛になってしまう可能性があります。

腕を休ませましょう

あまりにも「痛み」がひどい、長期間にわたって「痛み」が続くなら、一度病院で診てもらいましょう。湿布や消炎鎮痛剤を処方してもらえると思います。

そして治療と合わせて、腕を使わないようにしましょう。腕を休ませたほうが、関節痛を早く治せると思います。