ネットやデータベースを活用した、電子カルテのシステム

ネットを活用した電子カルテ

ネットの活用例として、電子カルテがあります。
全国の病院や診療所がネットワーク化されたら、どの病院で受診しても、自分専用の電子カルテを利用できるようになります。

電子カルテを共有できることにより、同じような検査を何度も受ける必要がなくなります。そして医療費の抑制にも繋がる、と言われています。
また、電子カルテを利用すると、患者の投薬内容を確認しやすいと言われています。複数の診療科で重複投与された事も、すぐに発見できます。
あと、各部門に対する検査や投薬などの依頼も電子化されます。なので、「手書き」の際に起きていた転記ミスを減らせる事が、期待されています。

データベースを活用した電子カルテ

電子カルテシステムを利用する医師データベース技術を活用したサービスの一つに、電子カルテがあります。
電子カルテとは、以前は「医師の手書き」によって紙に書かれていたカルテを、電子情報ベースに置き替えたものです。患者の容態などをデータベース化することになります。

カルテの内容をデータベース化することで、今までの患者の病歴や投与された薬などが、簡単な操作によって、すぐに検索できるようになります。
検索された患者の情報から、患者の健康状態をより早く判断できるので、スムーズに診療を行なえることを期待できます。

例えば、医師が電子カルテを使用することによって、患者の昔の病歴を知るために、古い紙のカルテを探す必要がなくなります。簡単な検索で、すぐに病歴の情報を見つけられます。
また、点滴や注射などについても、過去にどんな薬を使用したか、すぐに知ることができます。過去の治療情報がすぐに見つかるので、すばやく診療を行なえます。

電子カルテの活用によって、より短い時間で、より多くの患者の診療が可能となるでしょう。そうなれば、長い時間、患者が待たされることが少なくなるでしょう。

医師の間では、少しずつ電子カルテが広まってきています。電子カルテの「実用性や便利さ」を認めている医師が、増えてきているようです。
ただし電子カルテを使う診療に対して、反対している医師もいるようです。

電子カルテシステムの例

ここでは電子カルテシステムの一つ、油井コンサルティングの「ドクターソフト」について、ご紹介します(2009年当時)。

ドクターソフトは、診療記録を永久に保存します。診療記録を再利用できるデータベース機能と、レセコン機能との融合を実現したマルチメディアの電子カルテシステムです。

機能の一例を言うと、医療行為を入力すると、自動的にドクターソフトが請求に変換して、会計計算を行なってくれます。医師は、紙カルテに記入するように画面にペンで入力するだけで、診療データの記載と同時に請求の計算ができます。

一度、ドクターソフトに入力するだけで、レセプトや処方箋を発行できます。そして患者の管理や検索、オーダリングなど、業務の全てにデータを再利用します。そのため、重複保存すること、入力ミスすることを減らせます。

ドクターソフトに入力されているカルテの内容を、紙カルテにコピーできます。
さらに預金通帳を記帳するのと同じように、前回の印刷位置から、続けて追記印刷を行なえます。なので、無駄な余白部分が残りません。

ある患者さんの全ページを再印刷したり、任意のページだけを再印刷したりもできます。
カルテの管理や保存を、効率的に行なえます。
また、データ削除の履歴を残せるので、改ざんチェックもできます。

コンピューター
この記事をシェアする

【広告】電子カルテ 」の関連商品

• Amazon.co.jp

ぼくが一番電子カルテをうまく使えるんだ!

ぼくが一番電子カルテをうまく使えるんだ!

Amazon 価格:3,024 円(2019年4月19日 15:24時点詳細はこちら)

著者:内藤孝司

出版社:中外医学社

種別:単行本

販売店:Amazon.co.jp

• 楽天市場

初級者のための医療事務【BASIC】問題集 2019 医療事務・医療秘書・医師事務作業補助……

初級者のための医療事務【BASIC】問題集 2019 医療事務・医療秘書・医師事務作業補助……

価格:2,160 円[税込](2019年4月19日 15:24時点)
送料込

販売店:楽天ブックス

【楽天ブックスならいつでも送料無料】
医療事務・医療秘書・医師事務作業補助・OA・電子カルテ実務能力認定試験 全国医療福祉教育協会 医学通信社ショキュウシャノタメノイリョウジムベーシックモンダイシュウ……

グッズ・メモランダム