日常生活で使いやすいピアノ・電子ピアノ

人気がある楽器・ピアノ

ピアノの鍵盤例えば「お子様の習い事」として、ピアノはとても人気があると言えます。
そしてピアノ教室も、たくさんあると思います。都会だけでなくて、地方の町にもピアノ教室を見かけます。他の楽器の教室がなくてもピアノ教室ならある、という場所も多いと思います。

多くの日本人にとっては、ピアノという楽器は「ちょっと特別な楽器」と言えるかもしれません。

電子ピアノ

一般的な電子ピアノと言うと、電子的な鍵盤によってピアノの音を再現する物を意味します。
近年では、電子回路を利用して音を出す電子楽器が普及してきました。そして真っ先に電子化された楽器と言えば、キーボードだと思います。電子ピアノや電子オルガンは、かなり身近な楽器になったと言えるでしょう。

電子楽器と聞くと、多くの人はシンセサイザーやキーボードという鍵盤楽器を思い浮かべるかもしれません。ですが全ての楽器を、電子楽器として実現可能と言えます。なのでドラムマシンやギターにも、電子楽器があります。
電子楽器に対しては、機械的で無機質な印象を持っているかもしれません。だけど、大きな可能性を持った楽器と言えます。

ちなみに電子楽器のメーカーで有名なメーカーと言うと、コルグや河合、ヤマハやカシオ、ローランドなどがあります。

ヘッドホンを使えるピアノ

自宅でピアノを練習する時、その音が近所迷惑になってしまう場合があります。一般的な家には、防音設備(防音室)はありません。なので思いっきり大きな音量で練習する事は、無理でしょう。

そうは言っても練習したい、そう思っている方は電子ピアノを使いましょう。なぜなら、電子ピアノは電気によって音を制御する楽器なので、ヘッドホンを使用できるからです。よって、騒音の心配をする必要はありません。

実際のところ、夜の時間帯では電子ピアノのほうを使って練習する人が多い、と聞きます。電子ピアノなら、その使い方次第で自由に練習できると言えます。

ご自身がピアノを楽しむ際、やはりマナーを守る必要があります。曲を弾いているから、近所の人は騒音(雑音)だと思わないだろう。そのように期待したいところですが、ピアノや楽器演奏などに興味のない方にとっては、残念ながら騒音だと思われてしまうでしょう。

ピアノが「きっかけ」で「近所付き合い」で問題が起きてしまっては、日常生活に支障が出るかもしれません。自宅でピアノ弾く際は、周囲に対して配慮するほうが無難です。

使いやすいピアノです

楽器演奏に縁のない人は、電子楽器の事をあまり知らないかもしれません。ですが例えば電子楽器のキーボードには、販売価格が数千円くらいの物もあります。これくらいの価格なら、気軽に買えると思うので、もっと多くの人が電子楽器に触れてほしいと思いました。

なお、本格的な電子ピアノだと、結構な値段になるようです。子供用の「おもちゃ」ではなくて、楽器として分類される物だと、かなり高額です。

電子ピアノの場合、「持ち運びしやすい大きさ」の物があり、「調律が不要」という特徴があります。趣味でピアノを始めたい方に対して、電子ピアノは「おすすめしやすい楽器」です。

そういう私ですが、以前にピアノが弾けたら楽しそうだと思って、地元のピアノ教室に通っていたことがありました。ですが途中で挫折して、やめてしまいました。
趣味程度の「気楽な心構え」で習いに行っていたので、すぐにギブアップしてしまいました。しかし今思うと、ずっと習い続けていたら今頃ピアノが弾けるようになっていたかも??と思ったりします。

ピアノをやってみたいと思ったら、ぜひそうしましょう。例え上手く弾けなくても、ピアノを演奏している時は、とても楽しいからです。