小学校の入学祝い・男の子に喜ばれる物

男の子なら、おもちゃのゲーム?

入学する男の子現代の小学校の男の子が欲しい物と言えば、やはりほとんどの子がゲームでしょう。
ゲームとしては、テレビゲームやポケットゲーム、ボードゲーム、パズルなどがあります。特に電子ゲーム類は大人気であり、ずっと遊んでもらえそうなので、なかなか良い贈り物だと思います。

ただし勉強の邪魔になったり、目にも悪いということで、ゲーム類を嫌う両親もいらっしゃるでしょう。そのような事情を考えた上で、ゲーム類を贈るようにしましょう。

せっかくの「入学祝い」だから、子供本人が望む物を買ってあげたいと思うのは、自然なことだと思います。
特に孫や甥っ子など親族となれば、なおさらそうでしょう。
しかし「入学祝い」としてゲームをいただいて、大喜びする両親はあまりいないかもしれません。

誕生日や子供の日・クリスマスであれば、ゲームなどの遊び物でも全く問題はありません。しかし「入学祝い」は、学ぶ場での生活を応援するための贈り物です。なので、やはり遊びを勧めるような贈り物を控えたほうが良いでしょう。

「小学校の入学祝い」なら、子供の能力を伸ばす物!

人生の中で入学というイベントは、何回かやってきます。しかし入学の中でも一番の節目となるのは、小学校の入学だと思います。
学習机やランドセル、ベッドなど普段の買い物とは少し違う物の購入があり、両親自身も「強い思い入れ」があることでしょう。それだけに「小学校の入学祝い」の贈り物は、なかなか簡単には決められないと思います。

子供の希望としては、やはりゲームなどの「おもちゃ」が欲しいでしょう。
しかしクリスマスや誕生日と違って、

学校入学の「お祝い」となるので、子供の能力を伸ばしてあげられるような物が良い、と思います。

学習教材や本

例えば習い事に関する教材が、良いかもしれません。
小学生になると習い事を始める子供も多いので、予め習い事について聞いておくと良いです。

本が好きな子には、百科事典や図鑑、歴史や伝記の本、絵本や小説などが良さそうです。
旅が好きな子には、地球儀や世界地図などはどうでしょうか。
絵が好きな子には、多種類のクレヨン(クレパス)や色鉛筆のセット、水彩絵の具などの画材セット、スケッチブックなどが良いでしょう。

最近ではちょっと変わったデザインや様式、インテリアにも合う「おしゃれな物」が多く登場しています。贈り物としても最適な物が見つかる、と思います。

その他には、自転車に乗れる頃だと思うので、ちょっと大きな物になりますが自転車も喜ばれるかもしれません。

なお、親や子供の「好み」があるので、こういった物を贈る場合は希望に応えられるように、よく考えて贈るようにしましょう。

定番の入学祝い品・本

「入学祝い」の例として、本に関する物はどうでしょう。
例えば図書カードだと、本人が好きな本を買えるので、とても喜ばれる贈り物だと思います。

しかし「うすっぺらい図書カード」だけでは、贈る側も受け取る側も「なんだか物足りない感じ」がするかもしれません。そういう場合は、本を贈りましょう。

どんな本が良いか、事前に本人や両親に確認しておきましょう。
しかし確認が難しい場合は、周りの人に相談したり、他の小学生に聞いたりすると良いでしょう。
参考までに小学生に最適な、または人気がある本を、いくつかご紹介したいと思います。

はじめての伝記101人

「決定版 心をそだてる はじめての伝記101人」

  • 立原えりか ほか/文。
  • 永田 萠 ほか/絵。

マザー・テレサ、キュリー夫人など、ぜひ小学生の時に知っておきたい101人の物語がおさめられた伝記絵本です。
いつの時代にも、夢と希望と強い信念を持って生きた素晴らしい人達がいたこと、そしてそういう風に生きることの「素晴らしさ」を伝えるのに、最適な本です。

はじめての日本の歴史 名場面101

「決定版 心をそだてる はじめての日本の歴史 名場面101」

  • 小和田哲男/監修。
  • 西本鶏介、舟崎克彦、岡田好惠/著。

知っておきたい日本の歴史と、昔から語りつがれている有名な伝説を掲載しています。
現代の一流作家・画家により、子供の豊かな感性を育むような質の高い文章と絵で構成されています。
出来事が一目瞭然な年表と、昔の国名と現在の都道府県名が記入された地図がついています。子供にも、わかりやすくなっています。

みんなの仕事101

「決定版 夢をそだてる みんなの仕事101」

この本を通して、仕事の尊さ、社会に貢献することの「大切さ」などを学べます。
どんな仕事で、どうしてその職についたのか、どんなことが楽しく、どんなことがツラいかなどのインタビュー記事も掲載されています。
知っているようで知らない仕事の内部事情など、「そうなんだ」と驚くことも明らかにされています。

イラストも豊富で、仕事の内容を実際の写真で紹介しています。
また、大人の仕事ぶりにも感動することでしょう。

新1年生のための「おはなし絵本館」日本の昔話

1年生になったら一人で本を読んでみたいという子供に、ピッタリの昔話の絵本です。
日本各地の民話を元に、省略して覚えがちな昔話を詳しくわかりやすく書いています。

小学校1年生で習う漢字の約8割を、掲載しています。
現代一流の画家による、子供にわかりやすい質の高い絵です。
「読み聞かせ」にも、「一人読み」にも最適な文章です。

日本の昔話1 松谷みよ子/文。
いもとようこ、清水耕蔵、村上 勉 ほか/絵。
「おむすびころりん」「うらしまたろう」「こぶとり」など、8話収録。

日本の昔話2 松谷みよ子/文。
梶山俊夫、永田 萠、西村繁男 ほか/絵。
「ももたろう」「つるのよめさま」「はなさかじい」など、7話収録。

贈り物
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム