便秘の解消に繋がる健康食品・オリゴ糖

オリゴ糖

健康食品において、オリゴ糖という言葉をよく見かけます。オリゴ糖を使った食品は多数あり、中には特定保健用食品になっている物もあります。

オリゴ糖のイメージは、甘い物というイメージがあるかもしれません。ですが、「甘み」がない食べ物にも含まれています。ねぎ・玉ねぎ・納豆・大豆・ゴボウ・アスパラガス・バナナなどに、オリゴ糖が含まれています。
ちなみに、オリゴ糖を含む「おやつ」もあります。寒天みつ豆、甘栗、ポップコーンなどです。

オリゴ糖はヨーグルトと一緒に取ると、より高い効果を期待できます。甘味料としてオリゴ糖をプラスしたアロエヨーグルトなど、美味しいでしょう。

甘味料として人気の大豆オリゴ糖

オリゴ糖は砂糖に近い甘味があって、砂糖よりも低カロリーです。なので健康維持のための食品として利用できる、という意見が聞かれます。

そして数あるオリゴ糖の中でも、「甘さ」の強いオリゴ糖として大豆オリゴ糖があります
その「甘さ」は、「砂糖の甘さ」に結構近い(「砂糖の甘さ」の4分の3程度に迫る)と言われています。味わいにおいても、「爽やかさを感じる甘さ」という事より、甘味料として人気があります。

ただし大豆オリゴ糖は、難消化性のオリゴ糖ではありません。なので、腸内の菌を活性化させるという作用においては、他のオリゴ糖より劣っています。
しかし大豆から作られている事より、大豆ならではの性質を引き継いでいます。大豆は健康食品として有名なので、大豆オリゴ糖も健康的な食品であると言って良いでしょう。

便秘の解消に繋がるオリゴ糖

良好な腸内環境お腹の中にいるビフィズス菌を増やす事は、便秘の解消法と言えます。ビフィズス菌を増やすためには、オリゴ糖を取ると良いです。ビフィズス菌のエサとなるからです。

オリゴ糖には、「腸内の環境を整える働き」があります。腸内の有用菌を増やして、便秘を防いでくれます。
オリゴ糖はビフィズス菌や乳酸菌の栄養源として食べられた時、水分を発生します。それによって、便の排出を促進します

健康面はもちろんのこと、ダイエット面からも便秘はダメです。便秘は、ダイエットの敵と言えます。老廃物が腸内に溜まっていると、栄養を吸収し続けます。つまり、不要な栄養まで吸収されてしまい、体内に蓄積されて脂肪になってしまいます。

さらに便秘による過剰な栄養摂取は、「肌荒れ」の原因にもなります。これは美しく痩せるためにも良くありません。

便秘解消の効果を期待できる食品として、オリゴ糖を取ってみましょう。

健康食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム