海外旅行でトラブルに対処する英会話

トラブルに対処する英会話

私を助けて!

もしも万が一に海外でトラブルに遭った時、英会話ができると本当に助かります。自分の身を危険から守るためにも、トラブルに対処する例文を覚えておきましょう。

まずは、とにかく助けを呼びます。

  • Help me!
    助けて!
  • I’m in serious trouble.
    とても困っています。

be in troubleで、困っているとなります。

  • Could you do me a favor?
    お願いがあるのですが。
  • Please call the police.
    警察を呼んでください。
  • My passport was stolen.
    パスポートを盗まれました。

ホテルでトラブルに遭った際、きちんと伝えましょう。

  • I’m locked out.
    部屋を閉め出されてしまいました。
  • I lost the room key.
    部屋の鍵をなくしてしまいました。
  • The room light doesn’t work.
    部屋の電気がつきません。
  • The air-conditioner doesn’t work.
    エアコンが壊れています。

万が一、海外でパスポートをなくしたり盗まれたりしたら、正確に用件を伝えてトラブルを乗り切る必要があります。そんな緊急時には、やはり英会話の力が必要です。トラブルに対処する会話を、覚えておきましょう。

泥棒に出会った時。

  • Thief!
    泥棒!
  • Call the police!
    警察に電話をしてください。

海外での服装

参考に海外での服装について、考えたいと思います。海外に出かける場合、どんな服装をして行くと良いでしょうか。
まずは防犯上、いかにも「お金持ちっぽく見える服装」をしないようにしましょう。現地で誰かと会うなら、その人に対して失礼にならないような服装をして行きましょう。手堅い服装は、スーツっぽい服装です。

安全を重視したいなら、現地の人と同じような服装をすると良いです。現地の風景に溶け込めない、変に浮いた服装は、よそ者として見られてしまいます。よそ者ということより、犯罪のターゲットとなってしまうかもしれません。

色々と言いましたが、現地の服装事情に詳しい方がいるなら相談しましょう。きっと役立つアドバイスをもらえる、と思います。



タイトルとURLをコピーしました