肌の「くすみ」を解消する方法・酵素洗顔

暗い気分になる「くすんだ肌」

つい先日の事になりますが、朝いつものように顔を洗って、ふと目の前の鏡を見ました。
その時、鏡に映っている自分の顔が「老け顔」だったのにびっくりしました。まだまだ若いと思っていたのに、ちょっとショックでした。

その時、老け顔に見えた理由の一つは「くすんだ肌」でした。肌の色が透き通っておらず、どちらかと言うと「濁っている感じ」でした。こんな風に「肌がくすんでいるなぁ」とわかっただけでも、ちょっと暗い気分になってしまいました。

「くすみ」の原因

肌の「くすみ」の原因には、色々あります。主な原因としては、ストレス疲れ睡眠不足などが挙げられます。
肌が「くすむこと自体」が、ストレスとなってしまうこともあります。そんな状態では、肌がくすむ、気分が暗くなる、ストレスが溜まってしまうというように、悪循環になってしまいます。

肌の潤い不足も、「くすみ」の原因だそうです。だから保湿に特化したコスメで肌の「お手入れ」をするようにしています。分子量の小さな保湿成分は、肌の奥深くまで行き届きます。大きな保湿成分に関しては、肌の上を覆い乾燥を防いでくれます。

他の原因として紫外線の影響が考えられます。紫外線は、肌の大敵と言われています。「くすみ」や「しみ」ができる原因だからです。よって、美白な肌にとっても大敵と言えます。
紫外線などによって日焼けすると、肌から水分が取られてしまい乾燥した状態になります。そうすると肌が固くなってしまい、「しわ」ができやすくなります。さらに「くすみ」もできて、ひどくなると「しみ」として残ってしまいます。

「いつの間にか、顔に『しみ』があった」。知らず知らずのうちに出来てしまった「しみ」を見つけた時、大変にガックリするでしょう。1年間において「日差し」が強い日は、結構な日数があります。肌の状態を常にチェックしておきましょう。

肌を明るくできるベースメイク

ちなみにベースメイクをしっかりすることで、肌に「明るさ」が生まれます。まるで内側から輝いているような質感を得られたりします。
肌が「くすみがちな人」は、ファンデーション前のベースメイクとしてパール入りの化粧下地を使ってみましょう。「くすみ」をカバーできると思います。
「黄ぐすみ」をカバーしたい人は、ラベンダーのコントロールカラーを使ってみましょう。
このようにベースメイクで工夫すると、ある程度、美肌に見える透明感を得られるでしょう。

酵素洗顔

洗顔し終わった女性

肌の「くすみ」を解消する方法の一つに、酵素洗顔があります。

酵素洗顔には、通常の洗顔が持っている油分だけを落とす力に加えて、タンパク質を分解する酵素による角質除去という効果があります。古い角質を除去できると言えます。
古い角質を除去することで、肌の「くすみ」を改善できます。そして、化粧水がよく浸透するようになるので、肌が元気になって明るくなると思います。

酵素については、人間が健康に生活していくために必要な物質であると言えます。酵素は、体の様々な「器官や働き」に関係している、と言われています。そういうことより、酵素は健康を維持するために「とても大切な物」と言えます。

なお、肌の「くすみ」を改善する酵素洗顔を使う際、注意するべき点があります。
急に毎日使うことは、やめましょう。最初のほうは、週に1回などと使用回数を少なくします。そして、少しずつ回数を増やしていくようにしましょう。

商品説明の注意事項を守って、酵素洗顔を続けてみましょう。つるつる肌になれると思います。
ただし「くすみ」を取り除きたいからといって、角質を取り過ぎてはいけません。逆に、肌へのダメージが大きくなってしまう場合があります。過度に洗顔しないように注意してください。

きれいな肌で明るい気分

お肌の「お手入れ」で重要視すべきは潤い補給で、それから顔を常にクリーンに保つこと、最後に日焼け対策の3つです。
肌に合う、刺激のあまりない基礎化粧品を使うことも大切だそうです。
特に女性は肌の調子がいいと自然と言動も明るくなるから、きれいな肌でいられるように頑張り続けます。



タイトルとURLをコピーしました