肌の保湿に使える美容液

潤い不足で「小じわ」

潤い不足で「小じわ」がくっきりしていることで困っています…。
スキンケアには、なるべく力を入れています。けれども、全然改善されてなさそうです。もしかして使用中の基礎化粧品では、保湿力が不足しているのかもしれません。
正しい「お手入れ」を行なってツヤ・ハリがある、ゆで卵のような「お肌」をゲットしたいです。

肌の保湿に使える美容液

美容液を正しく使う方法を知っておくと、保湿ケアする時、良いでしょう。
基本的に美容液は、肌の保湿を目的としている物です。化粧水の後に使う物です。

美容液

自宅で肌の「お手入れ」をする際、美容液を使っていますか?
美容液と聞いたら、内容量が少ない割に高額というイメージを持っているかもしれません。だから美容液を使っていない、その代わりに化粧水と乳液、クリームだけでお手入れしている、という人も多いと思います。

しかし「美肌になること」を考えた時、やはり美容液が必要となります。
肌の「しわ」をなくすには潤い補給が重要だから、「保湿に重き」を置いた美容液が良いです。コラーゲンの分子量が小さい美容液を使うと、真皮まで浸透します。

乾燥肌の人やニキビ跡が気になっている人にも、美容液の使用をおすすめします。
ニキビ肌については、潤い補給が欠かせないです。そのため私は、セラミドとコラーゲンがしっかり入っているニキビ肌に特化した美容液を使用したりしています。
コスメの力だけではなくて睡眠時間も充分に取ったら、少しずつだけどニキビの数が減少してきたようです。

美容液の使用順序

化粧品の使用順序は、自分が使用している「それぞれの化粧品の説明書通り」になります。
一般的な順番は「汚れを落とす、水分を補給する、美容液をつける」となるでしょう。それぞれの美容製品の説明書を読んで、適切な手順でケアします。

「お肌の汚れ」をきちんと落として、化粧水でたっぷりと水分を補給したら、次は美容液の出番になります。
美容液をつける時は、手で優しくパッティングして、皮膚に浸透させるようにつけていきましょう。化粧水と同じように、顔全体につけてゆきます。乾燥が気になる部分については、特に多めにつけましょう。

なお、美容液を使う際、化粧水と同様にたっぷり過ぎるくらいつけてください。そうするほうが効果を期待できます。
美容液は、肌のしっとりとした潤いを保つこと、活き活きとした明るい肌になることにおいて、きっと役立ってくれるでしょう。

美容液を使いましょう

美容液という化粧品は、一昔前にはありませんでした。近年登場した化粧品であり、歴史は浅いと言えます。しかし美容成分が凝縮されていて、とても効果的な化粧品と言えます。現代の美容事情に応えた化粧品と言えるでしょう。

普段、美容液を使っていない人は、使ってみると「しっとりしたお肌」になってびっくりすると思います。
美容液については、もう少し年を取ってから使おうと思っている人も、若いうちから使っておけば、美肌を保てるかもしれません。

毎日の肌の「お手入れ」に、ぜひ美容液を活用してください。



タイトルとURLをコピーしました