高校受験で大切な「勉強法の確立」

勉強の習慣をつける事

自分に合う勉強法を見つける事は大切です。しかし実はその前に勉強の習慣をつけるという土台を作っておく必要があります。

高校受験を控えている中学3年生になったら、これまで以上に毎日の勉強が重要になってきます。
一日の内に覚えられる知識の量は、限られています。そして覚えたことの約70%は、どうしても忘れてしまうと言われています。
それでも毎日やった事の30%を積み重ねていけば、高校受験において成功できる可能性が高くなります。

というのも、中学までの学習は深く学ぶ必要はないので、覚える知識の量は限定されているからです。高校受験用の参考書も、そんなに分厚くありません。
しっかりした勉強法を確立して、その勉強法を毎日あるいは毎週実践していけば、合格できるでしょう。
そのためには、日々の勉強を習慣づける必要があります。

ツラい理由の一つ・普段やらないから

勉強がツラいと思う理由の一つは、普段やらない事だからです。
難しい事・面倒な事でも、毎日やっているとあんまりツラくありません。

日常生活の中で、面倒な事はたくさんあります。例えば「朝の歯磨き」などです。
でも毎日やっている事なので習慣になっており、ほとんどの人は面倒と感じないでしょう。
それと同じで毎日決まった時間に勉強する事で、「ツラさ」がなくなってくると思います。

まずは少しずつ決まった時間に、問題集や参考書で学習する行動から始めてみましょう。

勉強法の確立

毎日勉強できるようになったら、次は高校受験に向けての勉強法の確立です。

高校受験に挑むに当たって「やっておきたい事」は、勉強法を確立させる事です。
勉強法といっても、特別な事をする必要はありません。高額な学習教材や参考書を買う必要もありません。

自分に合う勉強の仕方を、見つけるだけです。

勉強法の例「ノートを整理する事」

まず高校受験において重要なのは基礎知識です。この基礎知識を何から得ると良いでしょうか?

問題集を解いたり参考書を見る事で、それを得ようとする人が多いと思います。
確かに問題集などには、基礎的な学力を付けるための問題が多くあります。それらが有効である事は、間違いありません。

ノートただ、問題集などを解く前に、やっておく事があります。
それは、ノートの整理です

ノートの「まとめ方」としては、出来れば授業で使うノートと家で使うノートを分けるほうが良い、と言われています。
勉強の内容を整理してまとめると、書く項目も多くなり、全部をまとめると見にくくなってしまうからです。

勉強内容をノートに書き、それを見直す事は、高校受験のための基礎学力を得る上で最も有効です。
ただ写すのではなくて、自分の頭を使って書けば脳が活性化されます。勉強そのものが楽しくなります(構成力も身に付きます)。
簡潔にまとめることで勉強の時間も短縮できて、続ける事が楽になります。

高校受験に備えて、ノートをしっかりと有効利用しましょう。

ところで勉強ができる人は、ノートの内容が綺麗です。
しっかりした勉強法を持っている人は、ノートにもそれが現れています。
なぜならノートは、頭の中(脳)を映し出す鏡だからです。

ただ単に黒板に書かれた文字を書き写すだけの人は、脳もそういう構造になるでしょう。考えず、見た物をそのまま映すだけです。

しかし黒板に書かれた事教科書に載っている事を自分の中で整理して、わかりやすくまとめチェックする項目をしっかりと書いている人は、頭の中も綺麗です。
綺麗な思考回路は、見たり聞いたりした勉強内容を正確に記憶させます。
当然、忘れてしまう勉強内容の割合も少なくなる、と思います。

頭のいい友達のノートを参考にするなどして、自分に合うノートの取り方を、ぜひ見つけてください。