早期治療に繋がる「前立腺がん」の検査

高齢者の方に多い「がん」

「前立腺がん」については、高齢者の方に多い「がん」と言われています。そのため、本来の寿命に大きな影響がないとも言われていたりします。確かに、「前立腺がん」で亡くなる前に寿命を全うしてしまう方も多いそうです。

おじいちゃんそうは言っても、「がん」という病気であることには間違いありません。しっかりと寿命を全うしたいとお考えなら、「前立腺がん」を早期に発見して、早期に治療することが大事と言えます。長生きすることに「こだわらない」と言っている人でも、いざ自身が高齢者になると長生きしたいと願ったりします。その寿命が尽きるまで、健康診断を行ない、健康の維持に努めたいです。

「前立腺がん」の検査

「がん」の検査において、一昔前では検査するのが難しかったけれど、近年になって簡単に検査できるようになったものもあります。例えば「前立腺がん」の検査です。前立腺は体の中にあるので、以前では簡単に検査できませんでした。ですが現在では検査方法が確立しており、簡単に検査可能となりました。

男性の方で60歳を超えたら、「前立腺がん」の検診を定期的に受けていただきたいと思います。「前立腺がん」は、自覚症状がほとんど無いです。なので早期の発見が難しい、と言われています。多くの場合、検診によって発見することになるでしょう。

先ほど自覚症状がほとんど無いと言いましたが、わずかな症状としては「トイレが近くなった」「尿が出にくくなった」という症状があります。ですがこれらの症状は、高齢者にとっては自然なことと言えます。なので「前立腺がん」による症状とは、誰も気づかないです。

なお、自覚症状が無いのに検査するのは「ちょっと抵抗を感じる」という方は、「前立腺がん」の検査キットを利用しても良いでしょう。通信販売で購入できて、自宅で検査を行なえます。キットにより検体を採取して、指定の機関へ郵送することで検査できます。わざわざ病院に行きたくないと思っている人に、向いている検査方法と言えます。

健康
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム