体脂肪を減らす方法の一つ・運動する事

体脂肪率を減らす方法・運動

体脂肪率を減らすために、一番いい方法は何でしょうか。それは運動して脂肪を燃焼させる事だと思います。
ですが、ただ運動を行なえば良い訳ではありません。より効果的に脂肪を燃焼させるためには、次の事に気をつけて運動を行ないましょう。

まず絶対に無理をしない事です。例えば、いきなり長距離を走るなどしてはいけません。
自分ができる範囲内で計画的に続けていける運動が、望ましいです。

次に有酸素運動を行なう前に、必ず準備運動をしましょう。運動の前に、体を温めておくようにします。
もしも準備運動をしないで急激に運動を始めてしまうと、心臓に負担が掛かり危険と言えます。

繰り返しになりますが、自分ができる範囲の運動である事、続けて行なえる運動である事、これらを満たす運動が体脂肪を減らす運動と言えます。

有酸素運動

体脂肪率を減らせる運動で、よく言われているものは、

脂肪をエネルギーとして燃焼できる「有酸素運動」です。

エアロビクスしている女性代表的な有酸素運動には、エアロビクスやジョギング、ウォーキングや水泳などがあります。
一般的に有酸素運動は、筋肉をゆっくりと動かす運動で、長い時間にわたって行なえる運動の事を言います。

有酸素運動を続けてゆくと、そのうち脂肪の分解が始まります。このような脂肪の燃焼は、体全体で起こります。一説には、有酸素運動を始めて20分間ほど経つと、このような脂肪の分解が始まるとされています。

「20分間という時間の長さ」は、運動を続ける時間と考えたら結構長いと思います。特に普段運動しない人にとっては、いきなり20分間、体を動かし続けることはできないでしょう。
なので最初は時間にこだわらず、まずは体を動かすようにしてください。そのうち運動することが習慣になれば、20分間の運動も苦にならないようになると思います。

筋トレ

体脂肪率を抑える方法の一つに、筋肉トレーニングがあります。ここで言う筋肉トレーニングとは、日常生活で簡単に行なえる基本的な運動の事です。腹筋や背筋、「腕立て伏せ」や「ダンベル運動」などの事を言います。

もしも筋肉を付けずに脂肪だけを減らすと、外見が貧弱なものになってしまいます。見た目を良くするためにも、筋肉トレーニングを行ないつつ脂肪を落とすほうが良いです。

なお、腹筋や背筋という筋トレを行なう時、反動をつけないようにしてください。反動をつけて運動すると、鍛えるべき筋肉と違う部位の筋肉を使ってしまうからです。
よって、ゆっくりと反動をつけないでトレーニングする事が大事と言えます。

筋トレの回数については、個人それぞれと言えます。まずは20回くらいから始めましょう。慣れてきたら、少しずつ回数を増やしてゆくと良いでしょう。

ダイエット効果を上げる運動の時間帯

ダイエット目的の運動には、効果的な時間帯があります。
エネルギーを少しでも多く消費して体脂肪を燃やしたいという方は、

早朝や午前中に運動すると良い、と言われています。

体が目覚めてすぐの時間帯は、「交感神経の働き」が活発です。他の時間帯に同じような運動をする時と比べて、エネルギーの消費量が多くなります。
夜間に運動した場合と比べると、その差は10%あると言われています。

朝のほうがエネルギーの消費量が多い証拠に、「朝食から昼食までの時間」が「昼食から夕食までの時間」より短い点があります。これは、午前中のエネルギー消費量が多いためです。エネルギーの消費量が多いので、早く「お腹」が空きます。

ダイエットする際、運動は欠かせません。同じ運動をするなら、ダイエットの効果が一番出やすい時間帯(早朝や午前中)に運動しましょう。