「厄除け・魔除け」の石・天眼石

瑪瑙

瑪瑙(めのう)のイメージ画像

天眼石について、お話したいと思います。
この石は、瑪瑙(めのう)の一種です。「天から降ってきた神の眼」という意味から、この名前がつきました。
黒、白、灰色、茶色の美しい縞模様が特徴です。赤い縞模様が入っている物もあり、これは赤天眼石と呼びます。また、黒い縞模様が囚人服の模様に見えることから、英名で「バンデットアゲート」と呼ばれることもあります。

なお、注意する点は、熱湯につけるとヒビが入ってしまう場合がある点です。注意しましょう。
浄化方法としては、月光浴、日光浴、水晶での浄化、お香による浄化が良いです。
石が強いストレスを受けた時、使用頻度が高い時、石のパワーが落ちてしまうことがあります。そんな時は、浄化し直すと良いです。

言われている効果

古来より天眼石は「強力な厄除け・魔除け」の効果がある、と言われています。その眼は邪気をはねつけて悪を監視する、と言われています。ちなみにチベットでは、法具としても使用されてきました。
天眼石の言われている効果としては、真実を見極める力、認識力の向上、強運を身につける、厄除け・魔除け、仕事運の向上、活動力の向上があります。

天の眼を持つことで、真実を見極める力、自分を認識する力が与えられると言われています。なので仕事の効率を上げたい方や成功を収めたい方に、おすすめのパワーストーンと言えます。
赤天眼石については、人間関係を良好にしてくれる効果も期待できます。仕事上のトラブルや嫁姑問題、親子関係の問題解決などに、その力を発揮してくれるでしょう。

パワーストーン
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム