たっぷりと化粧水をつけたいなら、コットンを使いましょう

化粧水をつける「2つのやり方」

肌の「お手入れ」で化粧水をつける時、どのような方法でしていますか?
おそらくコットンを使う人と、手で直接つける人の二通りに分かれると思います。

コットンを使うことに対しては、

「コットンは、肌を刺激してしまう」
「化粧水がコットンにたくさん染みこんでしまうから、手のほうが経済的かも?」
 

などと思うかもしれません。

実際のところ、どちらの方法でも良いそうです。どちらの方法にも「良い点」があるで、その時の肌のコンディションや気分によって変えて良いです。

ちなみに化粧水を手でつける場合、「手の温もり」で毛穴を開かせると、化粧水が浸透しやすくなります。また、「手の温もり」で化粧水が温まって、肌に優しくなります。
なお、手を使うことに対しては、「手でつけると不衛生だと思う」などと心配するかもしれません。もしそうなら、事前に手を洗っておきましょう。

やり方の一つ・コットンを使う事

お肌の「お手入れアイテム」の一つに、コットンがあります。
コットンは、絶対に必要という訳ではありません。ですが

保湿効果を高めたい時は、コットンを使ったほうが効果的です。

例えば「しわ」のある肌の「お手入れ」では、やはり水分補給が大事です。コットンに化粧水をたっぷり染み込ませて、ローションパックをしましょう。
その際、アンチエイジング用の美容液もたっぷり塗りましょう。

そして

化粧水をたっぷり丁寧につけたい時も、コットンの使用を「おすすめ」します。

化粧用コットンコットンに「たっぷり」と化粧水を染み込ませて、下から上へ優しくなでるようにつけていきます。
鼻の部分については、眉間から下へ、鼻筋へとつけていきましょう。

化粧水をつける時は、内側のキャップに直接コットンをつけないようにしましょう。
内側のキャップには、小さな穴が空いています。ここには、たいてい化粧水の逆流防止機能が付いています。この機能により、中の化粧水が汚れてしまうことを防ぎます。
しかしコットンを直接つけてしまうと、この機能が損なわれてしまう場合があります。

また、コットンがすぐに毛羽立ってしまい、繊維が肌についてしまうことがあります。
コットンの品質が悪いため?と考えがちですが、これはコットンの品質の問題よりも化粧水の量に原因があります。
コットンが毛羽立ってしまう場合、化粧水の量を多めにしてみましょう。きっと毛羽立つという問題を解決できる、と思います。
美肌のためにも多いかなと感じるくらいに「たっぷり使うこと」を、おすすめします。

コットンパック

美肌になるための方法の一つに、自宅で簡単にできる「パック」があります。
一番手軽で効果的なパックの方法は、貼ってはがすだけのシートタイプや、コットンに化粧水を含ませた物でパックするローションパックだと思います。

乾燥している時期なら、

化粧水を染み込ませたコットンを、目元や口元など気になる部分に貼ると良いです。

手軽にできる簡単な美容パックとなります。疲れている時や、肌に負担を掛けたくない時に、試してみてください。

小さくて「はがしやすいコットン」なら、パックにしても扱いやすいでしょう。
なお、はがすタイプのパックは肌を痛めやすい、と言われています。気をつけましょう。

あと、自分が使っている化粧水をコットンに含ませてコットンパックを行なう場合は、ボトルのキャップを使いましょう。キャップにコットンを入れて、そこに化粧水を注ぎます。圧縮されて入れられていたコットンは、化粧水を含むと膨らんでゆきます。これで、化粧水を染み込ませたコットンの出来上がりとなります。

コットンの使い方

ところで多くの人が、コットンを1枚で使っているのではないでしょうか。
コットンは、2枚重ねで使いましょう。2枚重ねにすると指のクッションになって、肌への感触が優しくなります。

また、コットンは、表と裏を使えば4面使えることになります(1枚目のコットンの表と裏、2枚めのコットンの表と裏)。
化粧水を顔だけでなく、首や耳、腕などの4か所につけておきましょう。
そしてコットンの4面を使えば、一度に全ての部分に使えます。2枚重ね・一組のコットンで、4か所に化粧水をつけられます。これは経済的と言えるでしょう。