一番有名で使いやすいアロマの精油・ラベンダー

最初に「おすすめ」ラベンダーのアロマ

初心者がアロマテラピーを始める際、

ラベンダーは「おすすめのアロマオイル」

と言えます。「甘くてフローラルな香り」がして、とてもリラックス効果があるアロマです。

ラベンダー

アロマテラピーを始める「きっかけ」で多いことは、リラックス効果を得るためです。アロマと言えば、リラクゼーションできる物と、多くの人がイメージしています。

リラックスしたい人には、まずはラベンダーを試してみましょう。ラベンダーを使ったアロマテラピーでは、不安や緊張感をほぐせます

ラベンダーには、毎日の「ストレスによる疲れ」を癒してくれる効果もあります。心が疲れたと感じた時も使ってみましょう。

ラベンダーは、数多くある精油の中で一番使いやすいとも言われています。
そしてアロマテラピーを学ぶ人において、ラベンダーは一番知られている精油と言えるでしょう。なぜかと言うと、アロマテラピーという名前を生み出した、ルネ・モーリス・ガットフォセ氏が最初に使った物、と言われているからです。

ルネ・モーリス・ガットフォセ氏が香料の研究中に火傷を負った際、その火傷の痕に、側にあったラベンダー精油をとっさにかけました。その後、回復が大変に良かったので、精油の治療的効果を確信して以後研究を続けた、と言われています。

鎮静作用

精油においても有名なラベンダーには、酢酸リナリルやラバンデュロール、リナロール・リモネンなどの成分が豊富に含まれています。

その作用としては、

「気持ち」を和らげてくれる鎮静作用や鎮痙(ちんけい・けいれんを抑えること)、鎮痛・消炎・生体リズム調整

などの作用を期待できます。
以上のように鎮痛作用や消炎作用という効果があるので、マッサージなどに好んで使う人が多いです。

また、ラベンダーの精油を垂らした「お風呂」に入れば、心と体がリラックスするでしょう。ぬるめの「お湯」でのんびり入浴すれば、「一日の疲れ」をしっかり癒せるでしょう。

ラベンダーは、ヨガを行なう際に使用するアロマオイルとしても、おすすめです。部屋でヨガを楽しむ際、アロマオイルを焚くと心が落ち着きます。
ヨガとアロマの組み合わせは、心身のバランスを整える健康法の一つと言えます。「安らぎの気持ち」と「温かい心」を実感できるでしょう。

不眠の解消

ラベンダーは、多くの人から親しまれている代表的なアロマオイルと言えます。鎮静作用があるので、リラックス効果を期待できるそうです。心身のバランスを整えてくれます。

そして、不眠症を解消してくれる効果も期待できます。質が良い睡眠を取るのに、役立つでしょう。

眠る前や落ち着かない時に、ラベンダーのエッセンスを数滴垂らした蒸しタオルを、額に乗せてみましょう。

きっとリラックスできると思います。

眠る前に使えば、安眠を誘ってくれます。ぐっすりと眠れて、翌朝には気分爽快だと思います。
なお、安眠するためには、心身が安静であることも大切です。心身が興奮状態では、やはり寝つけないでしょう。なので就寝前は、なるべく静かに過ごしてください。