ファッション的に重要、パーマをかける事

見た目を美しくできるパーマ

髪型パーマ

Photo: Jonas Svidras @ STEP.CAMERA

パーマをかければ、髪の毛の見た目を美しくできます。見た目が美しい事は、ファッション的に重要と言えます

パーマの種類

ヘアスタイルのパーマには、いくつかの種類があります。「ストレートパーマ」や「スパイラルパーマ」「ツイストパーマ」を始め、「内巻きパーマ」「外巻きパーマ」「ボディーパーマ」などがあります。

そして「ピンパーマ」と呼ばれているものがあります。これは毛先を巻いてピンで押さえてパーマをかけるので、そのように呼ばれているそうです。ここで言うピンとはヘアピンのことです。
ピンパーマについては、自宅で行なうためのキットが販売されています。このようなキットを使えば、自宅でも「ふわふわしたカールの髪型」に仕上げることができます。
ただしパーマをかけるなら、やはり美容室に行って美容師さんにかけてもらうほうが安心でしょう。ですが何らかの理由で「時間」や「お金」の都合がつかない場合、自宅で自分でパーマをかけても良いと思います。

ところでパーマの名称においては、変わった名前もあるようです。私が今までに聞いたものでは、「針金パーマ」という名前があります。その名前から単純に、針金みたいなトゲトゲしたパーマを想像しました。
ですが実際には、髪を針金で巻くので針金パーマという名前のようです。巻かれた髪は、とても細いコイルになるということです。

パーマの巻き方

パーマの巻き方には、いくつかの種類があります。例え同じロッドを用いても、巻き方を変えればパーマのかかり具合を変えることができます。

巻き方の種類には「毛先巻き」や「根本巻き」、「中間巻き」や「スパイラル巻き」などがあります。なんだか、お寿司屋さんの商品名を思い出してしまいそうですが、このように色々とあるようです。

あと「ツイスト巻き」というパーマの巻き方もあります。その名の通り、髪をひねって巻いてゆくパーマの巻き方です。髪をひねっているので、その仕上がりはランダムな感じとなります。

どれも個性のある巻き方と言えます。ご自分の希望に合うものを見つけてやってみてください。

髪へのダメージに注意

パーマやカラーリングが原因で抜け毛や薄毛になってしまう、と聞いた事があります。また、育毛を実践している際、パーマやカラーリングをすると育毛の効果が薄れてしまう、とも聞きました。
育毛・発毛のケアを行なっている人は、パーマなどをあまりしないほうが良さそうです。

パーマでは、チオグリコール酸の還元作用によって、髪の毛のケラチンを壊すとされています。そして頭皮も傷みやすい、とされています。特に市販のパーマ液を用いて自分でパーマを行なう際、髪と頭皮が傷みやすいそうです。

パーマによる髪へのダメージを軽減させたいなら、やはり美容院でパーマをかけてもらうほうが安心でしょう。美容院の中には、パーマやカラーリングを行なった後、頭皮の回復手当をしてくれる所もある、と聞きます。髪のダメージが気になっている人は、美容師さんと相談してみましょう。