自由を追い求めた時代、1970年代のファッション

学生運動や反体制が活発になっていった1970年代、その当時のファッションについて、ご紹介したいと思います。

ジーンズ

ジーンズ

1970年代は、ジーンズのファッションが流行しました。ジーンズは、ヒッピーが世間に広めたファッション・アイテムです。

1960年代後半から活発化した学生運動において、ジーンズは自由や反抗・反体制の象徴でもありました。
このジーンズが、よくも悪くも若者ならではのファッションとして流行していきました。

ジーンズが流行り始めた頃は、シンプルなストレートジーンズが主流でした。
その後にベルボトムジーンズが登場して、ジーンズが最先端ファッションとして知れ渡っていきます。

定番のファッション・コーディネートは、上げ底の靴と、体にフィットしたTシャツを、ジーンズに合わせたものでした。そのジーンズは、腿(もも)はピッタリで、裾は地面スレスレ、ラッパのように広がったデザインの物でした。
このような「服の組み合わせ」が、当時おしゃれでした。

1970年代の前半は、ジーンズがファッションとして受け入れられるようになり、作業着だったというイメージはなくなりました。

アウトドア・ファッション

1970年代の半ばには、スポーツ・ファッションやアウトドア・ファッションを、日常着る服として着用する若者たちが増えていきました。

本来は、アウトドア・ウェアのアイテムがタウン・カジュアル化したスタイルを、ヘビーデューティーと呼んでいました。ダウンベストやダウンジャケット、トレーナーやスニーカーなどが流行しました。

現在でも見られる、カジュアルなのに実用的なファッション・アイテムは、1970年代から広まったと言えます。

「このファッションの流れ」は、1975年にベトナム戦争が終結して、アメリカに若者文化が戻ってきたため、始まりました。テニス、サーフィン、ジョギングなどが、「遊び」の文化として生まれ始めました。

ニュートラ

1975年頃から1980年代の前半にかけて、神戸発の「お嬢様風ファッション・スタイル」が流行りました。このスタイルのことを、ニュートラと言います。これは、ニュー・トラディショナルの略です。

ファッションの特徴は、定番のブレザーやワンピース、カーディガンなどのアイテムに、グッチやセリーヌ、フェンディやエルメスなどの有名ブランドを合わせるスタイルです。

この名前の名付け親は、ファッション雑誌の「an an」でした。しかし実際に流行の中心となったのは、ファッション雑誌の「JJ」になります。

ところで1970年代には、ファッション雑誌の創刊が続きました。
1970年に「an an」、1971年に「non-no」、1977年に「more、クロワッサン」、1979年に「JJ」など、現代のファッションの見本となる雑誌のほとんどが70年代にスタートしました。

竹の子族もいました

そう言えば1979年には、竹の子族も流行しました。原宿歩行者天国に登場した竹の子族は、懐かしい歴史です。

1970年代に、どんなファッションが流行っていたか?
自由に思い巡らせることは、とても楽しいことです。

【まとめ記事】熱い思いがあふれている、ファッション流行の歴史

ファッションの流行は、その当時の「人々の気持ち」が反映されている、と思います。 「憧れ」「華やかさ」「自由」など、人の「熱い思い」がファッションを作っている気…