縫い目や刻印、偽物コーチ製品の見分け方

コーチ製品が本物か偽物か、見分けるポイント

残念な事ですが、

コーチの財布やバッグに関して、たくさんの偽物が流通しています。
確認項目

本物か偽物かを判断する技術を、私たち消費者は持っていないと言えます。
ですが何もチェックせずに買う事は、後でトラブルを招く事に繋がるかもしれません。

以下に本物と偽物を見分ける方法を、簡単に書きたいと思います。
※出来るなら、専門家に鑑定してもらいましょう。

縫い目

ブランド品の偽物を見分ける際に、まずチェックしておきたい部分は「縫い目」でしょう。
縫い目が緩んでいる、逆にキツすぎる、またはきちんと揃っていない場合、「偽物の疑い」があります。

一般的に、コーチの正規品の縫い目は均一で丁寧に縫われています。

なお正規品でも若干、縫い目が少しずれている場合もあります。よって「縫い目のずれ」だけでは、偽物とは断定できません。しかし、あまりにも縫い目が乱れている場合は偽物と言えます。

刻印

財布やバッグに「マグネット・スナップ」が付いている場合、その刻印もチェックしておきましょう。正規品と同様な品質の刻印が付いているか、確認してください。

ファスナーの刻印についても、調べましょう。知らないメーカーの刻印がある、何も刻印されていないという場合は、偽物の可能性があります。

また、バッグや財布のマグネットボタンも確認しておきましょう。
マグネットボタンに「COACH」や「ROMAG」「COMAG」の刻印があるか、確認してください。
もしもマグネットに他社の刻印がある場合は、偽物だと疑ってください。

デザインの見た目

違和感を感じる部分と言ったら、デザイン全体の見た目があります。
偽物のデザインは、何かしら違和感があるものです。例えば、柄が荒っぽいなどの違和感があったら、偽物かもしれません。

本物のデザインは、「縦横で綺麗な配列になっている感じ」がします。「デザインが整っている美しさ」が、本物にはあるでしょう。

シグネチャー

シグネチャーの「C」が歪んでいたり、「CC」が離れすぎていたりすると、それは偽造の可能性が高いです。

ビニール

コーチのバッグなどに付いているハンドル部分がビニールで包まれていたら、偽物の可能性が高いと言えます。

なぜなら正規品の場合、ハンドルがビニールで包まれている事が「ほとんどない」からです。
※稀にコーチのロゴ部分が、ビニールで包まれていることがあります。

値札

値札をチェックして、偽物かどうかを見分けられる場合があります。
正規品の値札は、例えば右下に小さくコーチのロゴが印字されています。そして外側の中央付近に、茶色の文字で「COACH」または「COACH Factory」と書かれています。

正規品の値札と見比べて違和感があったら、偽物かもしれません。

生産国

原産国だけでは、コーチ製品の本物・偽物を判断できません。なぜなら、世界でコーチ製品を生産している国が50カ国以上あるからです。
コーチの母国であるアメリカの工場のほか、中国やスペイン、インドなどにも工場があります。

アウトレットは正規品

さらに偽物と言えば、アウトレットの製品が偽物と噂されていたりします。確かに、怪しいアウトレットもあります。ですが、本来のアウトレット製品は正規品と言えます。

「型遅れ」の製品で在庫に残っている物や、ちょっと汚れていたり傷があったりする、いわゆるB級品の物をアウトレット品と言っています。売れ残ったり傷ついたりしていますが、メーカー公認の商品となります。

B級品と言っても正規のメーカーが製造した物なので、普段使いするには「全く問題がない」と言えます。ちょっとした「傷」や「汚れ」が気にならない人なら、問題なく使えるでしょう。

信頼できる販売店から購入しましょう

近年ではコーチの直営店以外の店でも、気軽にコーチ製品を買えるようになりました。ですが気軽に買えるようになった分、偽物を買わされてしまう事も目立つようになりました。

購入する際は、信頼できる店で買うようにしましょう。

コーチ製品をネット通販で購入する場合で心配なら、ショップに頼んで商品と一緒に「買い付け時のレシート」も送ってもらいましょう。レシートの原本が無理なら、コピーをもらうと良いです。

「買い付け時のレシート」によって、その商品がコーチの正規店で買い付けしたのか、それともアウトレット店で買い付けしたのか、わかると思います。