健康を願う人から大切にされてきた琥珀

古くから大切にされてきた琥珀

琥珀(和名・こはく)は、べっ甲飴(あめ)のような石です(英語ではAMBER・アンバーと言います)。

心と体の両方に対して、「癒し」の効果があると言われています。
そのため、

古来から「装飾品」や「お守り」として、珍重されてきました。

日本では、古来から大切にされてきました。世界においても護符として、効果を期待されてきました。
また、摩擦(まさつ)で温めると「良い香り」がします。なので中国では、お香としても使用されてきました。

色は、ゴールドが有名です。その他にも、ホワイトやイエロー、レッドなどがあります。

浄化の方法としては、月光浴したり、水晶で浄化したりすると良いです。

化石です

琥珀は、地中に埋もれていた樹脂が次第に変化してできた物です。その樹脂は、今から数千万年前から約一億年前に、地上に生い茂っていた樹木が分泌した樹脂です。

つまり琥珀とは、純粋な鉱物ではありません。数千万年・数百万年という時間を掛けて、松や杉の樹脂が地中に埋まり、化石となった物です。
化石なので、虫や植物が「その中に閉じ込められた物」もあります。このような物は、パワーが「さらに高い」とされています。

気をつける点

注意する点は、硬度が低いので傷つきやすい点です。鉱物ではないので、高温になると溶けてしまいます。気をつけましょう。

また、長期間放置すると、虫がわくことがあります。防虫剤と一緒に保存すると良いです。

期待されている効果

その効果としては、健康・長寿、体質改善・心身の安定、気力向上、人間関係の改善、邪気払い、金運向上などがあります。

それら効果の中でも、

人間関係の改善や気力の向上、精神を安定させるという効果が高い

と言われています。
琥珀を触ったり見つめたりすると、「明るい気持ち」になれると言われています。

健康

琥珀という天然石は、「幸せ」や「長寿」を祈る人々において大切にされていました。
そんな琥珀の効果で知られている事は、やはり健康に関する事です。持っているだけで、強いパワーが生命力を向上させてくれるとされています。

甲状腺・胃・脾臓・肝臓・腎臓に対して効果がある、と言われています。新陳代謝の向上、内分泌機能を良くしてくれるとも言われています。「喉の働き」に対しても効果がある、とされています。

大人には健康と長寿、子どもには病気予防の効果を期待されています。

子どもの健康を願う琥珀

花嫁に琥珀を贈る習慣のある地域があります。バルト海・沿岸地域です。
バルト海周辺の人たちの間では、琥珀が愛を実らせる物であると信じられてきました。

また、お嫁さんが妊娠すると、これから産まれてくる子どもの健康と無事を祈願して、琥珀のネックレスを身に付けていたそうです。

お守り

琥珀のペンダント
琥珀のペンダント

バルト地方では、琥珀は宝飾品であり「お守り」でした。パワーストーンとして自身の「お守り」にしたり、愛する人への贈り物にしたりしてきました。

数ある琥珀の中でも、貴重種とされる「虫入り琥珀」は、悪霊を寄せ付けない力があると信じられてきました。「虫入り琥珀」をペンダントにして、身に付けていたそうです。

他の多くのパワーストーンと同様に、琥珀には、さまざまな愛や想いを人々に伝えてきたという伝統があります。病気や邪気を払う石として、水晶と並ぶほどの代表的なパワーストーンです。

大人っぽく深みのある色合いは、どれも微妙に違いがあります。それぞれの琥珀を見て、手に取って、一番気に入ったもの選んでください。そんな琥珀は、きっと心の支えになるでしょう。

【まとめ記事】金運や恋愛など、願い事別のパワーストーン

願い事別のパワーストーンには、以下のものがあります。 金運アップ。 タイガーアイ。 ルチルクォーツ。 恋愛運向上。 インカローズ。 ラピスラズリ。