ファッションで活用できる、アメリカンカジュアルの古着

アメリカンカジュアル

カジュアルなファッションを楽しむ際、古着を活用してみましょう。例えば、アメリカンカジュアルの古着などがあります。

古着の話題でよく登場するアメリカンカジュアル(アメカジ)とは、ワークウェアとスポーツウェアから、主に成り立っています。

1800年代の後半、西部開拓史の頃に、今のワークウェア(作業服系)の原型が登場しました。

1940年代の第2次世界大戦後、米軍の払下げ衣料が登場しました。今でいうサープラス(軍隊の放出品)が、登場しました。

服装がおしゃれな男性

1950年代の高度成長期ではアウトサイダー文化が登場して、ジーンズが流行しました。それと同時に、スポーツウェアもカジュアルになりました。

1960年代では、ヒッピー文化に関心が集まりました。ベルボトムが現れて、様々なジャンルが混ざってゆき、現在のアメカジに繋がってゆきます。

ちなみに日本では、1970年代にヒッピーや反戦ブームというアメリカ文化の影響を受けて、アメリカンカジュアルが出てきました。その後、広まってゆきました。

よくある基本スタイル

「ワークウェア」は、作業服系です。
服の組み合わせは、「カバーオール」+「ワークシャツ(ネルシャツ)」+「ペインターパンツ」+「ワークブーツ」です。

「スポーツウェア」の組み合わせは、「スタジアム・ジャンパー」または「ウィンドブレーカー」または「スェットパーカー」+「イージーパンツ」+「スニーカー」です。

「ウェスタン」の組み合わせは、「Gジャン」+「ウェスタンシャツ」+「ブーツカットジーンズ」です。

「サープラス」の組み合わせは、「Pコート」または「MA-1(Mジャン)」+「カーゴパンツ」+「コンバットブーツ」です。

「バイカーズ」の組み合わせは、「ライダーズジャケット」+「革パンツ」+「エンジニアブーツ」です。

だいたい、このようなアイテムの組み合わせになっています。

リサイクルショップで探してみましょう

通販でアメリカンカジュアルなどの古着を探す時、中古品を取り扱っているリサイクルショップ内でも検索してみましょう。そこで商品検索すると、意外な掘り出し物が見つかるかもしれません。カテゴリーやサイズから検索できる所もあって、便利に古着を探せます。

古着ショップについては、ヴィンテージを含めた古着のカジュアルショップという店が多いようです。
それに対してリサイクルショップは、ブランド品や一般の古着のリサイクルをしている所が多いようです。

以上より一般的な服の古着は、リサイクルショップで探すほうがたくさん見つかるでしょう。服の他にも、カバンや小物、雑貨という「おしゃれな物」も見つかるかもしれません。

また、古着のリサイクルショップでは、中古品だけでなくて「タグ付き」の新品が見つかることもあります。

【まとめ記事】熱い思いがあふれている、ファッション流行の歴史

各年代に流行したファッションには、当時の人たちの熱い思いが込められています。 自由や新時代への「憧れ」。 徐々に増えてゆく「華やかさ」。