ファイナンシャル・プランナーになるために必要な資格

ファイナンシャル・プランナーの資格

ファイナンシャル・プランナーファイナンシャル・プランナーの資格については、日本では国家資格と民間資格の両方があります。
先に誕生したのは、民間資格でした。なので、民間資格の所有者のほうが多いようです。

まず、ファイナンシャル・プランナーの民間資格には、AFP資格CFP資格があります。
AFP資格は、AFP協会に加入して、指定研修の修了と試験の合格によって、資格を取得できます。
研修と試験は、どちらが先でも構いません。
CFP資格は、CPF協会が実施する試験を受けて、それに合格した後に指定研修を受けます。研修の修了と同時に資格を得られます。

国家資格は、ファイナンシャル・プランニング技能士と呼ばれている資格です。
1級から3級まであります。2級のファイナンシャル・プランニング技能士の試験は、AFPの認定試験も兼ねています。よって2級を獲得した時点で、AFP資格の試験に合格したことになります。
なお、研修については、個別に受ける必要があります。
また、CFP資格を習得している場合、1級のファイナンシャル・プランニング技能士の試験の際に、学科試験は免除されます。

国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士は、名称独占資格です。なので、資格を持っていない人が持っていると名乗ることは、法律で禁じられています。
一方、AFPとCFPについては、名称独占資格ではありません。しかし、商標登録がされています。

ファイナンシャル・プランナーになるためには、定められた試験を受けて合格して、資格を取得する必要があります。資格のない人は、ファイナンシャル・プランナーの仕事をできません。

AFP・CFP資格

ファイナンシャル・プランナーとして仕事をするには、国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士を取得する他に、民間の資格であるAFP・CFPの資格を取るという方法があります。
ちなみに、AFPは「Affiliated Financial Planner」の略です。CFPは「Certified Financial Planner」の略です。
これらの資格は、国から認定されている訳ではありません。ですが、一定の保護下にあるので、資格としては十分に機能します。

AFP資格は、AFP資格審査試験を受けて合格すると取得できます。
ただし近年では、2級ファイナンシャル・プランニング技能検定がAFP資格の試験を兼ねています。なので通常は、2級を受けた人がAFP認定研修を受けて、AFPも取得しておくという流れが一般的です。
なおAFP資格は、3級と同様に、あまり重視されていない現状と言えます。一人前のファイナンシャル・プランナーとして認知されるには、AFPの上位資格に当たるCFP資格を取ることが求められているようです。

CFP資格は、個別の学科試験があります。
試験内容は、「融資産運用設計」「不動産運用設計」「ライフプランニング・リタイアメントプランニング」「リスクと保険」「タックスプランニング」「相続・事業承継設計」の6つの分野から、出題されます。
一つの分野のみの受験も認められています。なので全て受かる自信がない人は、特定の分野のみ受けて、他については次の機会に回すという手もあります。

CFP資格を持っている人は、1級ファイナンシャル・プランニング技能士と同様に、優れたファイナンシャル・プランナーという見方をされます。ファイナンシャル・プランナーを募集する企業も、多くは1級またはCFP資格の所持者を募集しています。

ファイナンシャル・プランニング技能士

3級

3級ファイナンシャル・プランニング技能検定は、金融財政事情研究会、愛称「きんざい」のみが実施している試験です。そのために3級を受ける場合は、「きんざい」の試験のみが対象となります。
試験会場などを確認する時も、「きんざい」のウェブサイトなどで確認することになります。

3級ファイナンシャル・プランニング技能検定には、学科と実技の2つの試験があります。それぞれ6割以上の正解が、合格の条件です。
なお、一方が合格して、他方が不合格だった場合、合格した試験は、次の試験から2年後までは、その試験は免除となります。

3級ファイナンシャル・プランニング技能検定の試験内容は、基礎的なものです。

まず学科は、「ライフプランニングと資金計画」「リスク管理」「金融資産運用」「タックスプランニング」「不動産」「相続・事業承継」の6つの分野から、ファイナンシャル・プランナーとして仕事をするために、最低知っておく必要のある問題が60問出されます。
出題形式は、マークシートです。

実技では、「個人資産相談業務」「保険顧客資産相談業務」の2つの分野から一つを選び、
その一つから5問出題されます。
なお、実技試験と言っても、筆記試験です。実際に業務を行なうのではありません。
こちらはマークシートではなくて、実際に文字で記述します。

ファイナンシャル・プランナーへの第一歩

3級ファイナンシャル・プランニング技能検定は、ファイナンシャル・プランナーになるための最初の登竜門と言えます。この試験を受けて合格することで、ようやくファイナンシャル・プランナーとしてのスタートラインに立つことができます。
ファイナンシャル・プランナーを目指す人にとっては、避けて通れない試験です。

この試験で取得できる3級ファイナンシャル・プランニング技能士の資格は、2級の試験を受けるための条件の一つになっています。ある程度知識がある人も、そうでない人も、まずこの3級ファイナンシャル・プランニング技能検定に合格することを目標にする事が、多いようです。

3級ファイナンシャル・プランニング技能検定は、ファイナンシャル・プランナーの試験の中で最も簡単な試験です。それでも、その合格率は7割程度と言われています。簡単だと気を抜かずに、しっかりと基礎力を固めてから受験しましょう。

3級ファイナンシャル・プランニング技能検定に無事合格すると、肩書き上は、ファイナンシャル・プランナーの仲間入り、ということになります。
ただし、3級の資格を持っているからといって、すぐに一人前のファイナンシャル・プランナーとして扱われるかというと、そういう訳ではありません。

3級は、基本的には、2級ファイナンシャル・プランニング技能士の資格を取得するための第一歩です。その資格自体には、それほど大きな効果はないと言えます。
また、2級ファイナンシャル・プランニング技能士の資格を取るにしても、3級を必ずしも取得している必要はありません。実務経験が2年以上あれば、それで試験を受けることができます。

そうであっても、3級の取得には意味があると言えます。
まずは、3級を目標に試験勉強を行ない、それに合格したら2級、1級と徐々にステップアップするのが、勉強したり試験を受ける際、効率が良いからです。

また、どうしても早く2級以上の資格を取らなければならない事情がある人にとっては、2年間の実務経験を経て2級を受けるより、3級を受けて、その後に2級を受けたほうが早く取れます。
資格取得において、効率が良くて時間も節約できるので、3級ファイナンシャル・プランニング技能検定には、大きな意義があると言えます。

2級

2級ファイナンシャル・プランニング技能検定は、3級の試験と比較して、かなり違います。

2級と3級の試験の「大きな違い」は、その合格率と言えます。3級は平均して7割ほど合格できるのに対して、2級の場合は学科で2割ほど、実技で4割ほどの合格率になっています。
それだけ、難易度が急激に上がるということです。特に学科試験の難易度が、明らかに違います。
ただし、試験範囲が特別に広くなる、ということはありません。学科試験は、範囲自体は1級から3級まで同じです。

また、実技試験も大きく違います。3級では、「個人資産相談業務」「生保顧客資産相談業務」のどちらかを選択するという2択でした。しかし2級の場合、これが5択になります。
「個人資産相談業務」「中小事業主資産相談業務」「生保顧客資産相談業務」「損保顧客資産相談業務」「資産設計提案業務」の中から、一つの分野を選択することになります。

試験を実施する団体については、3級の試験では「きんざい」のみが実施していたのに対して、2級では「きんざい」と「日本ファイナンシャル・プランナーズ協会」の二つの団体が、実施します。
よって、申し込みは日本ファイナンシャル・プランナーズ協会のウェブサイトからも、行なえます。
なお、試験日は双方とも同じ日です。

ファイナンシャル・プランナーとして仕事をする上で、2級という資格は最低条件と言われています。3級を合格して、2級にも合格して、初めてファイナンシャル・プランナーと名乗れるそうです。

1級

1級ファイナンシャル・プランニング技能検定は、ファイナンシャル・プランナーとして一人前の証であると共に、ファイナンシャル・プランナー国家試験の到達点と言えます。

その難易度は、2級と比べ物になりません。学科試験で合格する確率は、高い年でも2割に届かず、低い年になると3%程度です。その一方で、実技試験は非常に合格率が高くて8割以上となっています。
かなりのギャップが見られます。将来的に差はなくなってゆくと思いますが、学科試験の「難易度の高さ」が際立っています。

1級では、受験資格もかなり厳しいです。2級の試験に合格して、ファイナンシャル・プランナーとして1年以上の実務が必要になります。
他の受験資格としては、5年以上実務を経験している人、厚生労働省認定・金融渉外技能審査2級の合格者で1年以上の実務経験がある人、となっています。
つまり最低でも、1年間は実務をやっていなければなりません。既にプロと呼ばれている段階でなければ、受験資格はないということです。

近年では、ファイナンシャル・プランナーの地位は、かなり上がってきています。不動産や保険の会社には、欠かすことのできない人材となりつつあります。
その一方で、認知度が増していると共に、厳しい目で見られることになります。例え2級を持っていても、あまり良い顔をされないこともあるくらいです。
もちろん1級を持っているなら、そのようなことはありません。それだけでも、1級の資格には大きな意味があります。
1級の資格は、ファイナンシャル・プランナーに信頼感と安心感を与えてくれると言えます。

試験について

試験を受ける際に確認する事、用意しておく物が、いくつかあります。

まず、試験日試験会場の確認です。何月何日に試験があるのか?確認しましょう。
試験会場は一箇所ではなくて、都道府県別に何箇所も用意されています。なので、自分の家から一番近い試験会場を調べて、そこで受験するようにしましょう。
当日道に迷わないように、事前に下見をしておくと良いでしょう。

次に、受験料を用意しましょう。学科の料金、実技の料金を用意します。

以上の事を確認して用意したら、次は「申し込み」を行ないます。
検定の申し込み方法には、郵送やインターネットなどがあるようです。それぞれの申し込み方法において、必要事項を記入していきます。
なお最近では、「インターネットでの申し込み」が主流となっているそうです。

これらの「申し込み」を終えたら、ファイナンシャル・プランナーの試験を受験できます。

試験に慣れておきましょう

ファイナンシャル・プランナー試験に合格するには、やはり地道に勉強して基礎力を付けることです。予備校や専門学校に通っている人なら、指示通りの勉強をしておけば自然に身に付きます。通信講座でも同様でしょう。
独学で問題集や参考書を使って勉強している人の場合、真面目に取り組んでゆけば、数ヶ月以内に資格の知識が身に付くでしょう。

なお、試験を受けるということより、試験慣れしておく必要があるでしょう。試験会場で、しっかりと解答できる必要があるからです。
そういう意味では、学校に通っている人は、模擬試験を受けることもできるので有利と言えます。
独学で学んでいる人は、出来るだけ試験会場の雰囲気に近い状態にして、過去問を解くといった方法で慣れておきましょう。例えば図書館などの人が多い場所で問題を解くと、試験会場の雰囲気に近いと思います。

ファイナンシャル・プランナーになるには、難しいかもしれません。しかし、ぜひ資格を取得してください。

※この記事は2008年当時の記事になります。
 資格試験の最新の内容については、試験を実施する各機関に、お問い合わせください。