ビタミンCが豊富、ローズヒップの実

ローズヒップ

ローズヒップは「酸味」があって「爽やかな香り」が特徴と言えます。

栄養が豊富で、

ビタミンCについては「レモンの20倍から30倍」も含まれている

と言われています。
ビタミンA・ビタミンB・ビタミンEなども、豊富に含まれています。
このようなビタミンが豊富に含まれているので、美肌の効果があるとされています。「シミ・そばかす」などの予防を期待できます。

このように肌に良いとされているローズヒップは、アロマにも利用されています。ローズヒップを使ったアロマオイルは、新陳代謝を活発にして、肌の組織の損傷を回復させます。そして組織を保護するという効果を、期待できます。

さらに美容だけでなく、利尿作用や肝機能の改善という効果も期待できて、「むくみ」の改善も期待できます。

なお、ローズヒップの取り方でシンプルな方法と言えば、ローズヒップティーにして飲む方法になります。

豊富なビタミンC

肌に良い食材として、ローズヒップがあります。これは「ドッグローズ」というバラ科の植物の実です。

別名に「ビタミンCの爆弾」という名前がついています。そう言われるくらいに、ビタミンCが豊富です。しかも、普通のビタミンCは熱を加えると壊れてしまうのに対して、ローズヒップのビタミンCは壊れにくいです。よって、体内に効率良く摂取できます。
また、お茶として飲むと、ビタミンCが豊富なので「美容に良い飲み物」となります。

ビタミンCが豊富なローズヒップは、カサつきがちな肌の健康維持に良いです。サラダにして食べたりもできるので、どんどん食べましょう。

ところで体全体の約5%、肌の内側にある真皮という部分では、約70%がコラーゲンでできています。

このコラーゲンの安定を保つためには、ビタミンCが必要不可欠だそうです。

「お肌にとっては、ビタミンCが大切」と言われていますが、肌に重要なコラーゲンを保つために大切と言えます。

ローズヒップの実を食べましょう

ローズヒップ肌の健康に良いローズヒップの実は栄養豊富なので、例えばカレーを作る時に「野菜代わり」に入れたりしても良いです。
特別、美味しくなるということはありません。しかし味に影響を与えないので、たくさん摂取できます。ちょっと「おすすめの食べ方」です。

一般的にローズヒップは、乾燥した状態で販売されています。実を「そのままの形」で乾燥させた物をファインカットと言って、細かい顆粒になっている物があります。

ファインカットなら顆粒なので、ふやけて残った実もスプーンですくって残さず食べられます。ふにゃふにゃの実が、とても美味しいということです。

タイトルとURLをコピーしました