保険料の節約も可能、火災保険

火災は、大切な財産を根こそぎ奪ってしまう災害と言って良いでしょう。ニュースなどで火災現場の映像を見ると、かなりの恐怖を感じます。

家を守る万が一、火災によって住宅や家財を損害した時、それらを補償してくれる保険として火災保険があります。
火災保険は、火事で家が燃えた時に被害を受けた建物や家財に対して、お金が支払われる保険です。一家の財産を補償してくれる頼もしい存在と言えます。

なお、住宅用の火災保険では、建物と家財、それぞれの契約をする必要があったりします。明記していない事については、基本的に補償の対象外となるようです。

火災保険を使える事例

この火災保険は、実は様々な場面で使える保険と言えます。例えば、火災保険を使える事例の一つに、「隣の家の火事が、自宅に燃え移った場合」があります。隣の家の火事によって自分の家が燃えてしまうなんて、とても「やりきれない災害」だと思います。

火災保険に入っていれば、もらい火に対する補償をしてもらえる場合があります。自分の家が火事を起こさないように気をつけていても、他の家が火事になってしまう可能性があります。もらい火で自分の家が火災になっても、自分の住宅や家財を補償してもらえる事は、とても助かります。

その他にも、例えば盗難時に火災保険を使える場合があります。「マンションの駐輪場に置いてあった自転車が、盗まれた場合」などです。お気に入りの自転車を盗まれたら、がっかりします。ですが火災保険で補償してもらえるなら、少しは救われる気がします。

なお、地震による火災は、火災保険の対象外になるそうです。契約時、このような対象外になる場合について、よく理解しておきましょう(保険の専門家と相談してください)。

火災保険の節約

ところで、火災保険の保険料を節約したいと思っている人が多い、と思います。
自分の住んでいる家について、割引を利用できるか調べてみましょう。

例えばオール電化の自宅では、ガスよりも火災の可能性が低いため、保険料が安くなったりします。

特約においては、火災水災不担特約があります。洪水や床上浸水、土砂崩れ・高潮などの火災に対する保険金を支払わない、という特約です。この特約をつけると、保険料が割り引かれます。

あと、火災保険の種類によっては、「雪」や「ひょう」による損害も補償されます。
しかし、もしも鉄筋コンクリートの建物に住んでいる場合、「雪」や「ひょう」に関する補償を外すことを検討しましょう。

※火災保険料の節約については、保険の専門家と相談してください。

副収入
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム