気分転換できる!気合メイク

「気合メイク」とは

以前に「気合メイク」という言葉を聞いたことがありました。「普段メイク」とは、どこが違うのでしょうか。

「気合メイク」について具体的に言うと、一つはベースメイクを丁寧にして、綺麗な肌に見せるようにします。
もう一つはアイメイクに力を入れて、パッチリとした目元を作ります。「目ヂカラ」という言葉があります。目元の演出は、メイクに欠かせないものと言えます。

化粧している女性化粧品の「ある市場調査(2007年当時)」では、マスカラやリップクリームなど、ポイントを絞ったスポットケアに注目が集まっている、という結果が出たそうです。目元や口元などの部分に関心を持っている人が多かったそうです。
ある部分にこだわったメイクは、今後注目してみる価値が十分にあると言えるでしょう。

ただしそうは言っても、基礎の化粧・ベースメイクも大事です。ある人が言うには、女優さんのような綺麗な肌になりたいならベースメイクをきちんとしましょう、という事だそうです。

なおベースメイクをする際、厚塗りしないように気をつけましょう。適度に塗ることで、肌の「くすみ」を消せます。「肌の輝き」を感じられる程度に塗るだけで充分です。

「ベースメイクの仕上げ」では、 TゾーンやCゾーンのメイクを行ないます。TゾーンやCゾーン(眉尻の下から目尻を囲んだ部分)には、ホワイトのフェイスパウダーを塗ります。パウダーの塗り具合は、「目の周り」と「あご先部分」ではほんのりぼかしておきましょう。

透明感のある肌にしたいと思っている方は、コントロールカラーがブルーの物を選んでみましょう。
一方、肌の血色が悪いというイメージを防ぎたい方は、コントロールカラーがオレンジまたはアプリコットを選んでみましょう。
このように「それぞれのコントロールカラー」を化粧下地の代わりに使うことで、肌の印象を変えることができます。

「気合メイク」をする状況

実際に「気合メイク」をするシチュエーションについては、あるアンケートによると、1位は「パーティなど人が集まる場所に行く時」でした。デートの時でないところが、ちょっと面白い結果です。
その他の回答では、「気分がいい時」「新品の服を着る時」「季節の変わり目」などがありました。
以上のことより、メイクすることは気分転換の一つとも言えるでしょう。

なお、あまりにも気合を入れすぎて化粧したら、周りから浮いてしまうかもしれません。特に初めて会う人に対しては、気をつけましょう。第一印象は、かなり大切だからです。

気分や効果

「気合メイク」をした場合、どんな気分や効果を得られるでしょうか。
あるアンケートによると、「いつもと違う気分」「仮面を被ったような気分」「違った自分を出せる気がする」という回答がありました。
他にも「自信がつく」「いろんな人に会いたくなる」という回答がありました。

メイクすることは気分転換になり、積極的にもなるようです。

この利点を、ぜひ普段の生活に活かしたいです。

フェイスケア
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム