魚料理の圧力鍋レシピ

イカの詰め物・白ワイン蒸し

スルメイカ

スルメイカ

圧力鍋を使った「イカの詰め物・白ワイン蒸し」のレシピを、ご紹介したいと思います。

材料(2人分)

  • スルメイカ・・・(小)2杯。
    イカは、小ぶりな物を用意します。

材料・詰め物

  • 玉ねぎ・・・1/4個。
  • ゆで卵・・・1/2個。
  • ベーコン・・・40g。
  • 刻みパセリ・・・大さじ1の分量。
  • パン粉・・・1/2カップ。
  • 塩、コショウ・・・それぞれ少々。
  • スープ・・・カップ1(固形スープの素1 + 分量の水)。
  • 白ワイン・・・カップ1。
  • 水溶き小麦粉・・・大さじ1。
  • 油、小麦粉・・・少々。
  • 黒オリーブ(用意できる場合)・・・6個。
  • 刻みパセリ・・・大さじ1。

作り方

  1. まずは、「下ごしらえ」をします
    詰め物にする玉ねぎ・ゆで卵・ベーコンを、全てみじん切りにします。
  2. スルメイカの「足」と「わた(イカの肝)」を抜いて洗い、皮をむきます。そして軽く塩・コショウを振ります。
    スルメイカの胴の水気を拭いて、中に小麦粉を振ります。足を、みじん切りにします。
  3. ここから調理を始めます
    フライパンに油を「大さじ2」入れて熱します。
    刻んだイカの足と、玉ねぎ・ベーコン・ゆで卵・刻みパセリ・パン粉を順に炒めます。
    塩・コショウをして、バットに広げて冷まします。
  4. (2)のイカの胴の中に、(3)をイカの半分くらいまで詰めていきます。
    イカの口を「つま楊枝」で留めて、軽く押さえて形を整えます。
    イカ全体に楊枝で穴をあけます(火をよく通すため、破裂させないため)。
  5. 圧力鍋に油を「大さじ1」入れて熱します。(4)のイカの胴を返しながら、全体を焼き付けます。
  6. (5)にスープと白ワインを加えます。「ふた」をして強火にかけます。
    圧力がかかってきたら弱火にして、10分ほど加圧して火を止めます。自然に圧力が下がるのを待ちます。
  7. 圧力が下がったら、「ふた」を開けます。煮汁に水溶き小麦粉を加えて、「とろみ」をつけます。
    そして、パセリを散らします。
  8. (7)のイカを輪切りにします。そして、黒オリーブを飾って出来上がりです。

ボリュームがある、「見栄え」のする一品です。なので「おもてなし」の料理として、作っても良いでしょう。

イワシのトマトソース煮

圧力鍋を使った「イワシのトマトソース煮」のレシピを、ご紹介したいと思います。

材料(2人分)

  • イワシ・・・4尾。
  • トマト(完熟)・・・1個(ホールトマト缶200mlでも良いです)。
  • ベーコン・・・2枚。
  • 玉ねぎ・・・1/2個。
  • ニンニク・・・1/2片。
  • パセリ(みじん切り)・・・適量。
  • 小麦粉・・・適量。
  • 塩、コショウ・・・それぞれ少々。
  • オリーブオイル・・・大さじ2。
  • 水・・・1/2カップ。
  • ローリエ・・・1枚。

作り方

  1. まずは、「下ごしらえ」をします
    イワシの頭と内臓を取り除いて、手開き(下記参照)にします。
    塩・コショウをした後、小麦粉をまぶします。
    (イワシの手開き)について。
    イワシの腹を上にして、両手で持ちます。頭の付け根の部分をそらせて、骨をポキンと折ります。そのまま引いて「はらわた」ごとズルッと引き出して、頭をちぎり取ります。
    流水でよく洗います。水気を拭き取ります。
    イワシの「お腹の中」の中骨の上に、両手の親指を差し入れます。
    両側へ指を滑らせながら、しごくようにして身を開いていきます。
    尾の付け根で、中骨を内側にポキンと折ります。
    中骨を頭のほうへ戻すようにゆっくりと引いて、身からはがします。
  2. ベーコンを7mm幅に切ります。
  3. トマト・玉ねぎ・ニンニクを、みじん切りにします。
  4. ここから調理を始めます
    圧力鍋にオリーブオイルを入れて熱して、(1)のイワシをこんがりと焼きます。そして、いったん取り出します。
  5. (4)の圧力鍋に、みじん切りしたニンニクを入れて「香り」を出します。
    玉ねぎ・ベーコンを加えて炒め合わせます。
  6. (4)のイワシを鍋に戻して、トマトと分量の水、ローリエを加えます。
  7. 「ふた」をして強火にかけます。圧力がかかってきたら弱火にして、3分ほど加圧します。
    そして火を止めます。自然に圧力が下がるのを待ちます。
  8. 圧力が下がったら、「ふた」を開けます。中火にかけて、塩とコショウで味を調えます。
  9. 器に盛って、パセリの「みじん切り」を振りかけて出来上がりです。

圧力鍋を使えば、イワシの小さな骨なら食べられるくらいに柔らかく煮込めます。
ベーコンを加えたトマトソースなら、背が青い魚が苦手な方でも美味しくいただけるでしょう。

サバとベーコンのワイン煮

圧力鍋を使った「サバとベーコンのワイン煮」のレシピを、ご紹介したいと思います。

材料(2人分)

  • サバ(切り身)・・・1/2尾。
  • ベーコン・・・2枚。
  • トマト・・・1/2個。
  • 玉ねぎ・・・1/2個。
  • オリーブオイル・・・大さじ2。

材料・調味液

  • スープ・・・1/2カップ(固形スープの素1/2個 + 分量の水)。
  • 白ワイン・・・1/2カップ。
  • ローリエ・・・1枚。
  • 塩、コショウ、小麦粉・・・適宜。
  • 刻みパセリ・・・適宜。

作り方

  1. まずは、「下ごしらえ」をします
    サバを4等分の「そぎ切り」にします。全体に塩・コショウを軽く振ります。
    小麦粉を薄くまぶして、余分な粉をはたいておきます。
  2. ベーコンを「8mmの長さ」に切ります。「トマト」「玉ねぎ」を、みじん切りにします。
  3. ここから調理を始めます
    圧力鍋にオリーブ油を入れて熱します。(1)のサバを入れて、両面をこんがりと焼きます。
    そして、いったん取り出します。
  4. (3)の圧力鍋で、ベーコンをさっと炒めます。そして、「玉ねぎ」を加えて炒め合わせます。
  5. (4)にトマトを入れて、1分から2分ほど炒めます。トマトをスープ、白ワインで伸ばします。
    (3)のサバを戻して、ローリエを加えます。
  6. 「ふた」をして強火にかけます。圧力がかかってきたら弱火にします。
    3分ほど加圧して火を止めます。自然に圧力が下がるのを待ちます。
  7. 圧力が下がったら、「ふた」を開けます。中火にかけて、塩・コショウで味を調えます。
    少し煮詰めます。煮汁が少なくなってきたら、小麦粉の水溶き(大さじ1/2)で、「とろみ」をつけます。
  8. 器に盛って、刻んだパセリをたっぷりと散らして出来上がりです。

サバやサンマ、イワシという青い背の魚は、健康に良いと言われています。ですが、食べるのが苦手な人は多いようです。ベーコンと白ワインと一緒に煮込むことで、「魚臭さ」が気にならなくなります。そんな魚料理なら、苦手な人もいただけるでしょう。
そして「小さな子供」から「おじいちゃん」「おばあちゃん」まで、美味しく食べられると思います。

白身魚のワイン蒸し

圧力鍋を使った「白身魚のワイン蒸し」のレシピを、ご紹介したいと思います。

材料(2人分)

  • 白身魚(切り身)・・・2切れ。
    鯛(たい)、鱈(たら)などです。鮭でも美味しいです。
  • 白ワイン・・・200ml。
  • 玉ねぎ・・・1/4個。
  • マシュルーム・・・4個。
  • トマト・・・1/2個。
  • パセリ・・・少々。
  • 塩、コショウ・・・それぞれ少々。
  • バター・・・5g。

材料・調味料

  • バター・・・10g。
  • 生クリーム・・・100ml。
  • 塩、コショウ・・・少々。
  • 付け合せ(クレソン、チャービルなど)・・・適宜。

作り方

  1. まずは、「下ごしらえ」をします
    白身魚に、塩・コショウを振ります。
  2. 玉ねぎ・マシュルーム・トマト・パセリを、みじん切りにします。
  3. ここから調理を始めます
    圧力鍋に、バターと下味をつけた白身魚を入れます。白ワインを注いで、ひと煮立ちさせます。
  4. 「ふた」をして強火にかけます。圧力がかかってきたら弱火にして、2分ほど加熱します。
    そして火を止めます。自然に圧力が下がるのを待ちます。
  5. 圧力が下がったら、「ふた」を開けます。魚だけを取り出して、器に盛ります。
  6. 残った煮汁に「調味料の材料」を加えて、味を調えてソースを作ります。
  7. 魚にソースをかけて、付け合せの野菜を添えて出来上がりです。

ご自宅で作れる、本格的なフランス料理と言えるでしょう。いつもの「切り身の魚」が、おしゃれな料理に変身です。「おもてなし」の料理にもなります。
白身魚については、鯛(たい)や鱈(たら)など、お好きな物使ってください。

ブリと大根のピリ辛煮

圧力鍋を使った「ブリと大根のピリ辛煮」のレシピを、ご紹介したいと思います。

材料(2人分)

  • ブリ(切り身)・・・2切れ。
  • 大根・・・6cm。

材料・調味料

  • だし汁・・・200ml。
  • 酒・・・大さじ2。
  • ごま油・・・小さじ2。
  • 味噌・・・小さじ2。
  • 砂糖・・・大さじ1。
  • 塩・・・少々。
  • 粉唐辛子・・・小さじ1。
  • ニンニク、ショウガ・・・それぞれ少々。

作り方

  1. まずは、「下ごしらえ」をします
    ブリの切り身「1切れ」を、2つに「そぎ切り」にします。
  2. 大根の皮を厚めにむきます。「2cmの厚さ」の半月切りにして、面取りをします。
  3. ニンニク、ショウガを、すりおろします。
  4. ここから調理を始めます
    圧力鍋に、「ブリ」と「調味料の材料」を入れます。
  5. 「ふた」をして強火にかけます。圧力がかかってきたら弱火にします。
    5分ほど加圧して火を止めます。自然に圧力が下がるのを待ちます。
  6. 圧力が下がったら、「ふた」を開けます。味を確認しながら、お好みの味になるまで煮詰めます。
    盛り付けて出来上がりです。

定番のブリ大根に唐辛子を加えて、ピリ辛に仕上げます。この「ピリ辛」と「ごま油の香り」によって、食欲をそそる一品になっています。ホッカホカのご飯と一緒に食べましょう。

ふっくら煮タコの木の芽添え

圧力鍋を使った「ふっくら煮タコの木の芽添え」のレシピを、ご紹介したいと思います。

材料(2人分)

  • 生タコ・・・300g。
  • 塩・・・少々(タコの「ぬめり取り用」)。
  • 木の芽・・・適量。

材料・調味料

  • 薄口しょうゆ、酒・・・各大さじ2。
  • みりん・・・大さじ1。
  • だし汁・・・200ml。

作り方

  1. まずは、「下ごしらえ」をします
    生タコを一口大に切ります。塩を振ってよくもんで、水で洗って「ぬめり」を取ります。
  2. ここから調理を始めます
    圧力鍋に、切った生タコと「調味料の材料」を入れます。
  3. 「ふた」をして強火にかけます。
  4. 圧力がかかってきたら弱火にして、5分ほど加圧します。
  5. 火を止めて、自然に圧力が下がるのを待ちます。
  6. 圧力が下がったら、「ふた」を開けます。
  7. 器に盛って、木の芽を添えて出来上がりです。

このような煮タコの料理は、圧力鍋が得意とする料理です。圧力鍋の初心者にも作っていただきたい、簡単な圧力鍋の料理です。
「木の芽の香り」を楽しみながら、ふっくらとやわかく煮たタコを召し上がってください。