フラッシュメモリのデータ復元

SDカードのデータ復元

写真データを削除

操作ミスで、写真を削除してしまった。。。

例えば操作ミスなどによって、デジタルカメラの画像ファイルを消してしまうことは、よくあることです。

旅行で撮った大切な写真の画像ファイルを間違えて削除してしまった、1コマだけ消すつもりが誤操作で全て消してしまった、というミスがたまにあります。
SDカードをフォーマットしたら、そのSDカードに大切な画像ファイルが入っていた、ということもあります。

実は、このように誤って画像ファイルを消した時でも、画像データを復元できる可能性があります。
復元する手段としては、市販のデータ復元ソフトや、復元してくれる業者などがあります。
(復元できない場合もあります。ソフトの説明書を読んだり業者に相談したりして、ご確認ください)。

データを復元できる状態

ところで、なぜ消してしまった画像データを復元できるのでしょうか。

例えばデジタルカメラで写真を撮ると、画像の他に、その画像がメディア内の「どこに保存されているか」を示すインデックスデータが作成されます。
画像データを削除するという操作は、

このインデックス部分のデータに対して、削除という情報を書き込むことになります。

この時点では、「画像データそのもの」は残っています。なので、この時点で復元ソフトを使用すれば、その画像データを復元できます。

もう少し詳しく言うと、インデックス部分のデータに「削除の情報」が書き込まれた時、そのインデックスデータと関連があった画像は、デジタルカメラやパソコンからは隠れた状態になっています。
よってデジタルカメラやパソコンからは、画像データが存在していないように見えます。だけど実際には、「画像データそのもの」は存在しています。

しかしその後再び撮影して、先程の「画像データそのもの」が上書きされた場合は修復不可能となります。

なお、市販のデータ復元ソフトを使ってもデータを復元できなかった場合、データ復元の専門業者に依頼すれば、失ったデータを復元できるかもしれません。自分でやるよりも、高い確率で復元してもらえると思います。
しかしこの際、料金が発生します。「データの大切さ」と「費用(金額)」を比べて、依頼するかどうか判断する事になるでしょう。

データ保管に便利なUSBメモリ

USBメモリーUSBメモリは、SDカードと同じフラッシュメモリです。容量が大きいUSBメモリもあるので、データのバックアップにも利用されています。

USBメモリは、持ち運びやすくて便利です。なのでデータを受け渡すメディアとして、幅広く使われています。例えばハードディスク内の「ちょっとしたデータ」をコピーして持ち運ぶ際、便利です。

しかし、「持ち歩き」の際に発生する衝撃などによって破損したり、ディスク内部のデータが初期化されたりという障害が、発生しているようです。
フラッシュメモリの特性上、使用している途中で、データが初期化されてしまうことが起きるようです。

USBメモリのデータが消失した際、まずはデータ復元ソフトを使ってみましょう。データを取り戻せる可能性があります。

データ復元の専門業者

自分の力ではUSBメモリのデータを復元できない時、

データ復元の専門業者に依頼すれば、データを復元できる場合があります。

USBフラッシュメモリのデータを復元できる業者は、数多くあります。市販のデータ復元ソフトを使ってもデータを復元できない場合は、専門業者に依頼することを検討しましょう。

フォーマットした場合にも対応

専門業者なら、メモリをフォーマットしてしまった場合や、フォーマットした後に新たにデータを保存した場合でも、データの復元が可能だそうです。

フラッシュメモリ内のデータを削除した場合では、ハードディスク機器と同じくメモリ内の構成情報を再構成することで、以前のデータを復旧することが可能ということです。
また、電気的衝撃や外部衝撃、浸水などによってメモリが破損した場合も、メモリ内部のデータを取り出して復元することが可能です。

成功報酬制を選びましょう

費用については、物理障害の場合などは結構「高額」だそうです。
なのでデータの復元業者を選ぶ際は、成功報酬制を採用している業者を選びましょう。成功報酬制とは、データを復旧できない場合は、費用が発生しないという報酬制のことです。



タイトルとURLをコピーしました