【まとめ記事】気分を上々にする、美味しいコーヒー

美味しいコーヒー

バリスタ

コーヒー愛好家の方は、それぞれに美味しいコーヒーを知っていると思います。こだわりの味を楽しんでいると思います。

ところで美味しいコーヒーについて、一つの意見があります。
その意見では、コーヒー1gに対して、水が17gという割合がベストバランスだそうです。
自宅で美味しいコーヒーを作ってみたい方は、この割合を参考にしてみるのも良いでしょう。

余談になりますが、コーヒーは他の飲み物を美味しくしてくれるものと言えます。
私は子供の頃から、牛乳が苦手で飲むのに苦労していました。ですがコーヒー牛乳なら、問題なく飲めました。

なので大人になった今でも、牛乳だけを飲む事はほとんどありません。
そんな私でも、コーヒーを飲む時、少量の牛乳を入れて飲む事が多いです。コーヒーと一緒に少量の牛乳を飲む、という感じです。
コーヒーのおかげで苦手な牛乳を、ちょっとだけ飲むことができています。

美味しいコーヒーを飲めるカフェ

コーヒーを飲む場所として、家やオフィスが多いかもしれません。だけど雰囲気よく美味しいコーヒーを飲みたいなら、カフェに出かけることになるでしょう。

「カフェ」という言葉は、もともと「コーヒー」を意味しています。その意味が少しずつ変わってゆき、コーヒーを提供する場所の名前として定着しました。
フランスのパリでは、カフェ発祥の地と言われるほど、カフェがたくさんあります。

コーヒーという飲み物は、世界中の人々から愛されている飲み物と言えます。なので、いろんな国の街角にカフェやコーヒーショップが見られます。そして大手のコーヒーチェーンなどは、ビジネス的に大成功を収めています。

余談ですが、「禁煙席」や「オープンテラス」、「テイクアウト」という飲食店サービスは、ある都市の小さなコーヒーショップが最初に実施したという説があります。当時では、オリジナリティあふれる画期的なサービスだったそうです。

そして現在でも、それぞれのコーヒーショップやカフェが、顧客を獲得するためにサービスの向上を追い求めています。だから私たちは、街角で手軽に美味しいコーヒーを飲めると言えます。

美味しくコーヒーを飲める場所・カフェ

カフェの発祥の地は、フランスのパリと言われています。 そんなパリでは、多数のカフェ店が街路に面して存在しています。

バリスタが作ったコーヒー

カフェには、バリスタという職業があります。
バリスタとは、コーヒーを淹れる専門家のことです。バリスタは、その日の温度や湿度、コーヒー豆の状態によって、コーヒーの味を調整します。

カフェでコーヒーを飲むなら、バリスタがいるカフェを選びましょう。そのほうが、美味しいコーヒーを飲めます。

ひと味違う美味しさ、バリスタが作ったコーヒー

コーヒーを作る専門家のバリスタは、その日の気温や湿度、コーヒー豆の状態などを確認して、ベストなコーヒーを作ります。 それは「一味違う美味しさ」のコーヒーと言えま…

淹れたてのコーヒーを作る、エスプレッソマシン

自宅でも、淹れたてのコーヒーを飲みたい。
そんな「願い」を叶えてくれるコーヒーメーカーがあります。家庭用のエスプレッソマシンです。

この機械があれば、本格的なエスプレッソを楽しめます。これさえあれば朝起きた時、淹れたてモーニングコーヒーをササッと作れます。自宅で飲むコーヒーだけど、ちょっと格別でしょう。

もしかしたら、エスプレッソマシンは「ぜいたく品」と思われるかもしれません。だけど毎日コーヒーを飲む人にとっては、日常生活において活用できる調理家電と言えます。
コーヒー好きなら、ぜひ持っておきたい家電と言えます。

ちなみにコーヒーについては、コンビニに行けばペットボトルや缶に入っている物が売られています。
それらは手軽に買えるし結構美味しいですが、1杯当たりの金額でみると費用が掛かっている、と思われる場合もあります。

節約という面では、自分でコーヒーを作るほうがお安い可能性があります。

自宅で淹れたてコーヒー、家庭用エスプレッソマシン

家庭用エスプレッソマシンを使うと、自宅でも「美味しい淹れたてのコーヒー」を飲めます。 淹れたての「コーヒーの香り」は素敵です。とてもリラックスできます。

気分をスッキリさせる、目覚ましコーヒー

朝起きたら一杯のコーヒーを飲む、会社に着いたらまず自分でコーヒーを淹れるなど、「目覚まし」のためにコーヒーを飲む習慣がある方は多いでしょう。

朝、コーヒーを飲んで頭をスッキリさせる人は実際に多いようです。その理由は、コーヒーに含まれているカフェインによる覚醒作用を期待しているからです。この覚醒作用により、集中力や記憶力を高めることができます。

カフェインについては、取り過ぎると良くないとも言われています。だけど適量の摂取なら、心地良く目覚めるのに役立ちます。

自宅でも、美味しい目覚ましコーヒーを飲みましょう

自宅でも「美味しいコーヒーを飲みたい」と思ったりします。そんな時、煮沸した水を使ってみましょう。 アイスコーヒーを作る際、煮沸した水を使うほうが味が美味しい、と…

コーヒーを美味しく飲むための食器

洋食器のコーヒーカップ

洋食器のコーヒーカップは、通常、飲み口は狭くて、どちらかというと縦長です。

コーヒーカップの飲み口が狭く作られているのは、コーヒーが冷めないようにするためです。または、「コーヒーの香り」が飛んでいかないようにするため、という説もあります。

コーヒーは紅茶と違って、あまり高温で作らないそうです。コーヒーは、お湯の温度がそれほど高くなくても、味は変わらないです。よって、すぐに飲みやすい温度で用意するのが一般的です。

だけど日本では、熱いコーヒーが用意されたりします。日本の「お店」では、結構熱いコーヒーが出てきたりします。

飲み口が狭い形のコーヒーカップをお持ちなら、すぐに飲める温度のコーヒーを作りましょう。そのようなコーヒーでも、「味」と「香り」を十分に楽しめるからです。

心地良く飲める「洋食器のコーヒーカップ」

洋食器のコーヒーカップは、一般的に飲み口が狭い形になっています。 飲み口が狭く作られているのは、コーヒーが冷めるのを遅らせるためと言われています。

デミタスカップ

デミタスカップは、主にエスプレッソを飲む時に使うカップです。食後に使用する物で、大きさは通常のコーヒーカップの半分程度です。

エスプレッソは濃い飲み物なので、この小さなデミタスカップは「ちょうどいい大きさ」です。濃い飲み物をたくさん飲むのは、ちょっとツラいからです。
エスプレッソを味わう際は、小さなデミタスカップを用意しましょう。

容量が半分のコーヒーカップ、デミタスカップ

デミタスカップは、通常のコーヒーカップの「半分ほどの大きさ」です。食後などに使用されるカップです。 デミタスという名前の由来は、フランス語で「デミ」が半分という…

気分を良くするだけじゃない、コーヒーの健康作用

私事ですが先日体調を崩して、コーヒーを飲むのを控えていました。
ですが体調が回復して、約8日ぶりにコーヒーを飲みました。
久しぶりの味、やっぱり美味しいです。コーヒーを美味しく感じられる、そんな健康な体に感謝です。

コーヒーは単なる飲み物ですが、健康に良いと言われています。
コーヒーの成分では、カフェインが有名です。このカフェインには、いくつかの効能があります。

カフェインの効能

一般的には覚醒作用利尿作用興奮作用が知られています。その他にも「自律神経の働き」を安定させたり、集中力を高めたり、運動能力を向上させたり、と様々な効果があります。

このカフェインは、アルカロイドと呼ばれる化合物の一種です。これらのアルカロイドは、頭痛、眠気、疲労感、解熱鎮痛作用、覚醒作用があります。
また、薬にも使われている成分のため、カフェイン飲料にも同様の作用があると考えられます。

カフェインは、適度な量で効果を得られます。もしも摂取しすぎると、逆効果になることもあります。カフェインの過剰摂取には、注意が必要です。

健康維持に役立つ、コーヒーの健康作用

コーヒーには健康作用がある、とされています。 例えば血流を良くする作用、善玉コレステロールを増やす作用がある、と言われています。

ダイエットで飲むコーヒー

コーヒーは健康に良い飲み物と言われています。そして、ダイエット効果を期待できる飲み物とも言われています。
コーヒーには、カフェインが含まれています。そのカフェインには、基礎代謝を上げる作用があります。脂肪を燃焼しやすくしてくれます。

コーヒーを飲んでダイエットする方法

ここでは、コーヒーでダイエットする方法について考えたいと思います。

まず、コーヒー豆の選び方については、浅炒りの豆が最適です。
飲む時は、砂糖を入れないでください。ブラックコーヒーで飲むのが苦手な場合は、牛乳だけを入れて飲んでください。
必ずホットコーヒーを飲んでください。アイスコーヒーは、便通を悪くするからです。

コーヒーを飲むタイミングは、食後に飲むようにしてください。
または、入浴や運動の前にコーヒーを飲むのも効果的です。

ダイエットに役立つカフェインは、3時間ほどで体内から消えてしまいます。なので、1日4〜5杯を目安に飲むと良いです。

ただし、コーヒーを飲むだけでは痩せないと思います。バランスの良い食事を取り、適切に運動することも必要です。

基礎代謝の向上を期待、ダイエットで飲むコーヒー

コーヒーに含まれているカフェインは、基礎代謝を上げてくれます。 よって、体の中に溜まっている脂肪をエネルギーとして消費させる働きを期待できます。