【まとめ記事】意外と健康やダイエットに良い、チョコレート

健康に良い成分「カカオ・ポリフェノール」

チョコレート

チョコレートは、血圧を下げる食品として有名だったりします。ちなみに、ココアも同じように有名です。

チョコレートやココアには、カカオが豊富に含まれています。カカオは、血圧を下げる効果のあるポリフェノールを含んでいます。

高血圧の方は、チョコレートやココアを食べたり飲んだりすると良いです。
ただし、食べる量は適量にしてください。毎日大量に食べるのは、かえって健康に悪いです。

ここでカカオポリフェノールについて補足すると、このカカオポリフェノールは、老化の原因である活性酸素を除去します
その他にも、カカオポリフェノールは「動脈硬化の予防」や「がんの予防」、「生活習慣病の予防」にも効果を期待できます。

健康に良い成分「カカオ・ポリフェノール」

チョコレートの成分であるカカオは、ポリフェノールをたくさん含んでいます。 なので血中のコレステロールが酸化することを抑えて、動脈硬化を予防します。

チョコレートでダイエット

チョコレートを用いるダイエットの一つに、モデルダイエットがあります。これは、元カリスマモデルが語る、モデルの間で知られた秘密のダイエット法です。

モデルダイエットの方法は、とても簡単です。すぐに実践できます。

まず、朝食の「おかず」として、2枚のチョコレートを食べます。
チョコレートを食べるという発想は意外かもしれませんが、カカオを使ったチョコレートで基礎代謝量を増やします

朝食のチョコレートと同時に、筋肉の素であるタンパク質と、老廃物を排出する食物繊維も朝ご飯で摂取します。

モデルダイエットのポイントは、食物繊維を取って老廃物の排泄を促し、腸を活性化させつつ、代謝効率の良い体を作ることです。

なお、チョコレートを食べた後、生姜湯を飲むと良いです。生姜は、代謝能力を高める効果を期待できるからです。

カカオが70%以上のチョコレートで、ダイエット

チョコレートは、ダイエットに意外な効果を期待できる食品です。
チョコレートに含まれているレプチンやアディポネクチンといった成分には、食欲を抑制する効果があります。

食欲を抑えるためにチョコレートを食べる場合、食前に食べます。
食べ方のコツは、時間をかけてゆっくり食べることです。

なおダイエット目的でチョコレートを食べる場合、カカオ含有量が70%以上のチョコレートを食べることが望ましいです。

カカオが70%以上のチョコレートで、ダイエットしましょう

カカオが70%以上のチョコレートは、ダイエット目的で食べて良いです。 以下のようなダイエット効果を期待できます。 食欲抑制。 基礎代謝の向上。 便秘解消。

ダイエット中に食べて良いビターチョコレート

ダイエット目的のビターチョコレートとはカカオ成分が70〜90%で、通常、砂糖は少なく、苦味が強いチョコレートです。

ダイエット中の食べ方は、食事の20分ほど前の「お腹」が空いた時に、ゆっくりと少量ずつ食べます。
この食べ方は、満腹中枢を刺激します。よって、食べ過ぎを防ぎます。

ダイエット中に食べて良いビターチョコレート

チョコレートダイエットとは、3度の食事を取り、さらにチョコレートも食べるというダイエットです。 食事の前に、カカオ含有量が70%以上のビターチョコレートを食べます。

生チョコレート

チョコレートの中でも特に贅沢なのが「生チョコレート」です。

生チョコレートは、チョコレート生地に洋酒や生クリームを混ぜて作るので、普通のチョコレートとは全く違う味わいです。チョコレートの「なめらかな口当たり」と「味わい」に、思わず笑みがこぼれます。

生チョコレートには、定番のミルク、ホワイトチョコレート、ビターから、抹茶、ラム酒、ココナッツなど、さまざまな種類があります。

口当たりは滑らか、美味しい生チョコレート

生チョコレートとは、普通のチョコレートの生地に生クリームを加えて作った物です。 その口当たりは滑らかで、美味しいです。

お取り寄せチョコスイーツ

お家で、おいしいチョコスイーツが食べたい!
その場合は、注文して取り寄せることができます。

チョコレートの「お菓子」は、通販でも人気のある「お菓子」の一つです。
例えば、薄いスポンジケーキの生地に濃厚なチョコレートムースを重ねたチョコレートケーキは、お取り寄せスイーツで人気があります。

お取り寄せして、自宅でチョコスイーツを食べましょう

チョコスイーツは、お取り寄せスイーツの代表と言えます。 美味しいチョコスイーツを家で食べたら、ちょっとはカフェにいる気分になれるかもしれません。

てんとう虫チョコ

貧困や病気に苦しむ世界中の子どもたちを、少しでも笑顔にできるチョコレートがあります。
てんとう虫のチョコレートの「売り上げ」の一部は、ガーナなどの「働く子どもたち」のために使われます。

オーガニックと認められた「てんとう虫チョコ」

てんとう虫チョコは、スイスのオーガニック認証機関から認証されたチョコレートメーカー製のチョコです。 なので、子どもたちの労働とは無関係の原料より作られたチョコで…

チョコレートの雑学

チョコレートの発祥地・スペイン

スペインは、チョコレートの発祥地です。

ヨーロッパにおけるチョコレートの歴史は、1519年、野心家のスペイン人、フェルナンド・コルテスから始まります。彼がメキシコから故郷スペインにカカオを持ち込み、国王カルロス1世に献上したことに始まる、と言われています。

チョコレートの発祥地・スペイン

1519年に、フェルナンド・コルテスはメキシコからカカオを持って帰り、スペインのカルロス1世に献上しました。 この出来事より、チョコレートの発祥地はスペインとされて…

チョコレートが大好きな国・フランス

フランスでは、チョコレートの消費量はとても多いです。チョコレートは、食生活に欠かせない物となっています。

朝食にチョコレートがコーヒーと一緒に出てきたり、仕事の合間のカフェでは必ずエスプレッソとチョコレートが一緒に出てきたりします。
また、食事の際のデザートとしても、チョコレートを使用した物が提供されたりします。

チョコレートが大好きな国・フランス

フランス人は、チョコレートが大好きと聞きました。 個人のチョコレートの消費量が、とても多いそうです。 食卓に頻繁にチョコレートが登場します。

虫歯を予防するチョコレート

「歯医者さんが作ったチョコレート」という物があります。これは、歯医者さんの発案で、子どもたちが大好きなチョコレートを食べながら、虫歯予防できるように開発されました。

チョコレートを食べた後の虫歯の原因は、実は砂糖です。そこでチョコレートにおいて、甘味料にキシリトールを100%使用することで、完全な砂糖不使用のチョコレートを実現しました。

もちろん、虫歯を予防するためには、「歯磨き」や「うがい」、「定期的な歯科検診」が大切です。
そんな予防対策に加えて、「歯医者さんが作ったチョコレート」を用いることで、より一層、虫歯予防につながります。

このチョコレートは、虫歯にならないようにするための物と言えます。

虫歯になりにくいチョコレートの食べ方

虫歯になりにくいチョコレートの食べ方は、短時間で一気に食べると良いそうです。 長時間にわたってチョコレートを食べると、唾液による歯の修復作業が「はかどらない」か…

本当?嘘?チョコレートの噂

チョコレートを食べ過ぎると鼻血が出るという話を、聞いたことがあるかもしれません。
チョコレートと鼻血の関係は、「医学的に関係なし」と証明されています。

この噂が出た理由は、チョコレートの栄養価が高いため、食べ過ぎるとエネルギーが蓄積されて鼻血が出ると勘違いしたからです。

本当?嘘?チョコレートの噂

チョコレートの噂を、以下に書きます。 鼻血が出る:関係なし。 ニキビが出る:関係なし。 花粉症を緩和する:ほとんど関係なし。

チョコレートのテイスティング

チョコレートにも、テイスティングの方法があります。

テイスティングの具体的な方法の一つに、「見る」という方法があります。
チョコレートの色、質感、輝きなど、全体をよく見ます。色が均一で、キメが揃っていて、光沢があるものは、高品質なチョコレートと言えます。

品質を確認、チョコレートのテイスティング

チョコレートの品質を確かめるテイスティングがあります。 その具体的な方法は、「見る」「触る」「聞く」「香る」「味わう」に関して、それぞれ確認を行ないます。

チョコレートが飛び交うバレンタインデー

日本でチョコレートを贈る習慣は、19世紀にイギリスのキャドバリー社が行なったキャンペーンが「きっかけ」だったようです。

女性から男性にチョコレートを贈るというのは、日本独自のバレンタインデーの習慣のようです。1936年頃に神戸モロゾフ洋菓子店が、1958年に伊勢丹などが、この習慣を始めたそうです。

近年では、1年間に消費されるチョコレートの1割以上がバレンタインデーに消費される、と言われています。

色んなチョコレートが飛び交うバレンタインデー

バレンタインは、近年多様化しています。 好きな人にあげる「本命チョコ」の他にも、感謝の気持ちを伝える「友チョコ」、自分自身に贈る「マイチョコ」などあります。