難しすぎる?九星気学の方位取り

吉方位に移動すること・方位取り

方位
方位のイメージ画像

方位は、九星気学の重要な要素です。
「旅行」や「引っ越し」の際、吉方位は重要な判断材料となります。吉方位の方向に向かっていくことは、とても大切です。

吉方位に移動することを、「方位取り」または「祐気取り(ゆうきとり)」と言います。

「方位取り」は、「引っ越し」や「移住」などの転居を指す言葉です。
そして「祐気取り」は、短期旅行や仕事の出張のことを指します。
九星気学には様々な流派があるので、「方位取り」と「祐気取り」を同じものと考えているところも多いようです。

「引っ越し」や「旅行」

九星気学の「方位取り」では、引っ越しなどの大きな移動から、旅行や出張などの短期の移動まで、さまざまあります。

新しい街や場所に引っ越す場合は、その後の運気に影響するので、吉方位の月を選んで引っ越ししましょう。

ただし、「引っ越し」や「転勤」は誰にでもできることではありません。そんな時は、旅に出てみると良いでしょう。
九星気学によると、旅行や出張による「方位取り」は、自分と相性の良い気のエネルギーを吸収できる、とされています。良い気を吸収することで、本来の自分を保つことができます。

旅行の際、移動距離が長ければ長いほど効果は大きくなります。そして滞在日数が多いほど効果的です。
距離としては、最低でも150~200kmは移動したほうがいいでしょう。
移動距離が30km未満の場合は、「方位取り」とはみなされません。よって九星気学では、「何の効果もなし」となります。

旅行するのは、引っ越すよりは簡単です。しかし当然ですが、一つの場所に長く留まることはできません。なので、その効果は永久的なものではありません。

安定した気を吸収するためには、少なくとも月に一度は吉方位に移動することが望ましいです。そうすることで結果を得られて、気が安定して、九星気学で言うところの幸運体質を目指せます。

なお、月によって吉方位が違います。旅行する前に、その時の吉方位を確認しておきましょう。

効果を得られやすい、定住すること

実は、「方位取り」で重要なのは、目的地の気を吸収することです。
つまり、吉方位に向かって旅をするよりも、吉方位の目的地に住むほうが良い効果を得られやすい、と言われています。

人は睡眠時に、最も多くの気のエネルギーを吸収します。睡眠中はリラックスしているので、気を吸収しやすい状態になっています。毎日、吉方位の場所で寝ると、気が安定します。

一度の旅行で気を吸収することは可能です。だけど、気が安定するまでには60日かかります。
大きな効果を望むなら、60日間は自分の家で寝て過ごすことが重要です。もしも外泊すると、効果は弱くなります。

ちなみに凶方位の場所にずっといると、悪い影響が続くことになります。

吉方位

九星気学では運勢について、良い方位と悪い方位があるとされています。
吉方位とは、運勢が良い方位のことです。
この吉方位は、宿命星との相性で決まります。なので、吉方位は人それぞれとなります。

吉方位には3種類あります。大吉方位、中吉方位、小吉方位です。

大吉方位

大吉方位とは、どのような方角に移動しても大丈夫という方位です。
旅行や引っ越し、留学や海外移住を実行した際、大丈夫という方位です。つまり日本国内を始め、海外まで移動して良いです。移動の距離については、制限なしです。

中吉方位

次は、中吉方位です。
この方位は、自宅から500km以内の移動となります。この制限内であれば、良いとなります。
ただし、居住地の変更や引っ越しをすることはできません。

小吉方位

最後に、小吉方位です。
この方位は、他の吉方位に比べて効果は薄いです。だけど悪い方位ではないです。
効果の小さい方位なので、期待しすぎてはいけません。しかし、幸運体質を作るためには有効な方位と言われています。

半径200km以内で効果を発揮することになっています。吉方位の効果を得るためには、最低でも150〜200kmは移動しなければなりません。
移動の際、効果を実感できないと思います。でも、良い効果は積み重なってゆきます。

なお小吉方位では、転居や移住は不可と言われています。

九星気学では毎年・毎月、吉方位が変わります。定期的に吉方位を確認してください。

凶方位

九星気学では吉方位を知ることは大切ですが、凶方位を知ることも大切です。
基本的には、吉方位よりも凶方位のほうが多いです。なので普通に旅行や移動をすると、知らないうちに凶方位に向かってしまう可能性があります。

凶方位は、九星と十二支を組み合わせたものです。凶殺方位と呼ばれることもあります。この方位に進むと不運を招く、と言われています。

凶殺方位には七種類あります。それらをまとめて七大凶殺方位と呼びます。
七大凶殺方位には暗剣殺(あんけんさつ)、五黄殺(ごおうさつ)、歳破(さいは)、土用殺(どようさつ)、小児殺(しょうにさつ)、本命殺(ほんめいさつ)、本命的殺(ほんめいてきさつ)があります。

これらの中で暗剣殺、五黄殺、歳破、土用殺は誰にでも当てはまる方位です。物事がうまくいかなかったり、停滞したり、崩壊したりなど、どうにもなりません。

小児殺は、12歳以下の子供にのみ当てはまります。病気や事故の影響を受けやすくなります。

本命殺、本命的殺は、この方向に動く人だけ当てはまります。自ら凶禍を招くとされています。

暗剣殺と五黄殺については繰り返してこれらの方位に移動すると、命に関わるような悪い結果を受ける、とされています。この2つの方位に移動する時は、注意が必要です。

他の方位も、人生に対してマイナスの影響を与える可能性があるので、注意が必要です。
凶方位について、きちんと知っておくことが望ましいです。

難しすぎる?方位取り

ここまで「方位取り」についてご紹介しましたが、日常生活において「吉方位に移動する」、「凶方位に移動しない」と行動するのは難しい、と思いました。
方位を気にしていたら、日常生活を送るのが大変だからです。

個人的に方位については、占い同様、気休め程度に考えると良いと思いました。

方位表

移動の方向は、九星気学では重要な要素のひとつです。
よって「引っ越し」や「旅行」をする時には、どの方向に移動するかが重要です。
方角には吉方位と凶方位があり、幸運をもたらす方角と不運をもたらす方角があります。

これらの方位は、あなたが生まれた年と月によって決まります。
また毎月・毎年、吉方位が変わるので、よく確認する必要があります。

ただしどの方向に進むべきか、確認するのは難しいです。そんな場合、方位表を使うと良いです。
方位表は、自分の星の吉方位や凶方位を表にしたものです。
方位表を使えば、自分がどのような方向で運気を上げていけばいいのか、簡単に知ることができます

方位表については、市販の本で購入することができます。ですがなるべくなら、占い師が作成した方位表を購入したほうが良いでしょう。
というのも、市販の書籍の方位表は生まれた年だけを基準にしているものが多いからです。より正しい方位を見つけるためには、生まれた年と月を使う必要があります。

あと、方位表を持っていても、自分の住んでいる場所からどの方向に行けばいいのか?わからない人も多い、と聞きます。
どの方向に行けばいいのかわからない場合は、方位地図を見てみましょう。方位地図を持っていれば、それを参考にしてどの方向に行くのが良いのか、調べることができます。