人の生命を予想できる手相占い

習い事で人気の占い

大人の習い事としては、「手相」などの「占い」や「手品」が人気だそうです。
「占い」については、占い師に任せようという雰囲気もあります。だけど、自分でやってみようと思う人も多いようです。

飲み会や宴会などで「占い」をやってみせると、結構盛り上がるそうです。手品についても、そう言えます。宴会で盛り上がります。
「占い」や「手品」は、一見、実用的でない習い事に思えます。しかし実は、一番実用的と言えるかもしれません。

実際に、「占い」の習い事を始めたという人がいます。占い教室に行けば、仲間ができるでしょう。まずは仲間同士で、「占い」を行なうのも楽しいです。

「占い」は、相手がどのようにしたら良いか、アドバイスするものです。相手を喜ばせるという意味合いを、持っているものです。なので他人とのコミュニケーションを大切にして、「占い」を行ないましょう。

変化する手相

手相

手相というものは生まれた時からずっと同じ、そう思っている方がいるかもしれません。

実は、手相は変化します。早い人の場合、3ヶ月くらいで変化します。気をつけて手相を見ていると、手相の変化に気づけると思います。

現在の「手相占い」の診断で良い結果だった場合、それは今まで努力してきたからと言えます。何の努力もしないで良い結果を得られる人は、ほとんどいないからです。

生まれた時に良い手相であっても、その人が傲慢になって努力をしないで生きていたら、手相は悪い方向に変わります。

そういう状況より「手相占い」で悪い結果が出ても、がっかりする必要はありません。これからずっと努力して行けば、手相は良い方向に変化するからです。
「手相占い」で悪い結果が出た場合、そこで諦めるのではなくて、そうならないように対処してください。将来良い結果になるように努力してみてください。

重要な大線・生命線

「手相占い」と言ったら、最初に生命線を思い浮かべるかもしれません。
この生命線とは、手相の中でも一番重要な大線の一つです。この生命線の「長さ」や「濃さ」によって、その人の生命に関することを予想できます

今後の健康状態に対して不安を感じている人は多い、と思います。なので多くの人たちにとって、生命線は気になる線である、と言えます。

生命線の判断方法には、「手相占い」の独自の判断基準があります。短いので早く死ぬ、という訳ではありません。また、長いから長生きできる、とも言えません。
より正確な結果を得たいなら、しっかりとした「手相占い」の先生に占ってもらうほうが良いです。

「手相占い」の先生なら、素人ではわからないことを予想できるでしょう。先生なら、生命線の状態からどのような怪我や病気をするとか、いつ頃に怪我や病気をするかについて予想できる、と思います。
健康状態に対して関心が高い人にとっては、「手相占い」は「良い占い」だと思います。

「手相占い」で、健康に関して良い結果を得た人は、今まで健康に気を使って生活してきた人だと思います。
もしも健康に関して悪い結果を得た人は、やはり今まで健康に対する意識が低かったと言えます。

ですが、「占い」の結果が悪かった場合でも、あまり落ち込まないでください。これから健康に気を使って生活すれば、問題ない状況になることもあります。

なお、健康に関して良い結果を得た人も、引き続き健康を維持する必要があります。「手相占い」をした後で不健康な生活をしたら、当然不健康な状態になってしまうからです。

【まとめ記事】 勝手に予想「当たる占い」

個人的に、当たりそうな占いを予想してみました。 結構当たる占い:四柱推命。 凄い占い師なら、当たる占い:電話占い。 たぶん当たる占い:手相占い。