カードからメッセージが届く、タロット占い

タロット占い

タロットカード

「タロット占い」は占星術と並んで、非常に「ポピュラーな占い」とされています。

「タロット占い」のイメージは、複数のトランプのようなカードを並べて占いをする、という光景を思い浮かべる人が多いかもしれません。

たくさんのカードの中から気になるカードを引くと、そのカードに込められたメッセージが「占い」の結果となります。

78枚のカード

遊び気分なら、自分でも「タロット占い」を行なえるでしょう。
その一方、仕事で「タロット占い」をしているプロの占い師さんがいます。やはり素人とプロの「占い」では、その結果が違うのかもしれません。

占い師さんは、78枚のカードを使って占うそうです。
それらカードは2つの部分に分けられます。
大アルカナと呼ばれるカードが22枚、小アルカナと呼ばれるカードが56枚、合計78枚のカードがあります。

大アルカナには、象徴的な表現の図柄があります。ほとんどのタロット占い師は、大アルカナのみを使用します。ですが、小アルカナのみを使用する占い方もあります。

占い師が絵柄から結果を読み取ります

「タロット占い」の際にカードを混ぜることを、シャッフルと言います。カードはテーブルに裏向きに伏せて置かれ、占い師によって異なる方法でシャッフルされます。

そして、カードは特定の順番でテーブルに置かれてゆきます。この配置をスプレッドと呼びます。

カードの一枚一枚に意味があり、絵柄の位置により、同じカードでも意味が変わってくるそうです。
カードの意味は、正位置と逆位置で大きく異なります。正位置はカードの本来の意味を表し、逆位置は別の意味を表しています。
カードの意味は、占い師によって大きく異なり、唯一の正しい解釈はありません。

カードには、メッセージが書いてありません。占い師がカードに書いてある絵柄から、メッセージを読み取ることになります。なので、心理的な要素を多く含んでいる「占い」と言えます。

ちなみに「タロット占い」は、抽象的なテーマの占いには不向きです。具体的な内容にまで絞り込まないと、正確な結果が得られないためです。
よって、恋愛相談や進路相談みたいなカウンセリングのような結果を求める占いに適しています。

「タロット占い」と「アカシックレコード」

「タロット占い」については、アカシックレコードと関係があると言われています。
アカシックレコードとは簡単に言うと、宇宙の始まりからの全ての出来事を記録しているものです。全ての出来事には、未来の出来事も含まれています。よってアカシックレコードを読み取ることで、未来を予言できると言えます。

そして「タロット占い」は、アカシックレコードにアクセスする方法と言えます。つまり「タロット占い」によって、今後のアドバイスを受け取れる訳です。

ただしアカシックレコードについて、信頼できないという人もいるでしょう。よって「タロット占い」の結果を信じるかどうかは、結局その人次第となります。
また、占い師自身の能力次第とも言えます。アカシックレコードをリーディングできる占い師は、少ないかもしれません。

一応、自分でできるタロット占い

例えば書店へ行くと、自分で「タロット占い」ができるというセット商品が販売されていたりします。
そのようなセットを購入すれば、なんとなく自分で占えることになります。

自分でできると言えば、占いサイトの中にはタロットを使った恋愛占いもあります。
自分の情報と相手の情報を入力すると、「占い」の結果を見ることができます。