濃度によって分類、香水の4つの種類

香水の4つの種類

香水もしも香水を適切に使いこなしたいと思っているなら、その前に香水の種類について知っておきましょう。
香水は配合されている「香料の度合い」によって、4つの種類に分けられます。ここで言う「香料の度合い」とは、香水の成分やアルコール、蒸留水、これらの割合つまり濃度です。
そして4つの種類とは、「パルファン」「オードパルファン」「オードトワレ」「オーデコロン」という4つです。これらは、香水を濃度によって分類する場合の呼び方です。

パルファン

パルファンは「香り」が最も高い、高濃度の香水です。水が、ほとんど使われていません。
賦香率(香料濃度の度合い)は、15%から25%です。※香水の成分濃度が15%から20%、アルコールが75%から80%、蒸留水が0%から5%です。
「香り」の持続時間は、5時間から7時間となっています。
豪華なイメージの香水です。なので付け過ぎないことがポイントと言えます。

オードパルファン

オードパルファンは、賦香率(香料濃度の度合い)が10%から15%の香水です。※香水の成分濃度が10%から15%、アルコールが80%、蒸留水が5%から10%です。
「香り」の持続時間は、5時間程度となっています。

この香水なら、ビジネスの場で使用しても特に問題はないでしょう。ただし会社などの公共の場には、様々な人が出入りします。よって、「香水の香り」を「不快な匂い」と感じる人もいるでしょう。なので香水を付ける際は、不快な印象を与えないように気をつけましょう。

オードトワレ

香水のことを調べていると、オードトワレという言葉を見かける事が多いかもしれません。
このオードトワレは、オードパルファンとほとんど同じです。賦香率(香料濃度の度合い)が5%から10%の香水です。※香水の成分濃度が5%から10%、アルコールが80%、蒸留水が15%です。
「香り」の持続時間は、5時間前後となります。
この香水は、持続時間が短めの香水です。

オーデコロン

オーデコロンは、賦香率(香料濃度の度合い)が3%から5%の香水です。※香水の成分濃度が2%から5%、アルコールが90%、蒸留水が5%から10%です。
「香り」の持続時間は、1時間から2時間程度です。

アルコールの割合が高い香水であり、「匂い」を嗅ぐとキツく感じます。だけどオーデコロンは、最もカジュアルな香水と言えます。手軽に利用できるので、香水の初心者におすすめです。

そしてプレゼントする香水としても、おすすめです。特に、プレゼントする相手が香水に詳しくないなら、まずはオーデコロンをプレゼントすると良いでしょう。
ただしどうしても、「香り」に対する「好き嫌い」があります。相手に気に入ってもらえる香水を選び出すことは、少しハードルが高い事と言えます。

4種類の中でプレゼントするなら?

上記の4種類の中で人気がある種類は、オードパルファンとオードトワレの2種類と聞いたことがありました。ただし先程言ったように、「香水の香り」には「個人的な好き嫌い」があります。

人気の香水だからという理由だけでプレゼントすると、がっかりさせてしまう事もあります。前提としては、自分が「気に入った香り」である事です。
香水を贈る場合は、必ず試嗅(しきゅう)をしましょう。プレゼントすることは、自分のセンスを示すことでもあります。可能なら香水の販売店舗に行って、実際に「香り」を確かめておくと安心です。

もしも事前に相手の好みの香水がわかっているなら、それを選びましょう。その際も試嗅して、「香り」を確認しておきましょう。

女性の中には、「彼に香水をプレゼントしてみたいけれど、彼は香水なんて付けないから……」と考えている方が多い、と思います。
そんな時は「試しにプレゼントしてみる」といった雰囲気で、贈ってみましょう。
それで、彼が「香水の良さ」をわかってくれたら嬉しく思えるでしょう。彼も香水が香るたびに、あなたのことを思い出して嬉しく思うはずです。

ちなみに香水の購入方法には、通信販売という方法があります。通販では、価格の安い物が見つかると思います。
ただし通販では、試嗅をできません。商品の解説文を読むことで、ある程度「香りの事」がわかるかもしれません。だけど確実とは言えないでしょう。その点、注意しましょう。